御城プロジェクト:今週の攻略「揺れぬ照準」後編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

それでは絶弐の方も攻略していきましょう。
揺れぬ照準の後半戦です。

感想としては絶壱と比べて大分難易度が高かったのではないかと。

全蔵を守る場合に避けて通れないポイントがありますので、その辺りをどうするか……

  • 明石城を2波目までに撃破するか、放置せずに相手をする
  • 後半登場する三原城と岩国城の相手をどの様にするか
  • 最終盤の左下のラッシュをどの様に捌くのか

といった所が焦点になってきます。
それでは見ていきましょう。

まずは編成

そして配置はこのようになりました

いきなりこうなるわけではないので、順を追って見ていきましょう。
開始すると、画像の駿府城の右にある飛び石に明石城が、臼杵城の上にある飛び石に三木城がおり、明石城の前に兵士が並んでいます。
そこでまず臼杵城、鹿野城、盛岡城、そして画像のノビシャド(臼杵城のトークン)の位置に、リンドス・アクロポリスを配置して、鹿野城がとんぼきり等、範囲の広い武器を持っている場合は1度巨大化することで三木城に攻撃が届くようになりますので、一斉攻撃で倒してしまいます。
理由としては明石城を倒す為、画像の位置に置いた駿府城の攻撃が三木城に吸われてしまうため。
しかもこの三木城、矢鱈と堅く、生半可な攻撃では全然削れませんので防御無効/攻撃が札よりも速いということで杖を採用。

三木城を撃破して(撃破したら杖は撤退して、その場所にノビシャドを置くのもいいでしょう)明石城前の雑魚も撃破したら駿府城の出番です。配置したら撃破されてしまわないよう、巨大化回復で凌いで明石城を撃破します。
このようにして明石城を撃破しておくか、2波目になったときに明石城の攻撃範囲内に城娘が居ないと画面右上の蔵を攻撃してしまい戦功が取れないからです。

巨大化回復をする事になるので気は十分溜めてから駿府城を置きましょう。
次は臼杵城を巨大化していきます。理由は右下から鉄砲を持った雑魚が現れ、盛岡城のポジションにいる城娘が撃たれ放題になるため。特にガトリング砲を持っている敵は面倒で、射程内に入ったらほんの少しずつ移動してバンバン撃ってきますので、射程外から撃破するのが最良です。後は早めに多賀城→尾山城を配置して、防御計略などで凌ぐのも手です。

2波目からは左戦線も忙しくなります。
尾山城はダメージを受ける係になりますので、自らに防御計略を使用するのもよいでしょう。改壱で最大化すると「範囲内の敵の攻撃15%と防御25%が下がる」という強力な特技が発動しますが、最終盤に岩国城が出てくるまで、回復を残しておいた方がいいでしょう。

多賀城も特技が強力なので最大化したい所ですが、その場合は防御計略などをかけて守った方がいいかもしれません。(岩国城は刀で攻撃してくるため、2体同時に攻撃対象になる)

そして最終盤は、上から岩国城、右から三原城、そした左側からは雑魚が大量に押し寄せます。
結果的に……左下戦線が雑魚に抜かれてしまい、蔵が破壊される形となってしまいました。
左下から来るのは雑魚のみなので、このようにスイッチ。

リンドス・アクロポリスと盛岡城を事前にある程度巨大化しておいて殲滅力を上げておき、大量の雑魚が差し掛かったらシノン城の計略でブーストして撃破するという作戦をとりました。
なんとかなりましたが実際には岩国城側の戦線もやばく、尾山城が落とされそうになっていました。(前回の蔵が壊されたプレイでは岩国城側にシノン城の計略を使用していたので岩国城は瞬殺だった)
右下側も三原城が抜けていくギリギリのところで雑魚が減ってシノン城が押さえ込み。

いやいや結構危なかったのでは。今回は育っていたので駿府城を使用しましたが平山弓でもよかったのかなあ。

絶は壱の方が圧倒的に簡単なので割に合う方、もしくはドロップが好みな方を回るのもいいかなと思います。

さて、まだイベントはあるのでそちらもプレイしていかないといけません。ではでは。

家紋ステッカー 蒔絵シール 黒「八咫烏(やたがらす)/BK」 雑賀孫市 ケータイ スマホ iPhone デコ ステッカー 和柄 蒔絵シール 剣道 iQOS アイコス

価格:540円
(2018/10/10 23:18時点)
感想(0件)

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA