朧村正 DLC(ネタバレ以外編)

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

主にキャラについての所見

操作キャラはそれぞれ

化け猫編のお恋、三毛。

一揆編の権兵衛。

白蛇編の嵐丸。

鬼娘編の羅邪鬼。

ではお恋&三毛から。

本編の刀切り替えの要領でお恋と三毛を切り替える。化身ゲージが溜まると化身できる。後述。

お恋はジャンプ力も攻撃スピードも速めで攻撃力も高い。それに対して三毛は攻撃力は低いが体の判定が小さく、お恋のやや挙動に癖のある(無敵が長いけど次の動作を受け付けるまでも長い。敵の攻撃を回避はしやすい)緊急回避(本編における前転)と比べて、移動距離も少なくすぐに次の行動に移れるのがポイント。
通常の攻撃力は弱いが奥義ボタンで鬼火を溜めることができ、溜めた鬼火は飛び道具として発射したり、溜まっている状態で攻撃すると通常攻撃の攻撃力もアップする。ただ、一度溜めきった場合でも、発射すれば溜め直し、通常攻撃のブーストに使っても消えてしまうので溜め直しが必要となるため、個人的にはあまり使い勝手はよろしくない。

DLCのキャラには本編の鍛冶に相当する機能として鍛錬というものがあり、お恋と三毛の場合は攻撃力を上げたり、空中ダッシュの回数を増やしたり、体力吸収の特技などを覚えることができる。

大きく分けて、いわゆる取得すれば無条件で効果を発揮する「パッシブスキル」に相当するものと、本編の刀の代わりに各キャラに一つずつ、鍛錬で覚えた特殊効果を装備することで効果を発揮するものの二つに分かれる。
パッシブ系は攻撃力の強化が殆どだが、いくつかは奥義の挙動が変わる(追加攻撃が出るなど)ものもあり、一度取ってしまうとロード以外で以前の状態に戻せなくなってしまうため、慎重に取得した方が良い物もある。

さて三毛だが、手数が多くて攻撃力が貧弱なのでそれに対する穴埋めとして考えたのが必殺の刃を装備してやること。装飾品の「○○の毒薬」とも競合できる?のか、鬼火は使わずに雑魚を結構倒せる。
お恋の性能が高く、三毛は穴埋め要員というイメージだったが、お恋の霊力が減ったら三毛で雑魚戦を凌ぐ、という戦い方もある程度はできるように。

化身について。化身中は無敵。
ゲージが溜まった状態でお恋の状態からチェンジボタン(△)をクイックで2回押すと化け猫に。
三毛の状態から△一回でも化身するが姿も性能も違うので注意する。
個人的な使い勝手は攻撃力も高めなお恋からの化け猫がおすすめ。牡丹鍋で自動回復でも仕込んでおけば無敵の間に多少なりとも回復できる。

温泉での姿がかわいい。

権兵衛
ゲーム「いっき」(AC/FC:サンソフト)をリスペクトされているとのことで、見た目も使用武器も仲間(田悟作)もそう。
流石にカマがオートホーミングでは困るのか、山なり軌道に。
そして農民と言えばの鍬。「いっき」では敵撃破時の点数が高くなるものの、前方にしか攻撃できず実質的なパワーダウンアイテムだった竹槍はまともな性能に。
大根を食べれば超スピードアップ!は流石にできなかったようで。残念。

使用した感じは侍の相手がしづらい。これにつきる。本編にもある所謂溜め攻撃で刀を折れるのだが、出は速い物の判定が結構遠目だったり、攻撃のエフェクトが大きく見づらいのが難点。
私は結果的にあまり使わなかった。竹槍をガードされると霊力ゲージが減ってしまうので、奥義を出したり、鍬で強引に攻撃したり……

曲者なのが鍛錬で、竹槍の早業とかいう技能を取ってしまうと、取得前の竹槍の売りだった定点攻撃が不可能になってしまうので、取らない方が使い勝手が良いかも。
私は取ってしまったのでどうしようもなく使ってたが、鬼をひるませ/ダウンさせることができるなど、全くの死に攻撃というわけではない模様。

奥さんであるお妙(物語開始時に既に故人)が幽霊として登場するが、とても可愛い。

嵐丸。
嵐丸は忍者で、苦無、鎖鎌、爆雷(爆弾)を使用して戦う。
………刀がない(手裏剣→苦無)だけで、「最後の忍道」(AC/PCE:アイレム)と全く同じ武器構成。リスペクトされているんだろうきっと。

苦無に必殺の刃。苦無は遠距離攻撃可能で連射性能も申し分ないがとにかく攻撃力が低いので、三毛で学習した低攻撃力/高速攻撃には必殺の刃という組み合わせ。鎖鎌や爆雷は色々と効果を付け替えたが苦無はほぼ(一部ボスなどでは付け替えることもあったが)この組み合わせで乗り切った。
最終的には爆雷には攻撃力アップ(一分上昇)で火力重視、鎖鎌を奥義威力アップ(三割上昇)とかで乗り切った。

白蛇さんが可愛い。

羅邪鬼
羅邪鬼は子供モードと大人モード、そしてお恋/三毛のように大鬼状態に変身(化身と状態は同じ)して戦う。子供モードは定点攻撃可能で空中ダッシュや前転その他、全体的に素早い。空中ダッシュは鬼助達よりも速そう。

大人モードは一撃がでかい系の攻撃を繰り出す。スーパーアーマーがついてる攻撃もあり。
□2段目の金棒回転の使い勝手が良く(一定数以上攻撃を当てると特殊なフィニッシュへ派生する)。飛び道具のはじき返しにも使える。

奥義はどちらのモードでも強いが使い勝手が良いのは子供の方。ドンキーコングのマリオよろしくハンマーで叩きまくる。奥義中なので勿論無敵&敵をすり抜ける。ジャンプも可能。二段ジャンプも可能。唯一の弱点は勝手に移動してしまう(画面端にぶつかると勝手に折り返してしまう)ので定点攻撃ができないこと。刀を折る性能も高く、侍相手でも問答無用でぼこぼこに。大抵のボスはこれでなんとかなる。

大人時は目の前に火球を吹き出して金棒でホームラン。鍛錬によって打ち分けができるようになる。
総じて強い。きちんと鍛えれば修羅なら全ボス全魔窟も余裕だと思う。
温泉で人外女達を一度に拝めるのはこの話だけ!

ケロロ可愛い。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA