御城プロジェクト:今週の攻略「赤き脅威と諏訪の浮城」前編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

メンテナンス後は、復刻イベント。
今回の復刻イベントは「赤き脅威と諏訪の浮城」です。

高島城がイベント配布されたイベントで、まだ駆け出しだった当時はかなり難しかった覚えがあります。

というわけで早速絶壱から攻略していきましょう。平城マップとなっています。
昨今のバランスからすれば、レベルがそれなりにあればそこまで苦労はしないかもしれません。
毎度のことではあるのですが編成と配置は参考程度にお願いします。

そして配置はこちら

ポイントとしては

  • シャンボール城の所と、山科本願寺の上にある蔵はよく狙われる
  • 右上(夏名古屋城がいるあたり)から来る敵にも警戒する
  • 左側をケアする人間が少なければ少ないほど楽になる

といったところ。

まずはアンボワーズ城、柳川城を配置します。が、アンボワーズ城の位置に置いた遠距離ユニットはかなり攻撃を受けます。
ですので山科本願寺の位置に歌舞を置いてフォローするか、厩橋城で隠れていますがそこにも赤マスがあるので、近接を配置して攻撃を逸らさないと(特に厩橋城の攻撃が)なかなかに危険です。

配置場所はアンボワーズ城の左下の青マスでもいいかもしれませんが、移動を開始する前の厩橋城の攻撃を受けると思われますので、気をつけましょう。
山科本願寺、シャンボール城も置きます。シャンボール城の後ろにある蔵はよく狙われますし、巨大化すると背後の湖を通過していく人魚型兜にもある程度ダメージを与えることができるので、槍を配置するのがいいのかなと思います。

画像で既に耐久の減っている蔵ですが、この後画像にいる金色騎馬に更に攻撃を受けます。ですので不安な場合はここにも近接を配置しますが、通路越しに攻撃ができるよう、射程のある槍などがいいかと思います。

左側の通路は序盤は槌兜などが出てきます。彼らは相変わらず殺意むき出しで蔵を叩きに行きますので、前掛かりにしない場合はシュノンソー城のトークンの位置や、蔵前にキャラを置いて迎撃する形になるでしょう。
そして、各近接ユニットですが赤マス間の幅が大きく、槍以外だと援護がほぼできません。

山科本願寺も巨大化します。最大まで巨大化すればアンボワーズ城まで回復が届きます。
殿前の近接、遠距離も適宜配置。中でもきついのが夏名古屋城が居る方面から次々と上陸してくる人魚型兜。
右下にある遠距離マスに配置して援護させようとしてもガンガン殴ってきますので、援護キャラを置くなら夏名古屋城はもう一歩湖側に置いた方がいいかもしれません。
量も少なくなく、結構苦戦します。

最終盤は厩橋城が移動を開始し、それらと間がなく金色騎馬が走り込んできます。長時間削るならば鈍足計略や夏名古屋城が持っているようなノックバック系の計略を使用するなどして時間を稼ぎつつダメージを与えて、最悪でも盾で受けられる程度まで数を減らしましょう。

画像にあるように金色騎馬は両側から来ます。
柳川城の位置に弩を置く場合はマルチロックの武器が欠かせませんので、それらが無い場合は蔵前に槍を配置するなどして手数(ダメージ)を稼いでおいた方がいいかと思います。

さすがに復刻の絶壱なら難易度はそれほどまででもありませんでした。さて次はどうでしょうか。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA