御城プロジェクト:今週の攻略「茶馬古道の麗しき工本」前編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

メンテナンス後は、新イベント。

と、いうわけで築城イベント「茶馬古道の麗しき工本」が開催中。
アイテムを集めて限定城娘を築城しましょう。
岩櫃城もしくは麗江古城が築城できます。麗江古城は星5帯初のイベント産拳。邯鄲を持っていない人にとっては貴重な戦力になりそう。
前回も活躍したからなあ。

というわけで早速絶までやって参りました。

まずはポイント。

  • 新登場のゴリラ?兜の対策をどうするか
  • 岩櫃城をいつ撃破するか
  • 蔵前で迎撃をしない

といった所でしょうか。

今回は珍しく2パターンほど準備してみましたが、どちらもある程度のキャラクター依存があります。

それでは最初の編成はこちら

こちらは浜松城を利用していますが、その代わり歌舞のいない構成となっています。後述しますが今回のマップでは配置的、相手にする兜的にも、遠距離城娘は使いどころを選ぶ印象です。
ただし、敵に遠距離攻撃をしてくる兜がほぼ居ないので、配置順についてはあまり意識しなくてもいいようです。

それでは配置

はい、五稜郭と安平古堡が違っていますが、位置は同じです。
最初クリアとしたときは安平古堡でクリアしたので、クリアできるのは間違いありません。(防御低下は役立つので)
ただ、五稜郭だと特技発動で味方の防御が上昇するため、安定度は上がるでしょう。

それでは攻略していきます。
まずはアンボワーズ城、駿府城、サンタンジェロ城を配置します。左側の戦線はすぐに敵が来るので盾ユニットまで配置してしまいましょう。
ただし「蔵前で迎撃をしない」とあるように、範囲攻撃をしてくる一ノ谷型兜、ラストに出てくる岩櫃城の攻撃から蔵を守る為、盾ユニットはこの位置に配置しましょう。
次に駿府城を数回(2回程か)巨大化して、サンタンジェロ城の援護ができるようにしておきます。
そうしたら右戦線も法術兜がやってきますので、五稜郭、錦城、彦根城と配置。次に気が溜まったら浜松城、ケルフィリー城は彦根城が一度巨大化して耐えてから配置しても良いでしょう。
(というか、あまり気に余裕がありません)

浜松城の計略は彦根城、五稜郭、アンボワーズ城、錦城、自分、といった感じです。盾ユニット(特にケルフィリー城)は、自分の計略を使用することになる為、無駄になってしまうので他から使用しましょう。

盾以外のユニットは適宜巨大化していきます。アンボワーズ城を3回ほど巨大化してサンタンジェロ城のダメージ軽減を。
五稜郭も巨大化してケルフィリー城の援護を。
1波目のラストくらいに、右側に初期配置されているゴリラ君が歩き出します。
このゴリラ君

かなり堅いうえに攻撃力も高く強いのですが問題は、(待機中でも)攻撃を受けると走り出して攻撃をしてくるという事。
そのため左側のアンボワーズ城と、右側の錦城、五稜郭は少し注意が必要です。
要は意図しないタイミングでゴリラを範囲内に入れてしまうと戦線が決壊しかねないという自体に。
大砲や法術ならば他にターゲットが向いているうちは問題ありませんが鈴は問答無用ですので気をつけておきたいところ。

さて、札の攻撃と大砲、彦根城の援護を受けつつ、ケルフィリー城は自身の計略を使用し、巨大化しつつ必死に耐えましょう。ちなみにゴリラ君の攻撃は(難しいの場合)蔵も殿(命2000)も即死です。

ゴリラ君と戦闘中に波が切り替わるかもしれませんがまずは気トークンを置き、巨大化を進めていきましょう。
2波目の途中から、画像の位置に岩櫃城が現れます。

ちなみに放っておくと最終盤に建物から出てきて、範囲内の敵に岩をまき散らしながら殿まで向かっていきます。
なので可能ならば動き出す前に撃破したい。幸い待機時間は長いので、削るのには十分な時間があります。が。
先ほども書いたとおり、アンボワーズ城を巨大化させるとゴリラ君が走り出しますので、盾ユニットが敵を抱えていないときを見計らい、できれば一気に最大化してしまうのが良いでしょう。(盾ユニットの負担軽減にもなるので)

右側の戦線は錦城を巨大化して攻撃範囲を確保しつつ、(主に熊兜など耐久高めの敵が来る)ケルフィリー城は巨大化よりも自身の計略で回復して凌ぎましょう。(ちなみに一度、ミスでケルフィリー城とサンタンジェロ城を逆に配置せざるを得なかったときがあったのですが、もの凄く大変だったので)
普通に考えると歌舞を入れた方がいいマップなのかもしれませんね。

さて、地味に気をつけた方がいいのが貝型兜。駿府城のいる通路側、浜松城のいる通路側にも来ます。(もちろん大砲の援護も来ます)堅いし結構強いので、浜松城を放置しすぎて落とされないように気をつけた方がいいと思います。

後は、右側にもう一体来るゴリラをどのタイミングで捌くかですが、右側メンバーの巨大化も進んでいるだろうということで後半であればそこまで問題は無いと思います。

それではもう一つのパターンを。
まずは編成

中国の都市をモチーフとしたマップは、通路に近接、それ以外に遠距離と非常に解りやすいのですが、直線的な道が多く融通が利かないのが問題。
なのでこちらは清洲城と大坂城を使用した構成にしてみました。

配置はこちら

基本的な配置は先ほどと変わりません。ただし今回は平城のみ、気トークンも無しという編成にしてみました。

最初に清洲城を配置。初期計略20%減少の施設をつけていますが、それでも時間がかかりますので最優先にします。
その分気はやや厳しくなりますが、アンボワーズ城、駿府城(巨大化する余裕はないかも)、サンタンジェロ城を配置。
右戦線も錦城を配置しますが、今回は攻撃を受ける役の彦根城がいないため、早めにケルフィリー城も置きます。長篠城も置きますが、これは攻撃範囲+の武器でも良かったかも。

そして清洲城の計略が発動できるようになったらすぐに殿左のマスを書き換え、大坂城を配置します。
回復が届くよう巨大化させたい所なのですが、序盤に駿府城側から来る火炎型兜に蔵を少しやられています。
それでも、ゴリラが来るまでには大坂城の回復がケルフィリー城に届かないと意味がないので、大坂城を優先した方がいいかもしれません。
2波目からトークンを置いていきましょう。大坂城のトークンはゴリラと戦闘中だと思われる右戦線へ。二つ目は自分の左でいいと思います。
長篠城のトークンは、清洲城による書き換えができているならば殿の右が最初でいいと思います。次は自分の下、駿府城の下や、最後は錦城の左に置いて火力の補助を。
岩櫃城、右側のゴリラに対する対処は最初のと同じですが、大坂城がいる分左の戦線はかなり楽です。

錦城をさんざん使っていますが、これは他にレベルの高い平城法術がいなかったからで、レベルが高ければ宇都宮城などでも十分いけると思います(計略はゴリラに使っていいだろうと思います)。

1波目ラストに来るゴリラが、体制が整ってない状態で来るためなかなかきついですが、そこさえ越えられれば後は比較的凌げるのかなという印象でした。

それでは(最低でも全凸まで)周回頑張っていきましょう。ではでは。

ドンキーコング トロピカルフリーズ

価格:5,616円
(2018/9/27 22:09時点)
感想(18件)

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA