御城プロジェクト:「天下統一:粋狂の焔 ~大和~」月次任務編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

月次任務では、規定マップを各所属の城娘でクリアする事が条件となっていますが、基本的に比較的前半に登場する簡単なマップと、そこから更にストーリーが進んだ後の難しいマップが攻略対象になっています。

今回は近畿の城娘を使用して攻略することが条件のマップをプレイしていきましょう。
基本的に難しいでの攻略を行っていきます。

地形としては平城マップなのですが、出撃可能なのは「近畿の城娘限定」ということになりますので、地形一致で出撃するのは難しいかと思います。

さて我が所領の近畿の娘さん達はどの様な感じかといいますと……(レア度低い順)

このような感じ。
この中から選抜して結果的にこのような編成になりました。

ポイントとしては

  • 最序盤をどう展開するか
  • 相撲は事前に。誰で倒す?
  • 後半の攻撃をどう凌ぐか

といったところです。

さて試そう……
最初は坂本城を使ってみました。

これは、右上の森から出てきた槌兜が蔵を破壊してしまったのでやり直し。
(実際は蔵の有無は月次任務には関係ありませんが、とりあえず蔵も守る方向ですすめます)

それなら柳生城でガードすればいいじゃない。
坂本城は弓兜の迎撃がしづらかったので弓隊を投入。
そうしたら後半押し負け(柳生城も多聞山城も落とされた)てしまったので、これは左右の守備をコンバート。
というわけで最終的な配置はこのようになりました。

ちなみにこのやり方ですと相撲兜を彦根城と根来城で撃破することになりますが、後半は槍ユニットの耐久のなさが響いてけっこうしんどいです。
今回はトークンと柳生城の障壁で耐えていますので、それら(観音寺城と柳生城)がいない場合は相撲を撃破する係を変えた方が良いでしょう。

最序盤は手前の角を小谷城の方へ向かって鹿がずらずらと歩いて行きます。
根来城と彦根城を配置しますが、巨大化しない限り相撲に吸われることはありませんので、いきなりは巨大化せずに雑魚の削り役になりましょう。

多聞山城、小谷城を配置します。鹿の数が大量なため、小谷城はかなり大変です。大破しないように巨大化しましょう。最大化してしまう可能性もあります。

観音寺城はマルチロックの武器を装備して戦いましょう。
鹿の撃ちもらしを撃破するために、早めに配置したい所です。

鹿の流れが落ち着いてきたら彦根城を巨大化し、相撲兜を攻撃開始。根来城も参加して1体を早めに撃破できるといいと思います。
明石城、淀城、柳生城も配置します。その次は彦根城を最大化するか、多聞山城を巨大化していくかです。
彦根城の特技は強力ですが、当然ながら最大化してしまうと巨大化回復ができないため注意が必要です。

明石城も1度は巨大化しておいて火力の確保を。
全員それなりの攻撃に晒されますので最大化しまくるのは危険です。(明石城も大砲兜などに撃たれる。地形不一致の大砲につき気が重たいため注意)
観音寺城のトークンは画像のとおり、柳生城の後ろと、法術兜などが出てきたときに彦根城側の援護として配置します。
根来城の僧兵でも一瞬は防げます。
柳生城の障壁はダメージ限界だけでなく時間制限もあり、攻撃を受ける直前に展開しないと無駄になることがありますので注意しましょう。

3波目の後半辺りからかなりきつくなり、左と上から法術兜、下からは大砲兜も現れます。
彦根城や根来城も結構危なくなるので、ここが耐えられない感じの場合は相撲兜の撃破は刀城娘に任せた方がよいでしょう。
千手観音を彦根城等の所に置いて攻撃を受けて貰う場合はこの辺りからお願いしましょう。

最後の象もなかなか大変です。
柳生城の位置にいる城娘の負担は当然ながら大きいです。わたしは淀城の計略で乗り切りました。

さて、刀城娘に相撲を撃破して貰う場合ですが……

こんな感じに配置。
小谷城をoutして津城をin。受け持ちを交代しました。
柳生城には長巻を装備して貰いましたが、山属性だからか最大化しないと遠い方の相撲には届きません。
レベルが低いため試していませんが平山の城娘でも届くのかなあ。平城なら最大化しなくても届くようなのですが。
(単に以前の動画を見て届いていたというだけなので、仕様変更で届かなくなっているかもしれませんが)

ラッシュが来ると大変ではありますが槍よりは流石に耐えやすいですね。
障壁は使わず、千手観音に攻撃を引きつけて貰うだけでなんとかなりました。

大変な場合は蔵は見捨てるのも手ですし、難易度を難しいにする必要もありません。
自分に合ったやり方で任務をこなしてみて下さい。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA