御城プロジェクト:今週の攻略「討伐武将大兜!藤堂高虎」絶

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

メンテナンス後は、復刻イベント。
と、いうわけでまずは復刻イベントであります「討伐武将大兜!藤堂高虎」の方から攻略していきましょう。

当時のわたしの戦績は、後編の難しいがクリアできていなかった模様。
絶の普通もクリアできていませんでした。

流石に今回は絶も普通までなら特に問題なく。
難しいは城娘が出てきますのでちょっと大変な場面もありました。
ちなみに水城マップとなります。

ポイントとしては

  • ザコは兵士のみだが、それなりに性能が良い
  • 最序盤の動きは
  • それぞれの城娘を如何に攻略するか

といった所でしょうか。

編成はこちら

これを見ておわかりかと思いますが「ウェストミンスター宮殿」ありきの攻略となっております。
例によって参考までにご覧ください。
今回は遊撃要因として脇本城を使用。操作が忙しくなる場合があるので嫌いな人もいる(と思われる)撤退/再配置ですが、今回は大砲の対策なども兼ねて使用してみています。

そして配置はこちら

脇本城は転戦しますので、ここのみではありません。
それでは攻略していきましょう。

まずは中津城、柳川城、淀城を配置します。
その後はしばし静観。柳川城の気トークンを置き、気が60程になったらウェストミンスター宮殿を配置します。
すると当然初期配置されている今治城が攻撃してきますので、巨大化回復しつつ、攻撃範囲を広げます。
3回巨大化すると、特技の効果で今治城の攻撃範囲が狭まり、一方的に攻撃できるようになります。
後半の敵の攻撃に耐えるため、ウェストミンスター宮殿の巨大化は温存しておきましょう。

ここまで終わったら、人吉城、安平古堡、シャンボール城も配置してしまいます。

次は気に余裕を見つつ、中津城も巨大化。ただし中津城は刀を持ったザコに斬られますのでやや気をつけます。
実際にはもう1マス後ろに配置した方が現実的なのかも。
しかしこの位置に配置することによって、巨大化すると上の角にいるガトリングを持った兵士に攻撃が届くようになります。
ガトリング兵士を撃破したら、(死に体になったら配置してもいいでしょう)旗(今治城のトークン)を撃破するために、脇本城を配置します。
敵兵に攻撃を受けますが巨大化で我慢しつつ攻撃し、最大化しましょう。

トークンを破壊したら(もしくは耐久がやばくなった)一旦任務完了。撤退して今度は淀城の並び、一番下側の近接マスに再配置しましょう。

理由は左下側の通路から来たザコが右に抜けていくため。序盤は安平古堡の巨大化をする余裕がないため、近接で抑えましょう。(中津城の攻撃は淀城側から来るザコに吸われてしまうので)ちなみに1体までなら逃しても平気です。(後半の画像にある程度は耐久が残ります)

1波目の最後に大和郡山城が出てきます。
角側に脇本城が居座っていた場合(施設や武器によっては掘り越しに攻撃ができるので悪くはありません)は、我慢してから撤退。
中津城の巨大化具合によって早くからダメージを稼ぐことができます。

2波目には、画像にあるように大洲城が出てきます。ですが、今回は何もすることなく鈴の攻撃のみで削りきりました。
問題は途中で登場する板島丸串城。
最初はウェストミンスター宮殿を狙います。基本的には淀城の計略をウェストミンスター宮殿に使用し、巨大化も併用して我慢します。
脇本城を差し込んで、数発(2発くらいか)耐えるのも有効です。淀城に大砲の攻撃が行った場合、爆風の巻き込みで蔵と中津城も攻撃を受けますので気をつけましょう。

気に余裕があるときに、安平古堡とシャンボール城は最大化しておきます。
人吉城もノーケアだと危ないので、1回は巨大化を。柳川城の攻撃範囲を広げるのも有効ですが安平古堡の攻撃が人吉城周辺まで届きますので、そちらを使用してもいいと思います。

最終盤。宇和島城が登場します。

こちらも例によって淀城計略と巨大化、脇本城を差し込んで我慢しましょう。シャンボール城の計略を使用して、移動速度を下げるのも手です。

実際にはもっとまともなプレイ方法もある筈なので(下の掘り越しに遠距離を置くとか)、試してみたい気もしますが霊鋼はあまり必要ないので周回する意欲は特にないというのが残念な所。
そしていまいち歌舞を配置するのに良い場所がない気もします。

ここ一年ほどで歌舞への待遇が変わったんでしょうか?
なかなか楽しいマップでした。ではでは。

愛媛 宇和島 芋焼酎 名門サカイ (黒麹)宇和海 1800ml

価格:2,138円
(2018/12/5 21:25時点)
感想(0件)

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA