御城プロジェクト:今週の攻略「車輪の里、忍びの少女」

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

今週の新イベントは「車輪の里、忍びの少女」です。語呂的には「金○の夏、日本の夏」って感じでしょうか。
新しい妖怪と城娘が登場。

新武器種を持っている十河城。赤マスにも青マスにも置けるのだとか。
手に入れていないので性能の程は……わかりません。
忍者キャラといえば水口城や仁木館、伊賀上野城等が既に居るせいでネタにもされていると思いますが、そう考えると武器種が少なかった頃に実装された城娘さんたちはやや不遇なのかなとも思います。
若松城も「大砲よーい」なんて台詞がありますが当時はまだ大砲が実装されていなかったらしく鉄砲ですもんね。今後なんとか大砲を入手してほしい。

さて、とにかくイベントを進めていきましょう。

まずは自分なりに絶の普通から。
編成

そして配置

ずいぶん前掛かりなシフト。
鬼火(だったかな?)や天狗(天狗がどーも苦手です)が盛んに真ん中の蔵を狙ってくるし、抜けられてしまったら倒すのが困難だし、というわけで弓を使ったシフト。平山の歌舞は全然育っていないので基本的に妖怪相手は石山御坊ちゃんがほぼ必須。
とりあえずクリアしたものの、このやり方で難しいは無理なのでは、と感じて練り直し。
流れていた呟きを参考に手持ちのメンバーで構成したのがこちら

そして配置もこのように変更

蔵前だけぽつんと守って後は殿前で穴熊戦法。
普通で試して難しいに移行してみましたが真ん中の蔵はえらく狙われる。
しかし……序盤にぽつんと出てくる鬼が殿まで行くし、なかなか上手く行かない。
こうなったらやはり盾を入れるしかないか、ということで盾を入れてみましたがそれでもなんだか安定しない。
試行錯誤の末

山科本願寺を抜いて浜田城ちゃんを入れることで解決を図りました。

配置は

御坊ちゃんを真ん中のお立ち台乗せて巨大化することで殿までフォローできるようになるのが大きかったです。

最初に鹿野城、石山御坊、浜田城、彦根城、シノン城、を配置。熊本城も早めに置く。
浜田城は法術兜の攻撃を耐えないといけないので、さっさと巨大化してしまうのはダメで、巨大化分の気を残しつつやっていった方がいいです。

基本的にさっさと彦根城を最大化し、戦力を底上げ。御坊ちゃんも早めに。
右の鶴ヶ岡城と高遠城の配置は遅めでもいいですが、配置を忘れると蔵がつぶされてしまうので気をつける。
熊本城とシノン城は適宜巨大化。場合によってはシノン城は巨大化しなくても乗り切れるかもしれません。
大量の敵が押し寄せているときは熊本城の計略を使用するなどしてカバー。浜田城の計略は御坊ちゃんの左に置くと熊本城までギリギリ届くと思います。

右の戦線ですが放置しておくと鹿野城も高遠城もやられてしまうので注意が必要です。高遠城を巨大化することで下の角を曲がっていく敵に攻撃が入るのでちょっとだけ援護になります。
気トークンは真ん中の蔵上とかに置いて、天狗その他の攻撃に対するデコイにした方がいいと思います。
シノン城が改築されているならば、計略を使用することでわりと簡単に凌げそうですね。(私は未改築なので使用しませんでした)
と、いうわけで久しぶりに絶の難しいをクリアできました。妖怪さんは初かもしれません。いやあ嬉しいものだ。

お金がないので今回特殊築城には手を出していないのですが(春日山城も小諸城もとりあえず持っているので)要石だけでも集めておこうかなと思います。

それでは~

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA