熊本一人飲み:11月編その2

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

三獅郎さんとお別れして、そのまままっすぐ向かって来ました。

今日のラストは蔵辺さんへ。看板を撮っていなかったか……高い場所にあって撮りづらいけど今度は撮っておかないとなあ。
入った所お客さんはわたしのみ。店主と(8月のことなども)色々とお話ししつつ。
今日はもう食えないので飲むだけ飲みに来ました。というわけで早速お酒の置いてある冷蔵スペースへ。

まずは備前雄町を使用した正雪からスタート。
日本酒を飲むときは同量の水を飲むことで長く、美味しく楽しめます。
飲み過ぎを防ぐため、急激なアルコールの回りを防ぐためにも是非お水と共にどうぞ。(後ろのコップに水)

さてさて次は……と、今回は一人で来ているのでちゃんと写真も撮っている。
飲みきれないほどあるんですが、今回は大分県杵築市のお酒、ちえびじんが充実していた。

折角なので何か飲もう……でも何から?

純米酒、純米吟醸……そして……

なんといってもレモンティー!ほんとにレモンティーみたいな味で驚く。
こういうのってどうやって作っているんでしょうね。
ちえびじんレモンティーを飲っていたら新たなお客さんが。
わたしとはほぼ反対側のテーブルに陣取った女性がお二人。
片方の人は日本酒初心者っぽい。そしてもう一人はかなりな酒飲みのようでいわば先生。

おつまみを持ってこられていたようで、乾き物からクリームチーズやら焼きそばに唐揚げと大量に投下。
色々と話しながら結果的に結構な量のおつまみを頂く。食べ終わってから大分経っていたし、少しくらいなら食べつつやるのもいい。

焼酎の話になって「森伊蔵ありますよ」と聞いたので早速森伊蔵を注いでくる。

薄めで割ってゆっくり頂く。もの凄く久し振りに飲んだような。
すると別口のお客さんが。
わりと年の行ったおじさんが3人。うち2人は遠出してきた方のようですが……

おじさん達とも少しだけ話しつつ次をいただこう。

熊本のお酒は常時ストックがあります。

で、気づいては居たんだがスルーしていたこれを飲もうかということで。

獺祭。まずは右の大吟醸50から。
次は等外を飲みますから。………等外というのはお米そのものは同じですが大きさの揃っていないお米をがりがりに削って作られた物。
ですので味は特に遜色も無く。

未開封だったので開けさせて頂く。ちなみに未開封のものでも基本的には開けて飲んでいいです。臆せずにどうぞ。
やっぱりどちらも美味しい。
さーて次はどいつだ?

ちなみにこのお店、飲み物も食べ物も全て持ち込みが自由。必要ならお店を出て買いに行っても構いません。
お店の前にはドンキホーテ、すぐ傍には勿論コンビニなんかも。
日本酒の苦手な方が缶酎ハイなどを持ち込んで飲まれる例もあるのだとか。
3階にあるのですが、階段には空き瓶が並んでいて(ディスプレイ)これもなかなかいい。

気になったのはこちらで

熊本のお米である「森のくまさん」を使用した銘柄。(熊が白くて飛んじゃっていますが)黒クマと白クマがあり、どちらも人気とのことで入手が難しいそう。機会があれば飲んでみたい所。

そして次はこちら!

これは何?と思われる方もいらっしゃると思いますが、こちらは「澤の花」という銘柄を作られている伴野酒造という酒蔵さんの「Beau Michelle」(ボー・ミッシェル)というお酒。
どこからどう見てもワインですが日本酒です。アルコール度数が9%と日本酒としては低いです。
アルコール度数が低いためかすっきりとしており飲んだ感想としても「これは日本酒かなあ」という感想を持つ方が多いでしょう。(わたしは過去にここで飲んだことがありますが、久し振りにいただきました)

色々飲んでいたらおじさん達は(時間の問題もあったのでしょうが)30分コースで撤退。
しかしその後もわたしと例の2人は飲み続け……
と、ここで(潰れていないとはいえタイミングは流石に覚えていません)店主さんからも差し入れが。
梅水晶というおつまみをご存じでしょうか。サメの軟骨を梅で和えてあるもので、こりこりの食感とさっぱり梅の味が美味しい。
わたしも知ってはいましたが食べる機会はなかなか無くて。ここに来ればあるのは知っているんですが、なんだかんだと食べた後でここに来ることが多いので、おつまみをオーダーした事が無いという。
かつお梅なんかも好きなんですけど、やっぱり梅のさっぱり味は口直しにもなるしお酒に合うなあ。

紀土も飲みました。値段だけを見れば、とてもお安い純米大吟醸。だからといって味が劣るというわけではありません。
しかしまあ、味というのは人次第なので。大したことないよという方もいるでしょう。そういうものだと思いますがわたしは好きですね。

うーんしかし

何を飲むのか迷うなあ。

鏡野は飲んだ気がするなあ。

三芳菊のラベルは可愛い。
そんなことを思っていたら店主さんの呼びかけで、3人で而今のにごりざけ生をいただくことに。混ぜる前と後でそれぞれいただきます。
なかなかに味が変わるものだよなと感心することしきり。おつまみも色々と分けて貰って、時間もいい感じ。
最初はそこまで長居をするつもりもなかったんですが、途中からは無理に早く上がる必要も無いかと開き直ってました。
ラストに

くらうでぃをいただいて本日は終了。ごちそうさまでした。
随分画像多めとなってしまった。それでは翌日。

【TVで紹介】梅水晶【700g】 うめすいしょう ウメスイショウ サメ軟骨梅肉和え 鮫 軟骨 梅肉和え ヤゲン軟骨 おつまみ 冷凍商品10000円以上で送料無料 あす楽対応

価格:3,100円
(2018/11/25 16:13時点)
感想(11件)

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA