御城プロジェクト:今週の攻略「虚空の童に好手あり」後編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

復刻イベントの後半マップをプレイしていきましょう。

非常に特殊なマップおよび構成となっており、パターンを確立するまでは苦戦するかと思います。

山城マップとなっておりますので今回も山城のみで挑んでみることに。
本開催の時にはこのマップをクリアできていなかったので、今回は頑張ります。
天童城にあやかって将棋をモチーフとしたマップとなっており、殿及び城娘はマップ右下に布陣。
天童城をはじめとする敵軍は左上側に配置されています。

重要なポイント

  • 一定の兜が一定のマスを通過すると、兜がパワーアップする(将棋でいう所の「成り」)
  • パワーアップ(というかアップグレードというか)する兜を事前、または移動する前に撃破できるか
  • 鶴ヶ岡城を撃破するかどうか

という部分が最大の焦点になります。

今回のやり方では敵の攻撃力を上げる鶴ヶ岡城を撃破する方向で進めていきます。

最初はこんな感じでやっていたんですが、引っかかる部分も出てきます。

1波目の山場として、最初に弱い毛虫が赤毛虫になる部分。ここは事前に弓ユニットを配置する所で解決。
次の山場は相撲が前進→右端の列へ移動後、こちらの陣へ攻め込んでくる場面。
そして最後は1波目のラスト。竹束トッパイ型がアップグレードしてしまうとバチを持った法被兜になってしまう場面。

法被兜は攻撃力が高いため変化するとかなりきついです。遠距離城娘が耐えるのはきびしく、通過時に攻撃範囲に入るため事前の撃破が必要です。
2波目で大量に現れる敵に対応するのも大変だったので……

鉄砲×3ではなく鈴を投入してみました。

配置は岐阜城と新田金山城が交代する形。トークンの位置もこちら。

それではプレイしていきましょう。
岡豊城、新田金山城、津和野城、備中松山城、春日山城、小谷城、石垣山城を配置してしまいます。

岡豊城2度巨大化し、毛虫が前に出できて範囲内に入ったら自身に計略を使用して撃墜にかかります。
変身してパワーアップする兜ですが、変身前に与えたダメージも蓄積されているのでガンガン攻撃しましょう。

むしろいかに移動前、パワーアップ前にダメージを与えるかが肝要です。

備中松山城の計略である牛は春日山城と備中松山城の間に置きましょう。
つぎは津和野城3回巨大化して鶴ヶ岡城を範囲内へ納めます。
なお、時間がかかると鶴ヶ岡城は画面奥の攻撃が届かない場所まで移動してしまうので、撃破する場合は奥へ移動する前に撃破するか、ダメージ計略を使用する必要があります。
今回は津和野城が撃破してくれます。

相撲兜が動き出すまでに春日山城1回、備中松山城を2回は巨大化しておきましょう。(攻撃範囲の関係)
岡豊城を最大化します。最大化することで後々の展開が楽になるので、先に最大化をしてしまってよいでしょう。
相撲ですが備中松山城に石垣山城の計略を使用して相撲を撃ちまくりましょう。
とんぼきりなどを装備していれば小谷城は巨大化せずに援護することができます。

相撲を撃破したら山中城を配置。津和野城を最大化できれば天童城が動き出す前に撃破も可能なので、狙っていいと思います。
1波目ラストの山場は移動してくる竹束トッパイ型です。前述したとおりパワーアップしてしまうと法被トッパイ型になってしまって火力がかなり高くなってしまうので、事前に撃破できればかなり楽になります。
変化した後でも素早く撃破できれば問題はありませんが、遠距離城娘は殴り殺されてしまうので戦線崩壊してしまいます。

2波目。
まずはトークンを置いていきます。次に新田金山城を最大化していきましょう。
備中松山城は、新田金山城よりも後でいいと思います。

津和野城は一見意味が無いように見えますが、左側から登場する騎馬兜などの相手をしてくれるので意外と効きます。
この配置だと左側は手薄なため、無理に再配置する必要はないと思います。

騎馬兜が走り込んできますので各員の火力アップが必要です。
山中城(改壱)を最大化すると全員の攻撃量が上昇するため、安定します。

途中で城娘が登場しますが、山形城は石垣山城と新田金山城がいるラインを歩いてきます。
巨大化していない状態だと石垣山城は危険かもしれないので気をつけましょう。
騎馬兜が抜けていって煩わしい場合は、手間がかかりますが津和野城を再配置するか、トークンを沢山置いて凌ぐといいと思います。
自軍の攻撃力が高ければ、抜けられることも減るかと思います。

最後に相撲が2体、少し間を置いて前田金沢城が登場します。計略を使用して火力を上げましょう。
左側からの敵が打ち止めになったら津和野城は撤退して気に余裕を持たせるといいと思います。

前田金沢城は、最後に置いた山中城を狙うはずですが、刀を装備しているため遠距離城娘の耐久にも一応気をつけましょう。

と、いうわけでお疲れ様でした。
これはまあ……当時はクリアできなかっただろうなあと思いました。
ともあれクリアできて良かったです。タワーディフェンスというジャンル自体が将棋の様なものだろうとも思いますが、このマップは特にそういう面が強く出ているのかなと思いました。

ただ、将棋と違ってキャラクターが多いのでパターンも多いですが。
さてさて、次は新規イベントに行こうかと思います。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA