オカルト:ジョージアガイドストーン

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

オカルト。

その怪しい響きが好きな人もいれば、話す前から眉唾だと吐き捨てる人もいるかと思います。
信じる、信じないは別として世界には色んな話や事があるものだと、感心するようなこともあります。

大昔に作られた建物が凄いテクノロジーを使われているように思えるとか、そういうものです。
本当は超アナクロな技術で作られた物なのかもしれませんが、その時代に行って確認したわけではありませんし、語られている通説にしても(勿論何らかの根拠はある訳なのでしょうが)実際に見てきたわけではありません。

別に通説を全否定するつもりは毛頭ありませんが、想像する分にはいくらでもしていいのでは無いか、と思う訳なのです。
古代の宇宙人なんかも結構好んで見たりするんですが、それはそれとして今回は表題の「ジョージアガイドストーン」について思うことをちょっと書いてみようと思います。

ジョージアガイドストーンの説明はこのようにのウィキペディアにもあります。

ジョージアにあるからジョージアガイドストーン。

分かり易いですね。特筆する所は「近代に作られている」ということ。近代、というか1980年に作られているので、最近と言えるのかも。

高さ6メートルぐらいのでかい花崗岩に現在の言語で碑文が刻まれている。世界をより良くするためのガイドラインというものが書かれている。
人類の全人口を5億人ぐらいに間引くべき、という穏やかじゃないものや、人間が地球のガンにならないようにしろよ、とか狭量な法律とか無能な役人を排せよ、みたいな当たり前なんじゃないか?というようなどうでもいいようなことも書いてある。

このガイドライン、数カ国語で書かれているが、日本語では書かれていない(中国語とかはあるみたい)。網羅されていない言語圏は間引きの対象なんじゃないか、なんていう話も。

R.C.クリスチャンと名乗る人物が1979年に発注したらしい。このクリスチャンという人、制作されている現場に何回か来たこともあるのだとか。
実在しない人物で、フリーメイソンのメンバーだったとか、色々な憶測が飛んでいるみたいです。

しかし、人類に対する大まじめな警鐘だとしても、手の込んだネタだとしても金持ちじゃないとできない芸当ですしわざわざこんな怪しげな物を作らなくても、という感じではあるのですが、金持ちの考えることはよくわからない、という所もありますし。
私はこういうのをあれこれ考えたりするのは夢があって好きなんですが、明日急に間引かれる事になったら流石に嫌ですよね、まあそんなに間引かれたらディストピアとまでは行かなくとも色々と破綻しちゃうでしょうね。
まあ、宇宙の一生に比べれば人類や地球の一生などなんてことはないんでしょうけどね。

ちなみにこの手のことをざっくりでは無く深く考察されているオカルト・クロニクルさんが詳しく、また、楽しいです。

『2ケース送料無料!』(北海道・沖縄・離島は除く)コカ・コーラ コカコーラ ジョージア ヨーロピアン 熟練ブレンド 270gボトル缶×2ケース48本(24本入り1ケース)コーヒー 猿田彦珈琲監修※ご注文いただいてから3日~14日の間に発送いたします。/zn/

価格:4,176円
(2018/4/19 21:40時点)
感想(39件)

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA