御城プロジェクト:今週の攻略「武神降臨!福島正則」

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

今回は武神降臨イベント。福島正則が相手です。

福島正則といえば単体攻撃主体で攻撃力が高いタイプの敵。
プレイ前から難しいという話を結構見かけていました。

というわけで時間が取れたので例によって普通から攻略。
山城マップとなっています。

それならということで、新しく手に入れた芥川山城を部隊に入れて使用してみました。
攻撃対象を増やせる計略を自身に使用できるのが強み。法術でマルチロックというのは初めてのキャラなんでしょうか。

武神化した正則が攻撃を受けると、移動速度が上昇するため放っておくとあっという間に殿の所まで行ってしまいます。
次はノックバック計略持ちを複数投入してプレイしてみることに。
歌舞は1人しか出せないならということで毎度の登場。大坂城を使用することに決めました。

備中松山城の牛がなかなか効いていましたね。

正則は上の通路をぐるっと回ってくるのですが、どうやら鈍足を入れないと辛そう、ということで試行錯誤……

さて、福島正則は隔離した方がいいという事を耳にしていたので、ノイシュヴァンシュタイン城を入れておいて隔離することにしました。
遠距離城娘の配置場所によっては正則の耐久を削ってしまってなかなか面倒でした。

しかし武神化した正則を撃破することができない……まだ普通ですよ?

それならばとメンバーを入れ替えて再チャレンジ。芥川山城はあまり意味が無かったので今回は休憩に。
上方面を厚めにして最終盤に備える形にしました。

と、いうわけで普通を攻略して難しいに挑みましたがかなり大変でした……

今回のポイントは

  • 序盤から明確な殺意
  • 殿の真後ろに何故マスがない
  • 正則を撃破するには

といったところです。

というわけで編成はこちら。

配置はこのようになりました。

今回はメンバーの改築が進んでいて、彦根城をついに改築。新田金山城も改築して臨みました。
右側で敵を抑える槌ユニットは、ノックバック計略を放棄。淀城なども使用しましたが結果的に山属性かつ、トークンを持っているということでフランケンシュタイン城を採用しました。
浜松城の計略を使用すると足止めができるようになるのもいいですね。

それては始めていきましょう。

まずは大坂城、新田金山城、姫路城、錦城、彦根城、浜松城、フランケンシュタイン城を順に配置。
大坂城を2回、新田金山城を1回巨大化します。
浜松城の計略ですが最初は勿論彦根城へ。次は錦城にかけてあげましょう。気トークンは画像の位置へ。この位置に置くことも意味があります。

というわけで1波目にいきなり最初の山場が来ます。画面右端で待機していた鉄砲騎馬が走り出し、殿裏の通路へ。
なんとこの鉄砲騎馬は3連射攻撃をしてきます。というわけで殿が2度攻撃を受けるとその時点で敗北が確定してしまいます。
というわけで鉄砲騎馬に猫トークンを撃たせて……その後一旦画面外へ消えますがすぐに錦城が撃たれます。1度の攻撃をフルヒットされると大破するため、巨大化を待機しておきましょう。合計2度撃たれる(鈍足化するため)ので2度回復しましょう。(ちょっとシビアですが)
その後はフランケンシュタイン城に攻撃が行くので問題は無いはずです。

2波目には大坂城を最大化していきます。浜松城の計略は大坂城→新田金山城または姫路城へ。最終的には全員にかける事になるでしょう。
そして初期配置されているがしゃどくろが移動してきます。こいつがなかなかの曲者で、この配置の場合は短い距離で耐久を2度削りきる必要があるため厄介です。ですので紫になったら錦城の計略を使用して撃破しましょう。
彦根城の後ろに大坂城のトークンを置くと巨大化しなくても行けるかもしれません。

3波目になったら、すぐにフランケンシュタイン城と彦根城の間に大坂城のトークンを置きます(少なくともぬりかべが来る前に置いておく)フランケンシュタイン城の方へぬりかべと金色鯰型兜が殺到します。
レベルが低すぎるキャラだと危ないかも。危険な場合は巨大化したり、姫路城の計略を槌ユニットに使用して高速餅つきをするという手もあります。
次に新田金山城を最大化します。最大化することでフランケンシュタイン城の援護にもなるためできれば早めに最大化してあげましょう。それが終わったら姫路城を巨大化していきます。

4波目。

ここで再び山場が。
しかしまずはすぐに大坂城のトークンを置きなおさないとフランケンシュタイン城が危険なのでそれを最優先します。
安全が確保できたら姫路城を最大化して、大鷹の襲来に備えます。実際にやってきたら姫路城や錦城の計略を使用するなどして撃墜しましょう。

その後……大量の鬼が裏を回っていく最中に、鉄砲騎馬も同時に現れます。計6体だか8体だか来ます。2体ずつ走ってきますが、ここが鬼門。
先に書いたとおり放置すると殿が瞬殺されてしまうため絶対に放置できません。
どうして殿の真後ろに近接マスがないんだぁ。

殿が撃ち殺されてしまうのを防ぐため、今回はトークン頼り。きちんと配置して弾よけをしないといけません。ここがなかなか大変です。
猫が撃たれる→すぐに猫を配置。鬼が通り過ぎた後ならフランケンシュタイン城のトークンを置いていいと思います。
ただ、配置の画像、ノイシュヴァンシュタイン城の後ろの位置に青マストークンを置くと、鬼に攻撃されますので、ここに置いてはいけません。

鬼が通り過ぎた後なら待機しているノイシュヴァンシュタイン城を一度差し込んでもいいかも。(ただし巨大化はせず一旦撤退した方がいい)
ここが上手く行けば5波目へ。

開幕から鞭が2体左右から来るので例によって大坂城のトークンを置き(間に合わないかもしれないが)、巨大化して耐える。
特にフランケンシュタイン城が危ないです。ここまできて落とされてしまうと萎えるので、見落としに気をつけましょう。

しばらくすると福島正則が動き出すので、ノイシュヴァンシュタイン城を配置して出待ちします。
背後に大坂城のトークンを配置して攻撃力を下げてやらないと抑え続けるのが難しいので忘れずに配置。
配置したらすぐに浜松城の計略を使用し、巨大化回復(最大化まですることになると思うので、気を溜めておいた方がいいです)しつつ堪え忍びます。

こんな感じに福島正則を可能な限り隔離します。

何故隔離をするかというと、福島正則の武神化効果によってこちらの攻撃力アップバフ効果を無効化してくるため、雑魚が残っていると戦線が崩壊するため。
先に雑魚を完全に処理してしまいましょう。
鞭が2体と大鷹が3体。攻撃力アップバフ無しだとまずやり込められてしまいます。
計略を惜しみなく投入し、確実に撃破を。ノイシュヴァンシュタイン城は最大化し終わったら自身の計略を使用してひたすら耐え、その間に体勢を整えます。

具体的には錦城を最大化し、計略のチャージを済ませ、通路にトークンを置きます。

準備が整ったらノイシュヴァンシュタイン城を撤退させて正則を解き放ち、戦闘開始。ある程度ノイシュヴァンシュタイン城が削った耐久を、鈴と鉄砲で削ります。
上の通路で一旦耐久を削りきれればベストです。

武神化した正則が角を曲がってきますので、姫路城と錦城が攻撃を開始したらこちらもスイッチオン。
錦城の計略→姫路城の計略(自分自身に)と使用して削りきりましょう。
フランケンシュタイン城は事前に撤退しておいていいと思います。

と、いうわけで……

長かった難しいの戦いにもついに終止符が。
諦めかけましたがクリアできて良かったです。

今後も高難度のステージは出てくると思いますが、しばらくここまでの難易度はいいかなあ……
お疲れ様でした。

高回転で気トークンを2個置けるのは本当に便利ですね。今回は彦根城のおかげで命拾いしました。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA