ゲームする:天地を喰らうⅡ(アーケード)ステージ1

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

ステージ1は博望坡の戦い(1)です。

画像を上げられる環境ではないので、とりあえず文面のみになります。

雑魚などの説明はその都度入れていきます。

スタートすると1人プレイの時は騎乗状態で、2人以上の時は徒歩で登場。ただ近くにある樽など破壊すると銅鑼が出るので馬に乗ることが可能です。

というわけで騎馬状態の紹介もしておきます。

アタックボタンで3連続攻撃が可能。
レバー後ろ+アタックで後ろ攻撃、レバーを下に入れてアタックし、更にレバーを左右どちらかに入れてアタックを押すことで敵を放り投げることができます。(黃忠以外)

アタックボタンを連打する事で前作における流星剣を出すことができます。
レバーを後ろ→前と入力してからボタンを押す(どちらのボタンでも良い)ことで彗星剣(前作の溜め斬り)を出すことができます。(敵がダウンする)

ジャンプボタンを押すことで単発の大振り攻撃が出ます。
下馬するにはレバー下+ジャンプボタン。(ジャンプボタンで彗星剣を出そうとすると降りてしまうことが多いので、基本的にはアタックボタンで出した方がいいです)
レバーを後ろに入れっぱなしにすることで向きを変える(変えつつ攻撃も繰り出している)ことができますが、レバー後ろ+ジャンプボタンで素早く振り向くことができます。

レバー斜め下+ジャンプでタックル。それに+アタックボタンで敵をダウンさせることのできる攻撃が出ます。
タックルだけの方が隙は少ないので、移動手段として利用するならタックルにしておきましょう。
ジャンプボタンを連打する事でタックルよりも長距離を移動するダッシュ攻撃が出せますが、隙もあるので基本的には馬を移動させる為の手段(画面外に消す為に移動させる)と思っておいたほうがいいでしょう。

基本的にこのゲームの馬は飾りです。殆どのキャラでは喰らい判定が大きくなるだけのマイナス要素しかありませんが、黃忠のみ違います。

連続攻撃は特にありませんが、流星剣が三連射となっています。徒歩状態より高い位置から発射されるため、より遠距離へ対しての攻撃が可能です。
彗星剣は火矢となっており、近寄ってきた敵をダウンさせて仕切り直すことができるためなかなか有用。他キャラの攻撃よりモーションも小さいため使いやすいです。
ジャンプボタン単発の大振り攻撃も、高速の矢が一発飛んでいくというもので、かなり遠距離まで飛ぶため牽制にももってこいの性能となっています。
黃忠を使用するなら馬も使いこなせた方がいいと思います。

それでは改めて1面を見ていきましょう。

まずは通称「雑魚」

白い頭巾を被り、身体は小さい。槍を持っている雑魚兵士。「馬」とか「妟」とかそんな名前。
単発攻撃の他、たまに武器を振り回してくることがあり、全部喰らうと結構なダメージになるので気をつけましょう。

次は通称「鎧」

雑魚よりも少し大柄な、鎧兜を着けた奴。「陳」とかそんな名前。
攻撃は雑魚と大差ないものの体力が多い。

このゲームでは、どんなに弱い雑魚敵でも壁に押しつけて攻撃をすると必ず反撃を喰らうので、しないようにしましょう。

敵を蹴散らしていけばすぐにボスが。
まずはボスと共に登場する敵から。

通称「弓(使い)」

白い服を着て赤い弓を持った敵。「呂」とか、そんな名前。遠距離では弓を使った射撃、近距離では弓で殴打してきますが、どちらの攻撃もなかなか厄介です。
遠距離の射撃はそこまで射程がないものの、こちらは基本的に黃忠以外射撃武器はありませんし、弾速は結構速いです。一応パンチで撃ち落とすこともできますが難しいので、素直に軸をずらしましょう。
殴打攻撃は掴みにいったときなどに不意に喰らうことがありますが、2~3ヒットすることがあり、ダメージも大きいです。

矢が届かない距離を保って射撃モードに入ったらわりと打ち続けてくれるときもあるので、そうなった場合はその間に他の敵の処理を。

通称「肉まん」

丸っこい奴。「宋」とか、そんな名前。多彩な攻撃を持ち、爆弾を投擲する、鈍器を投擲する、ショルダータックルをしたり、頭突き(エドモンド本田のスーパー頭突きよろしく突進してくる)をしたりする(射程距離は長い)。ただ、たまに爆弾を持ったまま自爆するものも。(それで死んだりする)

そして一面のボスは「李典」

こちらのキャラよりも大きく、槍を持っている。
主な攻撃は槍による突きと、ベガよろしくダブルニープレスをかましてくる。(一応地面に槍を突き立てているようにも見えるので、棒高跳びの要領で飛んでいる模様)
どのボスに対してもそうですが、基本的に真っ正面に立たないこと。

槍のリーチは長くこちらの攻撃は届きません。ですのでY軸をずらす事を心がけましょう。
ボス戦では孔明が「誘い込んで~」みたいなことをいいますが、後ろに下がっていくと松明のようなアイテムがあるのでそれを取ると火計が発動。ボスに数発当てることも可能です。

実はそれだけではなく、2面の背景が変化するのと、2面雑魚の体力が少しだけ減っているという追加効果があります。

李典には苦戦しないでしょう。次はカプコンゲーの伝統で2ボスが強いです。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA