御城プロジェクト:今週の攻略「討伐武将大兜!直江兼続」絶

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

メンテ後は、復刻イベント。

「討伐武将大兜!直江兼続」

が復刻開催中。

前、後編で兼続の出番は終了。絶を攻略していきましょう。
山城マップとなっています。

このマップにはマスターピースとも呼べる存在が居て、使用するかしないかで難易度に大きな差が出ます。
そのキャラは「岩殿山城」

で、彼女が持つ計略「離間の計」

を使用することで待機中の城娘の大半を削ることができます。

それでは編成

今回はこのようにして、配置は

このようになりました。
手に入れたので使ってみるかということでノイシュヴァンシュタイン城をテコ入れして実戦で使ってみることに。
ちなみに撤退している岡城は春日山城の下、岡豊城はノイシュヴァンシュタイン城の下のお立ち台に置いていました。

ポイントとしては

  • 上と下で完全に戦線が分かれる
  • 上記の岩殿山城を使用するかどうかで難易度が大きく変わる

といったところです。

岩殿山城を使用することにより上側の戦線は負担が大幅に減りますので「難しくてクリアできない」という場合は使用してみるといいと思います。

下側の戦線はノイシュヴァンシュタイン城の位置で敵を食い止めないと蔵が攻撃を受けます。
刀を持った城娘が敵として登場する場合、攻撃対象が2つ(2体)となっています(自軍で使用する場合と同様)ので、蔵前にただ前衛を置いているだけだと、蔵ごと斬られてしまって守る事ができません。
ですので今回は「そもそも蔵に到達されないようにする」という方法を取りました。

まずは岡城、春日山城、与板城を配置。岡城は1度だけ巨大化すると、槌兜の撃破がスムーズ(どのみち与板城の所には流れますが)です。
信貴山城、岩殿山城、山中城も配置します。
岩殿山城の配置が遅すぎると、計略の使用までに時間がかかってしまいますので、早めに配置しても良いでしょう。
下戦線の配置は遅めでいいです。
使用可能になったら(発動できない状態の時は、敵上に持っていっても計略のサークルが白くなりません)右側にずらっと並んだ坂戸城、与板城、春日山城に向かって、離間の計を使用します。
そうすると勝手につぶし合うので、あとは生き残った敵を大砲と山中城で処理するのみ。

何度か同様の感じで使用していくことになりますが、計略のクールタイムは間に合います。

途中は岡城と春日山城も活躍。というか結構敵が押し寄せるので春日山城はきちんと巨大化回復をしましょう。
赤法術兜なども登場し、ダメージを受けますので岡城も気をつけましょう。
岩殿山城も何度か巨大化しておくと一ノ谷型兜の迎撃に役立ちます。

最後の城娘達は巨大化していて強力になっています。位置によっては信貴山城や岩殿山城の斬られてしまうので気をつけます。

さて、下戦線ですが2波目から本格開始。
配置したら岡豊城を最大化して火力を確保。信貴山城の援護射撃も貰えますが上戦線が結構忙しいのであまり充てにしすぎないようにします。
岡豊城は自身の計略を使用するなどして火力を底上げしつつひたすら援護。ノイシュヴァンシュタイン城は堅いですが流石に巨大化の必要も出てくると思います。

最後の春日山城は岡豊城に攻撃が届くので、素直に撤退。上戦線が片付いていれば信貴山城も援護してくれますし、必要が無ければ岡城や春日山城を撤退させて気に還元、ノイシュヴァンシュタイン城を巨大化させましょう。

離間の計を使用しない場合は大量の城娘を相手にすることになりますので大変ですが、鈴などで削りつつ盾で一定数を止めたり槌で粉砕するなどということになるでしょうか。ただし下戦線は大差ないと思います。火力が足りずに倒しきれないと当然ながら敵が抜けてしまって蔵を破壊されてしまうのである程度のレベルが無いとしんどいと思われます。
(何度か試したが失敗した模様)

岩殿山城を持ってないよ!と言う方は……済みません。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA