御城プロジェクト:今週の攻略「天下統一:来草入湯~上野~」

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

天下統一も大分追いつきました。

今回は47話を進めていきしょう。

大分難しくなってきましたし例によって普通から練っていきます。

どんな感じに各方面に対応したものか……
右上から金色騎馬がくるのでとりあえず盾。

鞭兜が倒せない……ヒットマンとして姫路城を入れてみたり……
しかも盾で受けていたら最後の象兜でどうしようもなくなったので拳ユニットを投入。
騎馬兜が止まらず殿まで行ったので……三原城が居ればいいんじゃないか?

しかしこれは手が足りないのでは?

とまあご覧のように上からの敵をトークンで守るという強引な手で普通をクリア。
しかしこれは難しいでは不可能だろうということで……

辿り着いた編成はこちら

配置はこのようになりました。

ポイントとしては

  • 鞭兜は近接で受けない
  • 最初は良くてもラストで変わることも。配置順には注意
  • 城娘次第で先に最大化を

といったところです。それでは始めていきましょう。

まずは……弘前城を配置します。そして大坂城、鹿野城と配置したいのですが、最後の最後で烏賊兜が大量に現れます。お湯のレールを使って池(温泉)に飛び込み、鹿野城方面から来るわけなのですが、当然ながら奴らの攻撃は遠距離攻撃。姫路城を後で配置すると攻撃が全てそちらへ行ってしまいます。
実際わたしがプレイしたときはそうなってしまって大変でした。(大坂城の回復とトークンで逸らしたのでなんとかいけた)
ですので姫路城の位置に遠距離を配置する場合は必ず先に配置し、耐久力に不安がある場合は鹿野城ではなく他の城娘の方がいいかもしれません。

問題は初期気が少ないこと。早く気トークン持ちを置きたい所なのですが……
ですのでここは、弘前城、大坂城と置いたら先に首里城を配置してから(序盤は首里城の方へ敵が行くので)姫路城、鹿野城と配置した方が良いのではないかと思います。
ちなみに鹿野城、巨大化すると上の通路を通る敵に横槍を入れられるのでおすすめです。
右側は最初は敵が来ませんので、配置は後でもいいです。

弘前城の位置は、大坂城の回復が届くためか割と安全。先に最大化してしまっていいです。
三原城、成都城も配置していきましょう。盛岡城は敵が来てからでもいいと思います。

次に大坂城を巨大化して範囲を広げ、弘前城まで範囲に収めましょう。
首里城は危なければ巨大化で回復を。ちなみに大坂城自身もある程度攻撃に晒されます。

次は成都城を最大化していきます。大坂城の回復は届きませんが単騎でもやれます。
むしろ攻撃力が足りずに敵を後逸することの方がまずいので、しっかりと強化を。
三原城も最大化します。意外と重要で、快速で抜けてくる金色騎馬に対して特技の敵速度低下がかなり有効でした。
下側からも結構な量の敵が来ますのでマルチロックできる武器を持たせた方がいいです。

それらの巨大化が終わったら姫路城を巨大化していきますが、かなりの気を消費するので、鞭兜が下から登場する(3波目終了)までに最大化を完了するのは難しいと思います。

特に危険なのが1体目の鞭兜で、最短距離で盛岡城までやってきます。姫路城自身に計略をかけて速射しましょう。
飛行兜が他にもいてなかなか厄介です。
最終盤にも2体鞭兜が来ますが、こちらは成都城の方へ向かって行きますので、姫路城の攻撃範囲外へ出てしまったとしても、三原城がそれなりにダメージを稼いでくれます。ここでも速度低下特技が光りました。

成都城なら(勿論レベル次第ですが)1回なら鞭兜の攻撃にも耐えられるかもしれませんが、三原城も攻撃範囲に入ってしまう可能性があるので要注意です。
わたしは成都城のトークンを差し込んだりして時間を稼ぎました。

なかなか大変でしたがもっといい攻略法も勿論あると思います。
(これを書いていてもっといろんなやりようがあったなと思うので)

天下統一はまだ続きます。ではでは。

平山だったけど使わなかった彦根城。使っていればもっと楽だったろう……

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA