思い出のゲーム:コナミワイワイワールド

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

もちろんコナミのゲームです。
ファミコン。

ソフトがあった。

(当時の)コナミのキャラクター達が多数出演する2Dタイプのアクションゲーム。

主人公はコナミマンとコナミレディ。コナミマンはこの頃のコナミのゲームで隠しキャラ(ゲームによっては普通にキャラクターとしても)登場していたキャラ。コナミレディはこのゲームの(2人同時プレイする)ために作られたオリジナルキャラクター。アンドロイドらしいですが性能はコナミマンとほぼ同じ。(飛び道具の性能が少し違う程度)

その他の登場人物は
がんばれゴエモンからくり道中からゴエモン
悪魔城ドラキュラからシモン
グーニーズからマイキー
キングコング2怒りのメガトンパンチからコング
月風魔伝から月風魔
グラディウスからモアイビックバイパー
ツインビーからツインビーシナモン博士

そしてシナモン博士の弟という設定で登場するサイモン博士
各ステージへ移動するための転送機を操作しているペンギンはけっきょく南極大冒険からの登場。

敵のボスの名前はワルダーで、魂斗羅に出てくるエイリアンみたいな感じです。

後にアプリ版などにもなったようですが、版権の関係でマイキーやコングが使用できなくなり、一部キャラクターが変更になってます。
(余談ですがキングコングが”2”なのは、映画『キングコング2』を題材にしているからで、ゲームの2作目という理由ではありません)

コナミマンは各エリアでとらえられているキャラクター達を助け出し、ワルダーを倒すのが目的。
ゲームとしては良くできていて、操作性もいいので古いゲームですがストレスはあまり感じません。
移動しながら攻撃ができるので、足が止まったりせずスムーズ。
基本的に近接攻撃がメインですが、アイテムを取ると弾丸(という共有アイテム)を使用して飛び道具を撃つ事もできるように。
もちろんキャラクター性が反映されており

ゴエモンは小判、シモンはクロス(十字架)、マイキーはパチンコ、コングは岩、月風魔は手裏剣、モアイはイオン砲と、元ネタそのまま。

ただし唯一難点を上げるとすれば、コングとモアイを除くキャラのジャンプ力があまりなく、崖(ゲーム中登場する崖は一律の幅)を越えるのが結構シビア。踏み切り位置が手前過ぎると勿論届きませんし、踏み切るのが遅すぎればもちろんそのまま死のダイブ。
慣れればなんてことはないのですがそれでもやっぱりやりづらい。コングとモアイのジャンプ力が高い事には実は意味があるのですが、他のキャラももう少し長い距離を飛べれば……と思います。

ちなみにクリアするためには全ての仲間を助け出し、ビックバイパーかツインビーに乗って、ラスボスが居る星まで行かなければなりません。

クリアするにはステージ内にある鍵を入手し、檻を開けるとやっと仲間を救助できます。そしてスタート地点、もしくは隠されている(判別する方法などはなく、完全な隠し)転送機で拠点に戻る必要があります。(月風魔ステージのみ、ボスを撃破すると月風魔を助けられます)
王道のルートとしては

ゴエモン→シモン→マイキー→コング→月風魔→モアイ
という順番で行く人が多いと思います。何故かというと……

  • モアイステージには破壊できるオブジェクト「岩」が道を塞いでいるので破壊する必要がある。(岩を破壊できるのはコングの射撃と月風魔、モアイの攻撃のみ)
  • 月風魔のステージではコング、モアイ以外のジャンプでは飛び越えられない箇所がある。
  • コングのステージでは、マイキーじゃないと通り抜けられない、狭い通路がある。
  • マイキーのステージでは、飛び石の上に敵がおり、シモンの鞭でないと攻撃が届かない。

という理由がそれぞれあるからで、それらに対処するために逆を辿っていくと上のような順番になるというわけです。
なるのですが。

もちろんそれ以外のルートでもなんとかなります。
ポイントとしては、鍵には互換性がある(全てのステージで使える)ということで、ゴエモンステージにはボスが居ないため、ゴエモンステージで鍵だけを取ってシモンを先に助け、マイキーステージに行き……という芸当もできます。

そして、ゴエモンを助けた後、ゴエモンの飛び道具を使えるようにしてマイキーステージに行き、普通ならシモンの鞭で敵を倒していく箇所をゴエモンの小判で撃破していく、という事もできます。(ただしこの方法でクリアを目指す場合、それなりの数の弾丸が必要です)そうすれば、マイキーを助けてコングのステージに行く事ができます。
コングステージを攻略するためにはマイキーが居ないと絶対にダメ(後述のマントを取ればコナミマン&レディでも行けそうな気はします)なので、必ずマイキーを助ける必要があります。

月風魔のステージでは、2人同時プレイモードにして片方のキャラの上に乗り(マイキーには乗れないので注意)、段差を越えた後で、足場になったキャラを殺せば先に進む事ができますが……確か2カ所あったはずなので注意が必要です。

同じく月風魔ステージには、スーパーマントというアイテムがあり、入手する事でコナミマンとコナミレディが空を飛べるようになります。

ではまずキャラクターから
コナミマン
基本のキャラクター。通常攻撃はパンチ。射程が長いわけでもなく、普通の性能。連打も効く。
飛び道具はビームガン。マイキーステージにある。こちらの性能も普通。

コナミレディ
基本のキャラクターその2。通常攻撃はキック。ミドルキックを放つためコナミマンよりリーチが長いようにも見えるが実際には大差ないはず。
飛び道具はヒートガン。シモンステージにある。敵を貫通するのが特徴。

ゴエモン
通常攻撃はキセル。打点が高いため上方向への攻撃に強いが下段に弱い。シモンステージに登場するスライムには攻撃が当たらないかも(うろ覚え)。
飛び道具は小判投げ。普通の性能。

シモン
通常攻撃は鞭(イメージとしては悪魔城ドラキュラで最大までパワーアップした状態の長さ)。リーチが長いが連打が効かないため、使いどころを選ぶ。
飛び道具はクロス。1発撃つ毎に弾丸を5消費するのが特徴(悪魔城ドラキュラでもハートの消費が5だったのでその影響か)。発射速度はやや遅いものの、画面端まで行ったらブーメランよろしく戻ってくるのが特徴(これも悪魔城と同じ性能)。戻ってきたものをキャッチする事もできるが特に意味はない。ちなみに悪魔城でいうところの三連射を持っているときと同じ状態で、画面内に3発まで同時に撃てるのがポイント。基本的にクロスを使用するときに登場するボスキラーだと思ってよい。

マイキー
通常攻撃はキック。子供なので背が低いため、上段攻撃には弱い。ちなみにしゃがみ攻撃はない。(グーニーズと同性能)グーニーズ2の設定は特に活かされておらず、ヨーヨーやブーメランなどの多彩な武器は使えない。
飛び道具はパチンコ。SEもグーニーズに準拠している感じ。(BGMだけは何故かグーニーズ2のメインテーマ。曲は格好いい)

コング
通常攻撃はパンチ。攻撃力が高い。ジャンプ力が高く、他のキャラよりも高く飛べる(1.5倍くらい?モアイと同じ)。
雑魚、ボス共に使えるが下段には攻撃できない。
飛び道具はロック(岩)で、パンチモーションの手から放物線上に飛ぶ(射程は短い)ため、一応下段もカバーできる。モアイステージにあるオブジェクトの岩を破壊する事が可能。

月風魔
通常攻撃は刀。振り回すため、攻撃速度はやや遅い。グラフィックが月風魔伝のものと比べて頭が大分大きい。おかげで頭でっかちに見えてしまいちょっとかわいそう。
波動剣は封印した(シナモン博士談)ので使えないが通常攻撃で岩を破壊できるのがポイント。
飛び道具は手裏剣で、3発飛ぶためか弾丸も3つ消費。何故か手裏剣でも岩を破壊できる。

モアイ
通常攻撃は頭突き。手がない。攻撃力が高くジャンプ力も高いのはコングと同じだが、コングと違って頭突きのモーションが大きく連打が効かないのがポイント。
BGMはオリジナル?
手のないモアイが軽快なテーマ曲で歩き回るのは結構シュール。
飛び道具はイオン砲(輪っか)。岩を破壊できる。

次に各ステージのポイントを何となく紹介

ゴエモン
江戸時代?をモチーフとしたステージ。ボスが不在。やや耐久力の高い龍みたいな雑魚が居るがまあなんとかなる。
忍者は攻撃力が高め(普通の雑魚の攻撃はライフ1メモリ分だが忍者は2メモリ与えてくる)道中にあるパワーアップカプセル(グラディウスに出てくる奴)は、スーパーマントを手に入れてからでないと取る事ができない。
招き猫をゴエモンで取る(他のキャラではそもそも取得ができない)と飛び道具が使用可能に。

シモン
悪魔城をモチーフとしたステージ。ボスが居る。名前は忘れましたがぴょんぴょん飛び跳ねるので、頭上を飛び越えさせ、着地した所に攻撃を。攻撃力が高いです。
途中にあるヨロイ(鎧)はマントがないと取る事ができないと思う。
ドラキュラが雑魚で登場しますが無視してOK。
クロスを取れば飛び道具使用可能に。(ドラキュラが登場するエリアの隠し階段(ノーヒント。画面で言えば上の方にある足場で上キー入力で見えない階段を上る。))

マイキー
洞窟をモチーフとしたステージ。ボスは不在。途中の飛び石地帯にイソギンチャクみたいな敵がいちいち生えてくるので、シモンの鞭かゴエモンの飛び道具で撃破しながら進む事に。
強行突破したらライフが保たなかったかと思います。
2人プレイの場合は鍵を取る際にもう一人が上で待機しておき、取ったら画面を切り替える事でぐるっと回らなくて済む。
パチンコもあるので取る。
基本的にゴエモンとシモンのステージ以外は1度攻略したらもう行く必要はない。

コング
都市をモチーフとしたステージ。ボスが居る。途中にマイキーでないと通り抜けられない通路があるので、マイキーを殺さないようにしないといけない。
誘導ミサイルをガンガン撃ってくるボスでなかなか強敵。シモンのクロスを使用して後ろから来るミサイルも落とすのが有効。
バナナを取ると飛び道具使用可能に。

月風魔
地獄をモチーフとしたステージ。ボスが居る。鍵がない。基本的に一本道のステージでひたすら右へ進むのみ。
道中にスーパーマントがあり、コナミマンやコナミレディで飛んでいけば崖が多い箇所などをスルーできるので随分楽に。
ボスは龍骨鬼で、喉の辺りが弱点。例によってコナミマンで飛んでから飛び道具(飛行中は通常攻撃はできない)を撃てば楽ちん。

モアイ
遺跡をモチーフとしたステージ。ボスが居る。破壊できるオブジェクトの岩があり、特定のキャラで破壊(エフェクトがしょぼいので除去という感じだが)していく必要がある。
ドラゴンのような見た目の、耐久力の高い雑魚もまあまあ出てくる。

これらのステージを全てクリアすると戦闘機の格納庫に行けるようになり、ラスボスの本拠地へ向かっていく。

ビックバイパー
レーザー、ミサイル(ホーミングミサイル)が使用可能。

ツインビー
輪っかレーザー、ロケットパンチが使用可能。

共通の武装としてオプションとバリアがある。……という事でビックバイパーの方が総じて高性能。8機やられるまでに(2人プレイだと4機ずつだったと思う)辿り着けばステージはクリア。

ラストステージ
生き物の体内をモチーフとしたステージ。ラスボスが居る。魂斗羅のBGMが使用されている。
赤血球の様な敵と白血球のような敵が主に登場するが、白血球のような敵は自機にまとわりつくのがポイントで、2人プレイの場合は仲間に倒して貰えばいいので全く問題はないのですが、問題は1人プレイの時。このゲーム、攻撃判定が武器(パンチやキックの場合は手足)にしかないため、敵に密着されると攻撃が当たりません。

階段を上り下りして画面を切り替えるか、うまいことバックジャンプを駆使して倒すしかありません。敵は沢山出てくるので倒し続ければ体力は回復できる(敵が回復アイテムを落とす)はず。

ラスボス
ワルダーの弱点はジャンプして攻撃できる辺り。どのキャラでも倒せますが、シモンのクロスで攻めるか、コングの岩で攻めるか。ただ、ここでもホワイトアメーバ(前述の白血球の敵)が出てくるので、クロスの方が戦いやすいかもしれません。
撃破後は、星が爆発するという事になり画面上にカウントが出て急いで入り口まで戻る事になります。ステージ自体は一本道で、敵は出ないので迷う要素はありませんが、焦りによるジャンプミスで崖に落ちるのが怖いので、コングなどのジャンプ力の高いキャラ使用するか、コナミマンで飛んでいくのが一番です。

入り口に戻り、ビックバイパーかツインビー(2人プレイの場合は二人とも)に乗り込み、脱出後にワルダーの星が破壊されればクリアとなります。

バックアップなどはなくパスワード制となっています。

最強のパスワード(弾丸1000発(カンスト)パワーアップカプセル、ヨロイ、おにぎり(ダメージでライフがゼロになったときに体力全快で復活する))があります。

いくつかあるみたいですが

スヲミンツ ホケレイロ ミフエホ

などがあります。

たまには昔のゲームなんてどうでしょうか。

【中古】 コナミ ワイワイワールド ファミリーコンピュータ ソフトのみ ファミコン FC KONAMI【中古】58G00100766 ゲーム

価格:1,480円
(2018/6/11 21:22時点)
感想(0件)

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA