思い出のゲーム:改造町人シュビビンマン2

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

ガワのみかソフトのみか、どちらもあったかと思ったんですが。

メサイヤより発売……ではなく、日本コンピュータシステムのブランドがメサイヤということなんですね。
つまり開発がメサイヤ、発売は日本コンピュータシステムという事になるみたいです。(Wikipedia調べ)

前作のシュビビンマンもプレイした事がありますが、初めてプレイしたのはこちらでした。
有り体な比較ですが前作と比べた場合、ゲームそのものにタイム制限があるものの独自に攻略ルートを選べたり、ショップで買い物をするなど、ある程度存在した自由度は撤廃されて、完全な横スクロールのアクション&シューティングとして作り直されています。

ゲームとしてはロックマンに近いですがロックマンほど複雑ではありません。
ステージクリア方式で分岐などはなく完全に一本道。ステージのスキップなどもできません。

任意スクロール(一部強制スクロールもあり)で、ステージボス(居ないステージもある)を撃破して進むという、オーソドックスなゲームです。

もの凄く難しいゲーム、というわけではありませんが、一部のステージは完全に横スクロールのシューティングゲームというステージがあり、自機の当たり判定が大きくかつ、スピードも一定なのでここを難しく感じる人はいるだろうと思います。

キャラクターは選択式。
魚屋(一心太助がモチーフなので魚屋のようだ)の青年太助と女子高生のキャピ子から自由な方を。

前作では通常攻撃時に剣を振り回していましたが、今作ではショットのみで攻撃。ボタンを押し続けることによって溜めショット(シュビビーム)を撃つことができる。

キャラによる性能差は少なく、1人プレイの時はアイテム「ビット」手に入れてを使用することで繰り出すことのできる超必殺技の違いのみ。

ですが2人プレイ以上だと少し違ってきます。
このゲームの特徴は2人同時プレイにあり、1人プレイよりも色々な意味で楽しむことができます。

片方ににシュビビームを当て、一定時間内にもう片方がシュビビームを撃つことで「協力シュビビーム」を発射。
どちらが受けて発射するかによってビームの性能が変化。
太助が(受けて)発射する事で直線的なビーム(見た目はビームっぽくない)が。
キャピ子が撃つことで拡散弾っぽいビームをそれぞれ発射します。

ただしいいことばかりではなく、最大の難点は「ライフが共用」ということ。
一人用と同様のライフを二人で使用。つまるところ「一人当たり半分のダメージしか受けられない」という事に。
シューティングステージなどでは苦戦するかもしれません。(シューティングステージでは協力シュビビームも使用不可)

ですがコンティニューは無限にできるのでご心配なく。
パスワードなどの中断要素がないのがネック。しかしまあ中断してまで遊ぶかと言われてもまた微妙。
分岐やルート選択、キャラクターのカスタマイズ要素などがあるのなら、あった方が良かったと思いますが。

キャラ的には、超必殺技で回復のできるキャピ子の方が使いやすいのかな。

アーカイブなどもありますので、今は気軽に遊べるかと思います。

【中古】PCエンジンHuカードソフト 改造町人シュビビンマン2 -新たなる敵-

価格:5,030円
(2019/3/13 22:38時点)
感想(1件)

高っ

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA