御城プロジェクト:今週の攻略「天下統一:獅子の目覚~相模~」

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

天下統一を進めていかないと。

と、いうわけで今回は巨大兜、北条氏康が相手です。
例によって普通で確かめてみる。

普通ステージは……傾向と敵の出現パターン確認用になりつつあるのかなあ。
キャラクターのレベルがあがってきたせいか、わりと何となく配置してもクリアできるようになってきてしまった。
この配置とメンバーじゃたぶん無理だろうなーと思っていましたが案の定だめで、改めて難しいで色々と試すことに。

結果的に編成はこのようになり

このように配置

ポイントとしては

  • 初期配置されている大筒持ち兜、鞭兜に対する対策が必要
  • 騎馬兜(強い奴)が結構な数で登場する
  • 最終盤はボスのみでなく竹束持ちトッパイ兜も大量に現れる

といった所でしょうか。それでは見ていきましょう。

右端と左端に大筒兜、下に鞭兜が配置されていますが、いきなり動いてはきません。
大筒兜に事前にダメージを与えるのは難しいかもしれませんが、鞭兜には浜田城の位置に遠距離を設置することで範囲外からダメージを与えることができます。(猫トークンの位置は当然ですがぶっ殺されます)
初期は気が少なく、何から置くか迷うのですが……下からいきなり攻めてくるので、長門指月城、彦根城を設置。
次に臼杵城、浜田城と設置しますが、ここが何気にキモとなっています。

御城プロジェクトの基本として「後で設置した城娘の方が、兜の攻撃優先順位が高くなる」というものがありますので、後で大筒兜が移動を開始した際、彦根城が範囲内にいても、範囲に入った臼杵城が攻撃を受けてしまいます。当然ながら最後までそうなりますので注意して下さい。

ですので長門指月城の左に石山御坊を配置して、回復できるように備えます。(ちなみに属性一致だと尾山御坊しかなかったのですが、最大化しても届かなかったので)同時に、臼杵城の巨大化は最初は控えめにしておきます。
序盤は臼杵城よりも、浜田城の巨大化を優先します。砲撃で敵を削りやすくするためと、なにより鞭兜を初期位置で撃破することが肝要だからです。右の通りまで浜田城の攻撃範囲が広がっていれば、大分楽になるはずです。ただし、最大化してはいけません。

浜田城と臼杵城の間のルートを通っていく敵が出現したら会津若松城を置きます。最後は北条氏康も攻撃することになりますので、火力があった方がいいです。
シノン城と盛岡城は2波目でもよかったかもしれません。
盛岡城の位置の近接は結構重要で、大筒兜、中盤から後半は人魚型兜、竹束トッパイ型も全て受け持たなくなくてはなりません。
防御タイプの城娘にしたり、計略などでフォローをした方がいいです。

大筒兜が移動してくると、ダメージを受け始めるので適宜巨大化を。石山御坊の回復が臼杵城に届くくらい(3回?4回だったかも)にしておいた方がいいと思います。とにかく臼杵城の耐久に気をつけましょう。

騎馬兜が出てくるとシノン城もノーケアというわけにはいかないかも?ですが、改壱になっていれば計略がノーリスクで攻撃力アップ(改築前は防御力が下がる)となるので気軽に使用できます。ですがクールタイムはそれなりにあるので気をつけて。

後半になってくると下側、右側から飛行兜が登場します。長門指月城をある程度巨大化しておいて備えましょう。
浜田城は耐久を見ながら最大化して凌ぎます。初期配置の鞭兜以外にも、一度補充されます。それらの待機時間は初期配置の物より短いのではと思われるので気をつけて。石山御坊(他にもダメージ計略要員が居ればそれら)の計略を使用するのもありだと思います。

最終盤は竹束トッパイ型も大量に登場。左側は盛岡城でなんとか撃破。他の方面はシノン城と彦根城の間のマスに浜田城の計略トークンを設置すると、丸々シノン城の計略使用者が恩恵を受けられるのでおすすめできます。ただしトークンに敵が来る前に倒してしまわないといけなくなります(トークンを壊されちゃうので)が……

氏康君はノックバックが効かないのかバンバン撃たれているのに平然と歩いてきます。最終的にはシノン城で抱えて集中砲火で撃破。お疲れ様でした。

盛岡城役と浜田城役が居れば、意外と行けるかなと思います。

物語の続きも気になりますが、それでは今回はこれで。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA