ゲームする:朧村正 死狂攻略(権兵衛)

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

朧村正の死狂攻略をしていきます。

この記事ではDLC一揆編で使用する権兵衛です。
これを書いている時点では伊豆の魔窟「百鬼夜行」はクリアできていません。

基本的にレベルを上げきった状態でのプレイです。
取っていない特技その他は事前に記入します。

権兵衛は竹やり関係の特技、「連続突きを追加」と「溜め攻撃」を取得していません。
特技:秘奥「功徳」(全体攻撃時に霊力が完全回復)はくわに付けている事が多いです。
この特技が非常に有効で、プレイに困った場合はこの特技を習得してから攻略するといいでしょう。

本編親玉

鬼助編

黒猿
各種奥義は当てやすいですが、裏回りからのくわコンボなどでダメージを稼ぐのも有効です。
ジャンプからのプレスは例によって縄跳びの要領で回避しましょう。
手裏剣などは竹やり奥義の無敵で抜けるのも良いですが、無敵時間が切れた瞬間が危険なので気をつけます。

大百足は適当でもいけると思うので割愛します。

虎姫
通せんぼしている竹の柵は、竹やりのレバー入れ攻撃ですり抜けつつ移動可能です。
攻撃ボタンの押しっぱなしで虎姫の矢によるダメージキャンセルにも対応。
特技:秘奥「功徳」(全体攻撃時に霊力が完全回復)を持っていれば、かまの奥義を使って攻めていけるでしょう。
場合によってはお手玉も可能です。

小夜
基本的には、竹やりでインファイトします。ですが、お札はかまの奥義でまとめて消しておきましょう。
法螺貝殴りによる霊力の消費が大きいので、なるべくくらわないようにします。
烏に乗ったときはかまの奥義で撃墜。
基本的にお札をきちんと消していればそこまで苦労はしないかと思います。

土蜘蛛
基本的には例のセット(かま奥義→切り替え回復)でかなりいけます。
ダウンした場合は竹やりの奥義かくわのため攻撃で。
糸を吐きまくってくると切り替えのタイミングがシビアになりますがとりあえず攻撃ボタン押しっぱなしで様子を見るといいでしょう。

血狂毘沙門
こちらも例によって例のセットでいけますが、意外と画面中を動き回るため、かまの奥義が空振りする事も。
竹やりの奥義も有効なので絡めて使っていきましょう。

龍神
攻撃が激しいため、例のセットを使用した方が無難です。つなぎの場合はくわで空中攻撃をした方がいいと思います。
竹やりはあまり出番がないかも。

狗神徳川綱吉
人間体の時は各武器の通常攻撃で押した方がいいかもしれません。竹やりは奥義も使えます。かまの奥義はあまりヒット数が稼げなかったり、ボスが移動しまくるので思ったようにヒットさせるのが難しいかも。

変身後は例のセットで比較的安全に撃破できますが、全画面攻撃をしてくるときに霊力が残っていないと危険なので、やや余裕を持った運用を。

百姫編

青坊主
例によって後ろから攻撃します。
大して強くないので割愛。

輪入道
後ろから攻撃する事を心がければ問題は無いはずです。
例のセットで攻撃する場合も後ろから攻撃しましょう。

雪之丞
権兵衛は刀折りは結構得意です。
基本的にはセオリー通りに刀を折ってくわで耕したり、竹やりでつんつんしたり。
空中コンボはやや癖がありますが、くわなどできちんと決められればダメージが稼げます。かまの奥義は浮いた雪之丞をお手玉するのに使っていくのがいいでしょう。
ボイスが聞こえたら攻撃ボタン押しっぱなしというのはどのキャラでも基本です。

一本だたら
足モードにかまで対応できるので案外楽です。
上半身モードでかまを投げる(奥義)と爆発する弾を撃ってきますので、堅実に立ち回る場合は他の武器ではじき返しましょう。


攻撃を受け付けない時間があるので、どうしてもまともに戦う必要があります。
キャラによっては苦戦すると思われるひっかき発狂モードですが、権兵衛の場合はかま奥義で簡単に撃退でき、かつ一気にダメージを与えるチャンスなので、狙い所を見極めましょう。

大鬼
セオリー通りなら頭に乗ってくわで耕す所なのですが、例のセットで行ったほうが結果的に事故死も減るような気がします。
味気ないですが。

雷神
基本的にかまで攻めます。
全体攻撃の回復が間に合えば例のセットで行きたい所なのですが、回復が間に合わない場合や、後半の眼前にワープ→電撃パンチのループに入ってしまった場合は竹やり奥義の出番が来るでしょう。

不動明王
例によって「岩」に気をつけてください。結界箇所の破壊にはくわがいいんでしょうか。
かまを使用すれば2体同時に撃破するのも楽です。

魔窟

武蔵
僧兵大量。
基本的に右端から動かずに例のセットで勝てます。
空中戦で戦えばまともに戦ってもそこまで難しくはないはず。

山城
忍者大量。
端に陣取ってかま奥義を中心に組み立て。
空中戦をするならばかま以外の武器で戦っていきましょう。

尾張
毛玉の親分が登場。
いつものセットで問題なし。
なくても武器の切り替えでいけるでしょう。

遠江
天狗大量。
ここも「功徳」があれば、かまの状態で左端に待機からスタートし、かまの奥義(若干左右に撃ち分ける必要あり)を使用して全体攻撃が可能になったら(かまの霊力が尽きかけたら)全体攻撃を使用して回復、のループだけで行く事も可能です。
天狗が数匹残った場合はかま以外で対処しましょう。

美濃
蛙が大量に登場。
例のセットが用意できるなら、左端から動かずに対応可能。
基本はかまですが、奥義のみだと流石に霊力が保たないので、通常投げも駆使していきましょう。
霊力がやばくなったら竹やりなどで凌ぐといいです。
仲間の攻撃が結構いい感じです。

三河
侍が登場。
人数が多いので刀を折るのも案外大変。溜め斬りも多少狙いますが、全体攻撃とくわのため攻撃で押して行った方がいいかと思います。
敵の刀が折れていれば竹やり奥義でも削れます。無理にジャンプ攻撃を入れなくてもいいかもしれません。

飛騨
雪女大量の魔窟。
敵が強くないのである程度いい加減でも勝てると思います。

相模
青坊主3体の後に毛玉、疫病神と戦う事になります。
青坊主は後ろから攻撃していくのがセオリーなんですが、手前の1体目の背後を取ろうとすると他の2体も出てきてしまうので、敢えて正面から戦ってもいいかもしれません。
その場合は竹やりの奥義など、無敵時間の長い攻撃を軸に攻めていきましょう。

伊賀
黒猿4体が登場。
とにかくかま投げ!……というわけにもいかないので、ある程度は竹やり奥義の無敵でスルー(しつつ攻撃)することになると思います。
例のセットは勿論有効。竹やり&かまで基本的には削りきれると思います。

甲斐
イノシシとキジが登場。
運が悪いと死にまくるのでストレスが溜まるかもしれませんが、まずはかまからスタート。
端に向かって奥義と水平投げで近くに居る方のイノシシとキジを撃破します。
地上は逆側から突進してくるイノシシがいますが、突進を喰らってしまうと霊力をかなり削られてしまうのでジャンプでかわすか竹やり奥義で迎撃しましょう。
キジが鬱陶しいですが、くわと竹やりのジャンプ攻撃で。
例のセットで霊力を回復しつつ戦っていきましょう。

大和
忍者大量と雪之丞が登場。
忍者が白い上忍なので気をつけて戦います。撃破後に爆発するので注意。
基本は例によって端を陣取ってかまで戦いますが、奥義のみではなく通常攻撃の水平投げも有効です。全体攻撃可能になったら例のセットで回復しつつ戦いましょう。忍者相手なら竹やりでもくわでも戦えると思います。
雪之丞はとにかく取り巻きの撃破を優先して、タイマン(こっちは3人かもしれませんが)に持ち込みましょう。
乱戦でのかま投げである程度は削れているかも。普通通りに戦えば問題はありません。
最後まで来て死ぬと萎えますが、頑張って撃破しましょう。

伊勢
大百足は弱いです。
各種奥義で撃破します。霊力にはさして困らないと思います。

駿河
龍神が2体登場。
例のセットで行きたい所なのですが、回復が間に合いません。
ですのでここは霊力回復アイテムを使って強引に突破した方がいいかもしれません。
個人的に苦手というのもありますが攻撃が激しいので最低でも1体はなるべく迅速な撃破を。

近江
小鬼→赤鬼青鬼→牛頭馬頭→赤青牛馬と登場する。
くわの溜め攻撃(溜めきりまで持っていく)のがなかなか有効。ひるみや吹き飛びに耐性のある鬼や牛頭馬頭ですが、くわのため攻撃なら比較的容易にひるませることができます。
ダウン中の敵にも当たるため気兼ねなく振っていけます。敵が後ろから来たら攻撃に合わせて奥義を撃ち、無敵でスルーして敵をまとめましょう。

信濃
鉄砲隊、亡霊武者、凧乗り忍者との雑魚戦後、血狂毘沙門3体と戦う魔窟。
前半の鉄砲隊をどの様に捌くかです。開幕は端からかまの奥義で削り、竹やりの無敵などで撃破していきます。
移動する場合は竹やりやくわの空中ダッシュを使用する方が安全です。
血狂毘沙門はかま奥義の多段ヒットと竹やり奥義の無敵で凌いでごり押しした方が安全です。

伊豆
永遠に攻略中…たが、鬼助と百姫は奥義を使用してくるため危険が……
まあ、そこに辿り着くのも大変なんですけどね。

【限定販売】朧村正 弓弦葉 アクリルスタンドキーホルダー[フレア]《発売済・在庫品》

価格:1,080円
(2019/1/12 18:35時点)
感想(0件)

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA