ゲームする:朧村正 死狂攻略(お恋)

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

朧村正の死狂攻略をしていきます。

この記事ではDLC化猫編で使用するお恋と三毛です。
これを書いている時点では伊豆の魔窟「百鬼夜行」はクリアできていません。

基本的にレベルを上げきった状態でのプレイです。
取っていない特技その他は事前に記入します。

奥義の性能的な問題なのですが、基本的にゴリ押し戦法という物がなく正面から戦うことになります。
三毛は奥義中の無敵(正確には最大まで鬼火を溜めて地上で奥義を発動すれば、無敵時間の長い猫乱舞が出ますが、ダメージソースとしてはやや心許ない?)すらないので全キャラ通してもきつい方かもしれません。

鍛錬で最後に覚えるのは秘奥「無動」。地上での受け流し状態の時に霊力が減らないというもの。
要は地上でのガード時は無敵、とかなり良さそうなのですが……
例を出していえば、黒猿のジャンプ攻撃をガードした場合だと、衝撃波で押されて空中に打ち上げられてしまって無動の効果が切れてしまいます。
通用する敵としない敵がいるのでその見極めが重要になります。
「天花」などでダッシュ回数を増やした方がいいかもしれません。
三毛には基本的には必殺の刃をつけていますが親玉戦では付け替えましょう。

本編親玉

鬼助編

黒猿
後ろに回ってざくざくと攻撃。
繰り出してくる手裏剣に気をつけて戦うしかありません。
浮きづらく、身体が大きい割にコンボは決めづらい気がします。
地上戦のみでもいけるとは思います。

大百足は適当でもいけると思うので割愛します。

虎姫
どちらでも戦えますが、追いかけるときは三毛の方が竹束を避けやすい(緊急回避でスルーする場合は、隙が少ないので)です。
お恋だと終わりの硬直がちょっと気になるかも。ジャンプで追いかける場合は□を押しっぱなしにしておくのを忘れずに。
空中ダッシュでダメージを稼いでいくスタイルのお恋とはあまり相性が良くないかもしれません。

小夜
基本的に正攻法で戦うしかないです。お札をきちんと撃墜しつつ攻撃します。
小夜は小さいため攻撃が当てづらく、動き回るため鬼火などは特に当てづらいです。
発狂状態まで化身を残しておき、最後は押し切るといいでしょう。

土蜘蛛
お恋のみでも撃破できます。天花をつけて空中攻撃メインということになりますが、通常時に攻撃を当てると小蜘蛛が出てきます。
事故死の確率が上がりますが、素早く撃破したい場合は攻撃していくほかありません。
小蜘蛛の数が増えてきたら全体攻撃で一掃し、撃破しましょう。残った小蜘蛛はダッシュ攻撃などで撃破します。
土蜘蛛の糸吐きに対しての対処は□を押しっぱなしにする事になるわけですが、小蜘蛛に捕まってしまう(針を刺されて即死、投げ攻撃扱い)ことがありますので注意が必要です。
糸吐きの予備動作(足を伸ばして溜める感じ)を覚えるのがいいでしょう。
下に落ちたらたたみかけましょう。ただし、髑髏から出てくる人魂には注意です。

血狂毘沙門
魔窟のものよりは体力が多いので、大変な場合は無動をつけるなどしましょう。
魔窟に出てくる物も同様ですが地上を軍勢が走ってくる技を受けると空中に持ち上げられます(ガード状態で)。
一体の時はあまり危険ではありませんが一応注意を。

龍神
体力が多いせいか、後半は暗転後の無敵攻撃を使用する率が高くなり、運が悪いとそればかり出してきて全く攻撃ができないこともあります。
ですので後半(最後のゲージ)は早めに化身して削っていった方がいいかもしれません。
魔窟でもそうですが、基本的に空中攻撃で頭周辺を狙っていくことになるため天花が有効。お恋の空中攻撃は強いため十分押していけますが、噛みつき(一旦首を引いて溜める感じの動作から繰り出す)をガードしてしまうと大きく霊力をが削られてしまうので気をつけましょう。
三毛も空中からのばらまき弾が自在に撃てるならばそれなりに戦っていけます。
どちらのキャラを使用しているときも、着地地点に炎(地を這っていくタイプ)があると高確率で霊力を削られてやられますので注意が必要です。

狗神徳川綱吉
綱吉状態の時には基本的に問題はありません。ちょこまかと飛び回ってガンガン攻撃を叩き込むことができます。
基本的にお恋のみで攻略可能ですが、霊力が危なくなったら三毛に凌いで貰いましょう。
狗神化した後は、基本的に真っ向から戦うことになります。無動を装備した状態で全画面攻撃を受けると押されると配置されている黒い穴(近づくと攻撃が出てくる奴)に浮かされてしまい、全画面攻撃で霊力が削られて死亡します。
ですので無動に頼らず奥義で抜けるなど、基本に立ち返った戦法が有効です。

百姫編

青坊主
基本的に後ろから攻撃します。
動きを止めて溜めるような状態になったら少し離れて様子を見ると良いでしょう。
距離を取り過ぎると独鈷を投げて火柱攻撃をしてきますのでなるべく近くにいた方がいいですが、独鈷(5個中3個位?)をはじき返すことができれば青坊主に命中して大きな隙ができますので、狙ってみるのもいいかもしれません。

雪之丞
溜め攻撃で刀を折りに行きたいのですが、お恋のため攻撃の出の遅さもあって結構かわされます。(裏に回られる)
無動があれば何をガードしてもいいので楽勝です。
戦い方としては基本通りに剣を折ってコンボを入れていくのみ。
雪之丞の声が聞こえたら□ボタンを押しっぱなしにするのを忘れずに。

一本だたら
基本はセオリー通りに戦います。
上半身と戦うときは端に寄って上攻撃で弾を撃ち返す。手を振り上げたら手の攻撃を避ける。の繰り返しです。
足と戦うときに無動があると事故死が減りますが、無くても問題は無いだろうと思います。


無動があれば楽ちん、と思いきや……確かに基本的には楽になるんですが竜巻攻撃に巻き込まれると上空に持ち上げられるため、霊力が切れて昇天、という事になります。
ただそれ以外の行動に対してはかなり安定するため無動を使うのもいいかとは思います。ただし竜巻攻撃への対策として、ある程度距離を取って戦った方がいいでしょう。
普通に戦っても問題は無く、どの様な戦い方をするにせよ攻撃チャンスが少ないので攻撃力を上げて戦うというのも手だと思います。

大鬼
案外やりづらいです。
まともに戦うしかないので時間がかかります。
発見されてからの攻撃に化身を合わせても(相手が無敵状態のため)効果が無く、時間のかかる一因にも。
攻撃力アップをつけて戦った方が早そうです。

雷神
あまり地上に降りてこないため無動はたまにしか効果を発揮しません。
後半の眼前にワープ→ストレートの流れでは役立つかもしれませんが、そもそもそのモードになっているときは雷神の背後に緊急回避して攻撃を叩き込んだ方が効率がいいのであまり意味は無いのかも。

不動明王
例によって一番の敵は上から降ってくる「岩」です。死狂なので事故死率は上がりますので気をつけましょう。
恐らくどのキャラでも大して攻略法は変わらないでしょう。

魔窟

山城
忍者大量の魔窟。必殺の刃が効くのでオススメです。
地上だと斬りつけが結構危険なので空中戦がいいです。
新しい集団が降ってくるときの手裏剣に注意。

大和
忍者大量と雪之丞が登場。
大量に登場する忍者が白い上忍なのが難易度を上げています。
必殺の刃を装備した三毛がハマります。空中からの鬼火攻撃をメインで。かなり雑魚の数を減らせます。地上で戦うと敵の数が多いときは一気に押し込まれてしまうので基本的には空中で戦いますが、鎖鎌を振り回す雑魚には気をつけてください。時にはお恋以上に役立ってくれる事も。
お恋には「無動」を採用。理由は雪之丞に空中コンボがやや入れづらいためと、上忍の攻撃がかなり霊力を削ってくるため。
雪之丞が登場したらお恋で化身し、雑魚を優先して撃破。雪之丞と一対一で戦えるようにしましょう。
雪之丞自体はボスで登場した物と変わりませんが、お恋に無動が付いていればガードを固めて溜め斬りで刀を折りに行けるので安定すると思います。

尾張
毛玉の親分が登場。
紫弾を交えたラッシュ→帯電タックル→毒捲きのパターンでループします。
毒を気にしなくてもいいぶん、死狂の方が戦いやすいかもしれません。
帯電タックルだけは気をつけて下さい。(無動でも持ち上げられてしまうので危険です)
縄跳びの容量で飛び越えましょう。

遠江
天狗大量。
正攻法で十分戦えます。開幕は敵を集めて上斬りからスタートしましょう。
風おこし?等をガードしてしまって霊力が減ったらスイッチ。必殺の刃が効くので三毛でも貢献できます。
「天花」などをつけておき危険になったら上空へ退避するのもよし。
天狗は対地攻撃は強いですが、自分の上への攻撃はほぼありません。制空権を取ってみるのもいいでしょう。
それでも危なくなったら化身で攻撃。三毛の化身はやはり使いづらいのですが、体全体に攻撃判定があるのは悪くないです。
(でも使うならお恋から化け猫になった方がいいです)

近江
小鬼→赤鬼青鬼→牛頭馬頭→赤青牛馬と登場する。
無動をつけた状態で衝撃波をガードした場合でも、それだけで浮かされることは無いが、他と絡むと浮かされる事があるので、無動があっても過信せず保険と割り切ってセオリー通りに戦っていいと思います。
突進や飛びかかりは問題なく防げるのでガードするといいですが、馬頭が掴み攻撃(振りほどけるが掴まれている間に他の敵の攻撃を喰らう可能性がある)を行ってくるため、ガードしすぎるのも危険な場合があります。
牛頭も掴んでくるのかな?よくわかりません。

伊勢
百足は余裕でしょう。

三河
基本的には溜め斬りで刀を折って戦うことになりますが、雪之丞と同じく(かわしてくるのも同じ)無動をつけていれば何をガードしても問題なくなるのでどうしても無理な場合は無動を手に入れてから行くと攻略しやすくなります。
ですが、溜め斬りのモーションに空中判定があるため(お恋、三毛どちらも)、そこに攻撃を合わせられた場合浮いてしまいます。

美濃
蛙大量。
三毛に「必殺の刃」(+装飾品も上乗せ)した状態で鬼火を溜めて空中から発射(全方位ばらまきor斜め下にウェーブ)して攻め立てましたが結構いけます。
地上での猫乱舞は見た感じ必殺の刃が乗っていなかった?ので空中から撃った方がいいと思います。無敵時間は長いですが蛙が殺到してきて危険というのもありますし。
お恋は霊力が切れたときのつなぎで登場。小さい蛙を一体残して霊力回復をした方がいいと思います。お恋なら逃げ回るのも簡単なので。
何にせよ無敵でゴリ押しできない場合は空中からの攻撃を視野に入れた方がいいです。
無動を使用するのもいいでしょう。

飛騨
雪女の魔窟。
簡単なため、ここから攻略することをおすすめします。

信濃
鉄砲隊、落ち武者部隊を相手にした後、血狂い毘沙門3体と戦います。
鉄砲隊の対処ができるかどうかで難易度が大幅に変わります。
ですがお恋の場合は「無動」がとても有効です。どうしてもクリアできない場合は無動をつけて挑むと、血狂い毘沙門まで全て対応できますが、ダッシュの暴発で空中に移動してしまうと危険なので、連続斬り→下斬りの連携で攻め立てていきましょう。

駿河
龍神が2体登場。
空中戦をしましょう。天花をつけてダッシュ攻撃、空中攻撃をメインに使用し、なるべく地上には降りないようにして左側の一体をとにかく撃破。三毛も鬼火が撃てるならば、斜め下に鬼火を投げる攻撃以外はなかなか有効です。最後は化け猫に化身して強引に撃破してもいいと思います。吐いてくる火(空中で炸裂するタイプの方)を跳ね返しつつひっかきのダメージが入るため、結構なダメージを稼げると思います。

武蔵
僧兵大量の魔窟。基本的には空中戦をしましょう。
地上にいる時間をなるべく短くすることで死亡率は減るかと思います。
必殺の刃なども有効なので、装備を取ってから来るのもいいでしょう。

百鬼夜行も無動があればそれなりにいけるとは思うのですがまだ攻略できていません。
できるのはいつの日か……

色が綺麗!

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA