ざっくり攻略:日本酒

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

知りたいことは色々あっても、すべてを知るには時間も足りない、すべてを知る必要もない。

と、いうわけで色々とざっくり知っていきたいと思います。

今回は日本酒。でもまあ日本酒は洋酒や焼酎ほど複雑ではないという感じも受けるのですが、実際の所どうなのでしょうか。
ちょっと見てみるだけでも凄い量の情報が出てくる……

正直すべてを覚えるだけでも大変そう。

日本酒とは

まずは材料で、これは単純に米、米こうじ、水。それと他に清酒かす等を使用することもあるみたい。

大きく分けて普通酒特別名称酒に分かれていて、お店でよく見る「純米酒」とか「大吟醸」とかは所謂特別名称酒と呼ばれるものみたいですね。

でその特別名称酒というのは「本醸造酒」(「純米酒」)「吟醸酒」に分かれていて、基本的には精米歩合(お米をどれくらい削る(磨く)か)によって変わってくる模様。(純米かどうかというのは、作成時に醸造アルコールが添加されているかどうかの違いみたいなので、正確には本醸造酒か吟醸酒かの違いしか無いのかもとおもいます。)
こうじ米の使用割合が15%以上、ともありますが飲み手としてはそこまで気にすることもないのて今回は気にせずいきましょう。

しかし、色々読んでいてもざっくり説明するのに切り取るべきところが難しいなという印象。
具体的には

本醸造 精米歩合70%以下(特別本醸造の場合は60%以下)
純米酒 精米歩合60%以下
吟醸酒 精米歩合60%以下
大吟醸酒 精米歩合50%以下

吟醸酒、大吟醸酒についている「吟醸」というのは「吟醸造り」をされているもの。吟醸造り、というのは「材料、製法を吟味して醸造されたもの」というなんというか乱暴な言い方をすれば随分いい加減なカテゴライズだなあと。

まあ勿論なんでもかんでも吟醸酒を名乗ることはないだろうとは思いますが。
少し前にも書きましたけが純米酒、という言葉は吟醸酒の前についたりもするわけです。
純米吟醸、純米大吟醸……うーん、それだけでうまそうです。

日本酒が好きな人は結構いると思いますが、中には「純米酒以外は飲まない」なんて人もいますよね。
私の場合はその考えには否定派で、添加することで美味しくなるから醸造アルコールを添加しているのではないだろうかと。

私の友人に「宇宙世紀以外のガンダムはガンダムと認めない」みたいな奴が居るんですが、それと似たようなものでしょうか。各人の考え方を否定するつもりはありませんが、すべてを知ってから否定してもいいのかな、とは思いますので、純米酒以外も楽しんで見るのは如何でしょうか?

まとめ

・大きく分けて普通酒と特別名称酒に分かれる。
・特別名称酒には本醸造、純米酒、吟醸酒がある。
・カテゴリー分けは(精米歩合以外は)意外とアバウト。各酒造さんによる違いが大きい。
・純米酒以外も楽しんで貰いたい。

という感じです。
とにかく酒造さん(杜氏と呼ばれる蔵元の責任者)による違いが大きいので、どんな物かは飲んでみるまで全く解らないという多種多様さが日本酒のいい所だろうと思いますので、皆さんもお気に入りの一杯を是非探してみて下さい。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA