御城プロジェクト:今週の攻略「第四回名城番付」前編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

メンテナンス後は、新イベント。

というわけで新規イベントはまさかの(?)人気投票イベント、「第四回名城番付」です。

前回の人気投票イベントから半年くらい経っているよう。
それまでに新規の方も増えているからか、今回は第二回の人気投票マップも復刻されている模様。いいなあ。
わたしはと言えばクリア報酬だけなら前回で全てさらっているので、改めて過去マップに手を出す必要はないのですが、闇鍋状態とはいえ過去のイベント城娘を手に入れるためにはそちらを周回することもあるでしょう。

投票権を得るための効率は変わらないため、ドロップ対象の少ない(=闇鍋度の低い)過去のマップの方がいいのかもしれません。(過去マップでも新しい城娘がドロップするのかは調べていませんので解りません、悪しからず)

今回はとりあえず?最高難易度である「乙女達の合戦場」をプレイしていきましょう。

普通でお試し

どの前衛を置いて後ろから援護をするか……
中央付近で迎え撃ってもいけそうではありました。

盾を使わず、遠距離を並べるのはどうだろう。
盾で抑える場合、3キャラ必要になってきます。(一番先頭(左のマス)で抑える場合を除く)
城娘達はある程度蛇行して移動するため、真ん中1体だけだと盾に引っかからないようになっています。

後ろでディフェンスした方が守りやすいのかなあ。
普通クリア後に色々見ていたらwikiのコメントも参考にして下記のように。

というわけでポイントですが

  • 登場する敵が少ない=敵撃破で得られる気も少ない
  • 槌持ち城娘の範囲攻撃に気をつけよう
  • 遠距離城娘もいるので配置順はきちんと

といったところです。
というわけで編成はこちら

そして配置はこのようになりました。

七尾城は山中城の上に配置していました。
しかしこのマップ。正直に言えばわたしのやり方ですとマスの都合上6体の方がプレイしやすいです。
ですが経験値が勿体ないので七尾城と浦添城を入れています。

まずは石山御坊、岩殿山城、高取城、柳川城、春日山城を配置します。
初期の気はまあまあ多いのでそれなりに配置できると思います。
浦添城を最後まで引っ込めたくない場合は、春日山城より先に浦添城を置いた方がいいです。(ラストに出てくる墨俣城に撃ち殺されます)

次に七尾城と山中城を配置しますが、七尾城は尼崎城の範囲攻撃による巻き込みが痛いのですぐに撤退する羽目になるでしょう。
使える気が少ないため、基本的には石山御坊と山中城に気を回すのみです。
石山御坊は巨大化しないと山中城まで回復が届きません。

岩殿山城の計略は、高崎城と松倉城が出撃したときに使用しましょう。そうすれば墨俣城と宇土古城(と佐土原城)が登場したときに再使用できます。

回復範囲が届く前でも、山中城を強化するのはありです。殲滅力がないと抜けられてしまうので、巨大化の方が安い場合は山中城の巨大化を優先しましょう。
岩櫃城と松阪城辺りが地味に大変で、結構抜けてきます。
山中城の殲滅力が足りないと感じたら浦添城の計略を投げて援護するといいです。

最終盤には、先の墨俣城、宇土古城、佐土原城が登場してきます。
岩殿山城の計略をかけると、宇土古城は墨俣城が倒してくれるでしょう。
佐土原城はなかなか強いです。春日山城が例によって範囲攻撃に巻き込まれますので、撤退しても良いでしょう。

前回の人気投票のマップも、最後のマップは人数が少ない方がやりやすかったなあというのを思い出しました。

闇鍋回るぞー!おー!

これはあれか、登録武将の作成に安土城と彦根城の顔グラフィックが使えるということかな?

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA