マンガ読む:ライジングインパクト

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

全巻持っています。
ライジングインパクトは、七つの大罪などでおなじみの鈴木央先生作。

まだ、現在の鈴木夫人がアシスタントの黒峰さんとしておまけページに登場されていた時代です。

内容としては(有り体な言い方をしてしまうと)超能力を持ったゴルファー達がしのぎを削るというゴルフ漫画です。
主人公であるガウェイン七海の超能力(作中では「ギフト」と呼称)の名前がライジングインパクト

ボールの中心に見える光の部分を叩くと凄まじい飛距離を出すことができるという能力です。

物語の冒頭ではガウェインがゴルフと出会うところから始まり、様々なライバルと戦っていくうちに自らの能力に目覚めていく……という展開なわけですが、途中から様々な能力所持者達が出てくる関係で、序盤に登場したキャラクター達の存在が(一部を除いて)薄くなってしまったあたりはちょっと残念な気がします。

ノリとしては王道スポーツ物っぽい所もあります。

読み切りから連載に昇格し、2度の打ち切りを喰らった希有なマンガとしても知られています。

後半の展開の受けが悪かった(試合を経て折角仲の良くなった他校のプレイヤー達もまた敵対し、敵味方がばらばらになって戦うという形になったことが良くなかったか)らしく、最後の戦い(大きな大会)を残すのみというところで打ち切りに。
描かれるはずだったラストは単行本で語られている後日談でしか知ることができませんがそれなりにおもろしそうだったので、どうせなら描かせてやれよ、とも思いましたがそこは大人の事情がからんでそうもいかないか。

鈴木央先生は次作の「ウルトラレッド」の連載終了後、週刊少年ジャンプを離脱されて、現在に至るといういうわけなので逆に言えばライジングインパクトを描ききっていたら七つの大罪は生まれていないかもしれないわけですよね。

何がどうなるか分からないものです。

わたしはパーシバルちゃんが好きです。

【中古】ライジングインパクト <全17巻セット> / 鈴木央(コミックセット)

価格:2,988円
(2019/6/13 23:46時点)
感想(0件)

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA