アニメ見た:白銀の意思アルジェヴォルン

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

オリジナルロボットアニメ。
わりと最近(2014年)の作品。
「しろがねのいし」らしい。言われるまでは「はくぎんのいし」だと思っちゃいますよね。

戦争物+ロボットもの。
新兵である主人公が最新技術の使用された試作機(認証によって、操作できるのは主人公のみ)を手に入れて戦っていく……というある意味で王道の作品……と言えば確かにそうなんですが、最終的にはなかなかに微妙な作品に。

女の子達が全般的に可愛くて、人気があるのはヒロインことジェイミーちゃん

メカニックもチーフ以外は女の子で結構可愛い。
主人公は最初こそ命令違反してアルジェヴォルンに乗ることになったものの、それ以降は基本的に素直な青年に。
姉が軍に所属していたが死去しており、理由や状況など詳しい説明がされなかったという事があり、真相を知るために軍に入った。
主人公の姉のエピソードは物語の根幹の一つであり、主人公の乗機であるアルジェヴォルンにも関係がある、と。

主人公が所属する部隊の隊長(まとめでコミュ障隊長とか言われてて妙に納得してしまった。必要な事もロクに言わないもの。後に独断で部隊を抜ける)や副隊長(後に隊長)が、実のところガッツリ主人公の姉に関わっており、死の真相もきちんと明かされる。

一話を見たときに「この隊長と副隊長は絶対○ってるよなぁ……」という雰囲気だったのだが、そーでもなかった。
ちなみに私はジェイミーちゃん(右)も好きですが副隊長ことスズシロさん(左)も好き。

最終盤は、敗色濃厚だった主人公側の国家をコミュ障隊長が最新鋭機を遠隔操縦できる指揮官機に乗り込んで、ガンガン戦線を戻していく。
アルジェヴォルンも隊長に操られてしまうのだが、主人公達はそれを取り返すべく撤退命令を無視して肉薄。
色々と頑張って機体を取り返したー!と思いきやまたすぐにコントロールを奪われて結局そこまで。何がしたかったのよ。めちゃくちゃ危険だったのに。

戦争自体は終わっていないし続きは全然描けそうだけど、描かれることはあるんでしょうか。たぶん無いのでは。

ちなみに主人公が所属する部隊の隊員は死者ゼロなので、「戦争物だけど主人公周りのキャラクターが死ぬのは嫌だ」なんて話が見たい人にはお勧めできるかも。女の子達も可愛いですし。
しかし作中ずっと「カジモト」さんだと思っていたキャラの名前が「クァジモト」さんだったときはちょっとびっくりした。

後半のエンディングでは毎回パ○ツを晒していたジェイミーちゃんの人気が高かったというのはよくわかります。とてもよくわかります。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA