御城プロジェクト:今週の攻略「討伐武将大兜!山県昌景」

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

今週は妖怪の新規イベントと、復刻イベントが登場。

「討伐武将大兜!山県昌景」が復刻しています。
山県昌景といえば武神降臨でギリギリの戦いをしたのが懐かしいです。
ただ、絶のシナリオには昌景自身は出てこず、城娘と兵士を相手としたバトルになります。

それではポイントから。今回のマップは水城マップとなっています。

  • 竹束をどうするか
  • 飛び道具には要注意
  • 早くこっちに来なさい

といったところです。

まずは編成なのですが、その前に。
このステージでは竹束が大量に配置されているのですが、この竹束、新宮城の時にいた黒兎と同様に遠距離攻撃を引きつける性質を持っていて、案外硬いのが特徴です。
有効な青マスも少なく、遠距離城娘は使いづらいマップと言えると思います。

では改めて編成

このような感じ……長門指月城はミスで入っていただけなのですが、結果的にはクリア(実質7キャラで)できました。

配置はこのようになります。

遠距離城娘のメインは鈴と歌舞。今回は水属性のみ、そして当然ですが気トークンは無しという編成になっています。
臼杵城を使おうとも思ったのですが、使いやすい青マスが無いので諦めました。

負担がかかるのは人吉城です。今回はなんとか巨大化のみで凌ぎました。
まずはウェストミンスター宮殿と人吉城、アンボワーズ城と伊勢長島城を配置します。

回せる気は少ないのですがウェストミンスター宮殿は2度ほど巨大化した方がいいと思います。
人吉城は、右側から画面下を経由してくる敵の全てを引きつけることになりますので無駄な巨大化をしないようにした方がいいです。

次は近接の城娘達を配置していきましょう。シャンボール城、大垣城、淀城(の順番)です。
この配置順には勿論意味があり、後半に登場する鉄砲城娘の攻撃を淀城に引きつけて貰うためとなっています。(槌のどちらかであればいいとは思います)

伊勢長島城、アンボワーズ城も巨大化していきますが、シャンボール城などが居る場合はそちらを先に最大化して敵の攻撃力を下げた方が安定するかもしれません。
ただし、伊勢長島城、アンボワーズ城共に兵士からの直接攻撃を受けますのでその点は注意を。

2波目になると上側からも雑魚が登場、アンボワーズ城を最大化することでダメージを与え、自身の大破も防げます。
きちんと巨大化を行うことで伊勢長島城の回復も届くはずなのでそちらも利用しましょう。

今回は敵として新府城、岩櫃城、長浜城、長篠城が登場しますが、まず気をつけるのは岩櫃城です。
計略である岩を落としながら歩いて行きます。
移動速度自体が案外早く(感じた)、殲滅力が足りないと中央の十字路を抜けられてしまって蔵などにも岩を落とされてしまいます。

ですので火力アップの計略でブーストするか、移動速度低下の計略で鈍足化して十字路にいる間に倒しましょう。
次に気をつけるのは長浜城。画像にもいますが後半にすぐ傍の崖から飛び降り、大垣城方面から向かって来ます。
この時に鉄砲持ち雑魚も結構な数が居り、気をつけないと大垣城が落とされてしまいます。今回の配置順の場合は、しばらく耐えて歩かせれば淀城を攻撃するようになりますので、巨大化して我慢するといいと思います。

そして長篠城ですが、淀城の右上の洞窟から現れます。が、すぐにはこちらへ向かってきません。(竹束達が一斉に退却した後くらいに来る?)実際にはもう一マス上の赤マスに近接を配置することで攻撃できるのかなとは思いますが。

今回はアンボワーズ城の攻撃で削り、あとはひたすら耐えました。
ここで右ばかり見ていると左側の人吉城が落とされてしまうので、目を離さないようにしましょう。
鉄砲を持っている兵士に要注意です。

長門指月城ですが……この時は下の方にポンと置いてすぐに撤退させました。
下側の蔵は基本的に攻撃を受けないので放っておいても平気です。ですが城娘を置くと攻撃を受けるかもしれませんので、気をつけて。

と、いうわけで流石に復刻、そこまで苦労はせずにクリアできました。ちなみに初回時も普通の戦功まではきちんと取っていた模様。

その後のやり直し時には……

丸山城を入れました。
やることは特に変わりませんね。
ウェストミンスター宮殿を一番上の竹束の右に配置し、高島城辺りをウェストミンスター宮殿と交代しても面白いかもしれません。気が足りないかなとは思いますが……

今週はどのゲームもほぼ同時にイベント開始で忙しい感じ……例によってそれなりにプレイしていきたいと思います。ではでは。

グッズは少ないのう

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA