ざっくり攻略:焼酎

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

どうもこんばんは。

知りたいことは色々あっても、すべてを知るには時間も足りない、すべてを知る必要もない。

と、いうわけで色々とざっくり知っていきたいと思います。

今回は焼酎を攻略していこうと思います。酒場を放浪する人がCMで言ってる甲類ハイボールの甲類って何?甲殻類の出汁?乙類の乙はオツだね、ってこと?というわけでは勿論無いわけです。

甲乙つけがたい

焼酎には甲類焼酎と呼ばれるものと乙類焼酎と呼ばれるものがあります。
二つの違いは、主に材料と製法みたい。
甲類の材料は廃糖蜜(砂糖を作るときに出るカスみたいなものらしい)や酒粕(日本酒を造るときに出るやつ)で、それを何回も何回も蒸留(連続で蒸留するマシンがあるらしい)して作った焼酎で、何回も蒸留するためめちゃくちゃアルコール度数が高くなるらしい。果実酒の作成用に売ってある「ホワイトリカー」なんかもこれにあたるよう。
要はめちゃくちゃ高い度数のアルコールを水で割って25度とかにして売っているという事なのね。こりゃ過程を聞くだけでも安そう。私が普段飲んでるのもこればかりですもん。
大手企業が大量に作っているのもあって値段も安目。味はほぼありませんけど。

それに対して乙類は米、麦、そば、芋、なんかが名前についているもので、それらを原料にして1回だけ蒸留して作られる物だそうです。
私も勿論色々な焼酎を飲んだ事がありますが、そば焼酎なんかは、あまり飲まないかも。好き嫌いでは無く、機会が無いという感じです。居酒屋に行っても焼酎はあまり飲みませんし。

話が逸れそうなので元に戻しますが、昔の芋焼酎なんかだともの凄く臭くて(それにはまる人もいましたので一概に悪いとは言えません)あまりにも人を選ぶ物が多かったように思えますが、最近のはそうでもない、と。芋の風味は確かにするし、風味の強い物もありますが臭くはない。どうしてなのだろうと思っていたんですが、少し前に理由を知る機会がありました。
人吉に行ったときに球磨焼酎を買いに酒蔵に行きまして。(人吉の市内にも酒蔵があります)そこで聞いた話なのですが

「以前芋焼酎を造るときには、所謂食用に堪えない芋を使っていたので、腐っている部分などが臭みや臭いを放っていた。しかし近年は焼酎用に品種改良された芋が出回っていたり、そもそも焼酎用として栽培されている芋から焼酎を作る事が出来るようになったので、風味はあるが臭みはない芋焼酎が出来るようになりました」

とのこと。なるほどそうだったんですね。
一昔前は米を大量に作れない地域の者がその他の穀物などで作っていた安いお酒、みたいなイメージをもたれていた部分もあったはず。
時代が下ると色々と変わってきますね。

さてまあ焼酎の産地は日本ですし ウイスキー(リンク張る) の時みたいに銘柄を書く事もあまりないのかも。
大分の焼酎ってあまり知らないかなあ。そば焼酎をあまり飲まないからかもしれませんが……
宮崎の焼酎は、20度の銘柄が多いイメージ。私は度数にはあまりこだわらない人なのですが、20度くらいをロックで飲むというのもいいのではないでしょうか。
鹿児島は……まあ色々あるしいいか。というか多すぎるし書き始めたら面倒なので止めましょう。

まとめ

・甲類は廃糖蜜や酒粕を原料に蒸留されまくった濃いアルコール
・乙類は米その他を原料に一発蒸留のもの
・それらを混ぜているものもある。

今回は主に甲類と乙類の違いについて書いてみましたが、乙類の癖を和らげるためとかの理由で甲類焼酎を混ぜている(勿論その逆も)あるらしいです。正直そんなものがある事を気にも止めていませんでした。今度お店で表示を見てみようかと思います。

それでは飲み過ぎにお気をつけて。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA