ゴシックは魔法乙女

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

プレイ中のソーシャルゲームその3はゴシックは魔法乙女です。

きっかけはどこのサイトで見た広告だったと思う。
弾幕シューティングを数多く発表しているケイブ(CAVE)開発のソーシャルゲーム。
プレイした理由は単純に『こういう感じのシューティングがプレイしたかった』から。ただし自機にはHPが設定されており、被弾→残機が減る、という単純なシステムではない。
この手のゲームにありがちなキャラの育成要素なんかもあり。様々なショット、ボム(単に画面全体を攻撃するものだけではない)を使い分けていく必要がある。
シューティングゲームは結構好きなジャンルなんですが、如何せん昔からアクションにしろシューティングにしろ、頭で思ったように手が動かないタイプの人間でありまして。

手が動かなくても、下手くそでも良いじゃないか。
まあスマホでプレイするのにギャラリーがつくわけでも無し。

ケイブシューを過去にどれくらいやったのかと聞かれればあまり覚えてもないですが、(ソフトを持ってるのはXBOX360版のデススマイルズⅡエックスくらい。アーケードでは怒首領蜂、エスプレイド、虫姫とかはやったことはあります)大人の都合で移植は不可能だろうといわれているプロギアの嵐が大好きでして。ラスボスの最終形態で見事に討ち死にするくらいの腕前であります。

それはともかくゴシックは魔法乙女(一般的な略称はゴ魔乙、らしい)。

現在のランクなどはこんな感じ

プレイスタイルは他のゲームと同じ感じで、行動力(AP)を消費→仕事(or寝る)を繰り返す。
今はご覧のとおり、ランクが上がってAP全快までに大分余裕があるのでかなり良くなった。
ランクアップ時に溢れたAPも上限以上に回復する形になり、無駄にならなくなったのは凄くありがたい。
ギルドもやってます(一応ギルドマスターです)。私自身が他にすることがないときに参加する程度なので、ギルド戦も自由参加。所属メンバーが一定数居ないとギルド戦の参加そのものができないので、そんな人のために。
来る者拒まず、去る者追わず、基本無言のギルド。コミュニケーション無し。

参考までにギルドIDは gxbmym9

さて、現在はとあるコラボイベントが開催中ですが、「カタログIPオープン化プロジェクト」?よくわかんない。
しかしまあナムコのレトロゲームをモチーフとした美少女擬人化キャラが多数登場する、というものです。
パックマン、ゼビウス、マッピー、ディグダグ、ギャラガなど。………ラリーXは?

それはともかく、今回はドルアーガの塔より「ギル」が出てくるんだけど、これは……「カイ」じゃダメだったのだろうか?
いやまあギルでも全く問題は無いし、批判する訳ではないのだが……このゲームに登場するキャラクターの90%以上は女性なんだけど、ごく一部男性も使える。
だからあくまでギルはギルとして登場させて、カイを出しても良かったんじゃないカイ?(これがやりたかった)
ゼビウスからはソルとアンドア(ジェネシス)が出てるんだし、2キャラでも良かったんじゃ。

イベントとしては敵を一定数撃破後に突入するショット強化状態(ラブマックス状態と呼称)で、ステージ内のある場所を撃てばスペシャルフラッグが登場し、それを回収。一定数集めることで色々とアイテムやキャラクターがもらえる、と。

個人的にはこのタイプのイベントはあまり好きではない(理由はいつか書こう)のだが、まあ仕方が無い。
期間も長いし、なんとかプレイしてワルキューレをできる限り強化してあげよう。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA