御城プロジェクト:今週の攻略「壁の中に瞳がいる」

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

メンテ後は、新イベント。
と、いうわけで新イベント「壁の中に瞳がいる」が開催中です。

妖怪「ぬりかべ」が今回の相手なのですが、ゲゲゲの鬼太郎に出てくるあいつをイメージしていると、ちょっと驚くと思います。
勿論わたしも驚きました。
でもいろいろと知れて楽しいですよね。

プレイした結果絶の難しいが攻略できたので、早速書き留めていきたいと思います。

例によって普通で様子見をして難しいへ。

最初はこんな感じでやってみてました。
普通の時点で鹿野城はかなり危なかったので、難しいはきついかなと思いましたが案の定ダメで、左も淀城が保たなかったので浜田城で防御を下げても妖怪補正でダメージが通らないのがきついのかなという感じ。

それでは編成から

妖怪対策に歌舞を3人。
鹿野城は気トークン要員ですが、配置気減少施設をつけているので採用。
大垣城は水属性入りの槌ということで採用。レベルが高ければ鬼ヶ城でも全く問題は無さそうです。

配置はこちら

ポイントとしては

  • 大砲兜がとにかくトークンを破壊してくる
  • 妖怪の特性(牛頭馬頭など)を把握する
  • ぬりかべの特性を逆に利用することもできる

といったところでしょうか

それでは攻略していきましょう。

まずはセオリー通りに遠距離から配置していきましょう。
アンボワーズ城の所には敵が居るので、最初に配置します。他の歌舞3人を配置したら鹿野城を配置。
ケルフィリー城も配置してしまってよいでしょう。
まずはアンボワーズ城を最大化手前まで巨大化してから大坂城、山科本願寺の巨大化を進めましたが、恐らくその前に敵が来ますので、淀城と大垣城も配置しておいた方がいいでしょう。
もし、下から現れる大砲兜にアンボワーズ城が撃たれて厳しい場合は、巨大化で凌ぎつつ山科本願寺を最大化させれば回復範囲に収まるかもしれません。(施設と大坂城のバフ効果もあるので本人のみでは無理かも)

大垣城の守る蔵は全体を通してかなり狙われます。ですので早い段階で山科本願寺を少なくとも数回は巨大化させ、回復範囲内に入れておいた方が良いと思います。(殲滅力も上がるので)

上の海岸から現れた敵は森に入って鹿野城の目の前から出てきます。歌舞3人の援護がありますので即死することは少ないかと思いますが鹿野城も気をつけます。
左の戦線は淀城がひたすら頑張ります。攻撃も激しく、ぬりかべの攻撃が結構痛いので、計略を使用する事もあるかと思います(大垣城に対して使用することもあり得ます)ので、気には余裕を持って臨みましょう。トークンが安全な場所はあまりなく、1波目なら鹿野城の右でいいと思いますが、2波目はよくわからないです。

さて、左の戦線で活躍してくれるのは石山御坊ちゃん。大坂城が加入してからは出番を取られてしまっていることが多かったのですが、今回は活躍。計略の消費気が下がりましたが、今回は全体的に気の配分が大変だったため使いどころがあまりなかったのが残念でした。

そしてぬりかべですが、「攻撃している城娘に対して足止め効果を付与する」という特性を持っています。

これは裏を返せば「ぬりかべを撃破しない限り、足止めできない城娘が足止めの能力を持つようになる」という事になるので、今回のわたしのように淀城でずっと耐えていれば鎌鼬も止められるという感じにもなります。

最初はアンボワーズ城が危ないかな(猿が出てきて投石も行ってくるので)とも思ったのですが、山科本願寺の回復が届いた後は危なげない感じでした。
それよりもやっぱり大垣城と淀城が危ないので、そちらをきちんとケアしましょう。
……書いていて思ったのは、山科本願寺と大坂城を入れ替えた方がスムーズなのかもしれませんね。

敵の攻撃力は下がらないものの、攻撃自体を受けなくなるのでアンボワーズ城の代わりはウェストミンスター宮殿もいいのかも。


こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA