アニメ見た:ID-0

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

アイディーゼロ、と読みます。

2017年の作品。ちょうど一年くらい前って事になるのか。
監督は谷口悟朗さん。スクライド、ガン×ソード、プラネテスなんかが知られてますよね。上記の3作は見ているので結構見てると言えるのかなあ私。ガサラキの時は助監督をされていました。

ロボットアニメでありますが、SF的な要素も多いです。
アカデミーの学生であるミクリ・マヤが主人公となっています(実際物語はマヤを起点として進んでいきます)が、希少鉱物「オリハルト」の採掘を行うエスカベイターの「イド」も、もう一人の主人公と言って差し支えないでしょう。

1話で罠にはめられ、犯罪者扱いとなったマヤは、助けられたエスカベイト社に協力する。マヤはアカデミーに復帰するため、イドはオリハルトを収集するため(実際にはイドがオリハルトを収集し続けることにも意味があったのですが、イドは記憶などを失っているため、潜在的にオリハルトを集めていたのでした)、にオリハルトを収集していると、やがて星系規模の事件が発生することに……というお話。

途中からはイドの正体に迫る(イド本人が隠しているわけでは無く、手がかりを辿っていくという形になる)部分もストーリーの根幹に。
IDO=ID-0というわけですね。いや、良くできています。

話の中で(宇宙服を着るときなども)下着姿のようなマヤがなんども出てきますが、キャラ原案が村田蓮爾さんということで、「原画に絶対こういうのあったんだろうな-」と思いながら見てました。キャラはみんな可愛いですね。マヤは原案と比べると線が減ってしまうので物足りなく感じる人もいるかも。私もちょっと物足りない。でも線が多いとアニメーターさん大変ですから。

村田さんと言えば赤城毅さんの小説「紳士遊戯」「贋作遊戯」(ノベルズ版)の扉絵をいつも思い出してしまうんですが、続編は……出てないですよね?

話が逸れました。

最終的には色々と解決して概ね元の通りに。安易に続編とか言うのもあれなんですが、マヤがアカデミーを卒業した辺りとか……

ちなみに小説もあるみたいですが全く読んでいません。
個人的には2話目が一番好きかも。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA