おつまみ選:牛皿

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

昨日のつまみのメインは牛皿にしました。

私は若かりし頃すき家でのアルバイト経験がありまして。
深夜帯でも働いたことがあるので少し前に問題になった所謂『ワンオペ』も経験しています。
いやトイレ行けないのよねあれ。
つらかったのは近くでショッピングモールが建設されている最中、仕事前の土方のオッサン達が大量に来る時期が続いたこと。
飲食店で大変なのって席が埋まることじゃなくて一気に客が来ることなんですよね。
予約なんかでもともと備えてある場合はそこまで大変ではないんですよ。備えてありますから。
どっと客が来てどっとオーダーが来る。やることが一気に溜まってミスも増えやすくなり、クレームが来る原因にもなり得るんですよね。
くそ忙しいのでその時間帯(朝の7時くらい)だけ人を増やしてくれないかと店長に頼んでみたら「その時間に来る人がいないよ」という全く訳のわからない理由で断られてしまい、私は深夜帯の仕事を辞めたのを覚えています。

と、全然つまみと関係が無いので元に戻しましょう。

そんなわけで牛皿。結構好きなんです。所謂三大チェーンであるところの吉野家は、味付けが薄く感じる(味が薄いと感じた客がつゆだくを頼んだのがつゆだく文化の始まりらしい)というのもありますが、帰りがけに買って帰ることのできる場所がない。松屋は数年前に熊本から撤退していまい、店舗がない。
とはいえぶっちゃけお酒のつまみとして食べたことがある牛皿はすき家のだけ。

今となっては牛丼にトッピングをするのも定番。その原理で牛皿にもトッピングをするのですが、好きなのはやっぱりキムチ。マヨネーズをかけるのもイケます。紅生姜はもらってきたやつを。七味は部屋に常備。
他に何かトッピングするものを考えてもいいかなあ。ノンオイル青じそドレッシングも試しました。なかなかいけます、が、既に結構な味がついているのであまり濃くしすぎるのも良くないか。ん?吉野家の牛皿でやれって事?

牛皿をつまみにこないだの炭酸がまだ余っていたのでひたすら酎ハイ。結果的には安上がりなのかもしれないが、当然ながら焼酎の減りが早い。
しかしくそでかいペットボトルを買ってしまったら負けだと思っています。まあ、何より重たくて作るときに注ぎにくいですしね。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA