ざっくり攻略:ウイスキー

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

知りたいことは色々あっても、すべてを知るには時間も足りない、すべてを知る必要もない。

と、いうわけで色々とざっくり知っていきたいと思います。

以前にも

過去の記事で

ウイスキーについてだらだらと書いていましたが、ウイスキーのことを意外と(ほとんど)知らない人は沢山居るでしょうきっと。
私もその一人なのでネットで色々調べたりしながら少しずつウイスキーを攻略していきたいと思います。

ウイスキーとは

まずはこれです。ウイスキーとは何なのでしょう。蒸留酒?シングルモルトとか、そのような単語も知ってはいますが。でも詳しい意味までは……知らない。
と、いうわけで調べてみようと思います。
ウィキペディアを見てみると、やけに記事が充実していてちょっと読むのが面倒くさい。

えーと、名前の起源とかはわりとどうでもいいんですが、ラテン語の「命の水」を意味するなんて、意外と厨二っぽい。
定義、というのはアルコール度数が何度以上何度以下で……という奴ですかね。まあ昔はいい加減だったのでしょうけど、時代が下ると色々と取り決めておかないと面倒なことになるんでしょうね。

蒸留酒、という言葉はスピリッツ(醸造酒を蒸留したもの)全般を指すようで、ラムとかウオッカ、ジンなんかもスピリッツ、という事みたいですね。

長くなったらざっくりしてないので他のことについては書きませんが、蒸留、とは一度気化(蒸発)させたものを再び液体(濃縮させた)にしたもの、という事みたいです。

えーとまあ日本はもとより欧州、アメリカなんかでもこまごまと決まりがあるようですがそんなことはどうでもいいので取り敢えずまとめると、

麦芽とか穀物とかを発芽させてデンプンを糖化させた物を酵母で発酵させたりとかしてアルコール度数を発生させた物

らしい。そのあと何年寝かしたりとか色々あるみたいですね。

次はスコッチだ-、バーボンだー、と色々あるけど何が違うんだということを調べてみましょう。

○○ウイスキー

大きく分けて、材料による区分と産地の違いということで良さそうですね。

つまるところモルトウイスキー、なんて言うのは麦と。
他にはライ麦だったりトウモロコシだったりと。つまるところ穀物。デンプンが無いとダメだから穀物じゃないとダメなんでしょうね基本的に。

次は産地なのですが、元々はヨーロッパ(現在で言うところのイギリスあたり)で作られていたらしく、その辺りでは細かく分かれてるみたい。
スコッチ・ウイスキーならスコットランド、アイリッシュ・ウイスキーならアイルランド、という具合。イギリスって一纏めで呼ばれていますけど、地元の人たちはもの凄く地元意識が強くてスコットランドの人たち(スコティッシュ?)が事ある毎に「イングランドには負けねーぞ!」と言っているのを、世界ふれあい街歩きで見た覚えがあります。

アメリカさんだとバーボン・ウイスキーなんてのは私も聞いた事があります。

ざっくり言うとイギリス物は麦芽、アメリカ物はトウモロコシが原料みたいですね。

聞いた事のある銘柄

手始めにスコッチ・ウイスキーのページを見ても情報量がもの凄い、時間があるときはそれも楽しいのですが今は簡単に済ましたいので、私も聞いた事のある銘柄なんかを出してみましょう。

スコッチだと
バランタインマッカランジョニーウォーカー、とかは私も聞いた事が。まあ元々洋酒は守備範囲外だったのでその他はさっぱり。
ざっと値段を見てみる(ぱっと見ただけなのでいい加減かも)とマッカランは比較的お手頃のものもあるみたいですが、後の二つはなかなかお高い。
まあ元が外国産ですから多少のお高さは仕方が無いんでしょうかね。

アイリッシュだと
ブッシュミルズジェムソン?全然知らない……
サイトによると一時期は蒸留所も少なかったらしいです。現在は蒸留所も増えているみたいですが、それまではマイナーな方だったんでしょうか。
しかも見てみると結構いいお値段。お安かったらまさに新境地開拓!という感じなのでしょうけどもそうもいきそうにないですね。

次はアメリカさんでも見てみましょう。
バーボン。「俺はバーボンしか飲まねぇぜ」とは次元大介の弁ですが、その発言をしたときの次元の正体は変装していたルパンだったので、実際の次元はどうなのでしょう。

さて、アーリータイムズ、I.W.ハーパー、ジム・ビーム、フォアローゼス、ワイルドターキー。私も良く聞く銘柄ばかり。環境による偏りは当然あるものですが、日本ではアメリカ産のウイスキーの方がスコッチ、アイリッシュに比べて一般的(名前を聞く事が多い)だったんでしょうか。
ジム・ビームなんかはよく知られていますし、私もこないだ飲んだばかり。値段も比較的手頃。

テネシー・ウイスキーだとジャックダニエルは知っていますけどそれくらい。結構お高いの?グレードにもよるんでしょうけど。

ここまで書いておいてあれですがざっくりといいながら冗長な気がするので日本の銘柄はすっぱり切りましょう。
製法的にはスコッチの製法で作られています。

まとめ

・ウイスキーはスピリッツの中のカテゴリーの一つ
・穀物を蒸留して作られる
・バーボンなんてのはウイスキーの一種である

といったところでしょうか。

ボトル買いがあれならお店で一杯くらいお試し、なんていうのもいいですね。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA