アニメ見た:思春期美少女合体ロボ ジーマイン

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

思春期美少女合体ロボ ジーマインとはなんとも言えないネーミングであるが、思春期の美少女が合体するロボットに搭乗するアニメということである。もの凄くそのまんまですが。

一回見たら消しちゃったので内容は結構あやふやなんだが、宇宙(正確には未来だったかな?未来から来たのは主人公を助けてた甲児だったっけか。あやふや。)から来た敵を撃破できるのはジーマインのみであり、ジーマインに搭乗、操縦できるのは開発していた科学者(主人公達の父親で、未完成のジーマインに搭乗し、敵と戦うが死亡。戦闘に巻き込まれて母も死亡。主人公達姉妹は母の兄である叔父に引き取られた)の血を引く主人公姉妹達のみ、ということらしい。

四人姉妹のうち、真ん中の二人は双子なんだが、………これは双子である意味はあったのかなあと思ってしまう。
主人公の長女がどちらかと言えば淑やかな性格なので、妹たちは活発な性格。
それ自体はいいんだけど(6話のみのOVAだから尺が足りないんだろうが)双子ちゃんに特にスポットも当たらなかった気がするし、それぞれ腕、腰パーツと脚パーツのロボに変形して一緒に戦うのだが……なんかもっとこう……

こんな感じですよ。
萌え系にも熱血ロボ系にも振り切れて無くて微妙な感じ?
というわけでラストは続編が作れそうな展開にはなっていましたが、結果的に作られていないということは、色々惜しくてダメだった、ということでしょうね。
ちょっと時代を先取りしすぎちゃったのかも。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA