御城プロジェクト:今週の攻略「重ねし欠片と白亜の城」後編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

と、いうわけで「重ねし欠片と白亜の城」の後編、絶弐もこなしていきましょう。

プレイして思ったのは「当時では無理だっただろうなあ」ということ。むしろ普通のクリアをよく頑張った。

今回のポイントは

  • 五稜郭をどうするか
  • 3体の相撲兜をどのように捌くか
  • 弓城娘がお役立ち

といったところ。マップは同じく平山です。

今回の編成はこのように。

そして配置は

このようになりました。
まずは配置ですが、今回は初期配置されている五稜郭が問題で秋田城の右上や、通路を挟んで右の青マスに城娘を配置すると問答無用で砲撃してきます。
いきなり直接攻撃を加えて処理するというのは難しいため、今回は一列手前に陣取ります。

そしてさらに今回は攻撃力の高い遠距離攻撃をしてくる敵が多い(具体的にはシュノンソー城のトークン)ため、きちんと近接に受け持って貰った方がいいと思います。

ですのでまずは秋田城、臼杵城を配置してから首里城を配置します。秋田城を早めに巨大化するといいでしょう。臼杵城も巨大化していきますが、最大化は後半になってからでいいでしょう。

ノビシャドはドンピシャの位置にハマりますが、最終盤は気をつけます。(後述)
次に姫路城を配置。平戸城も配置して良いでしょう。わりと早い段階から、シュノンソー城のトークンが右上から左下に向かってふわふわと移動してきます。このトークンには弓攻撃が有効ですので秋田城が活躍します。

平戸城も弓にするという場合は、他に相撲用の足止めを準備した方がよいです。
熊本城と成都城も配置します。成都城の位置はなかなか負担が大きく、場合によっては相撲の攻撃を受ける可能性もありますので、もし居れば被ダメージの軽減できる城娘を配置した方がいいでしょう。

配置可能になったらパンダ師匠を成都城と蔵の間に配置。撃ちもらしを処理して貰います。
丸亀城の配置も忘れずに。

2波目になると、左下の穴から敵が登場します。基本的には丸亀城が対応することになりますが、姫路城を十分巨大化しておくことで安全に対応することができます。
(それでも丸亀城の位置に近接は居た方がいいと思います)
左上からもちらほらと敵が現れるようになりますが熊本城と姫路城で対応できます。

問題は右下の戦線で、成都城の耐久には要注意です。平戸城も巨大化し、相撲兜の出現に備えます。
この相撲兜3体がある意味山場となります。
姫路城の攻撃速度アップ計略ですが、今回は秋田城に使用しました。(相撲兜が姫路城の攻撃範囲内にいなかったため)
平戸城、臼杵城も最大化しておき出現に備えましょう。
最初の一体目は移動を開始するのが早く、削りきるのが難しいです。ですので首里城の手前に来たところで丸亀城の計略を使用しノックバック。時間を稼いで撃破します。

姫路城の計略は使用可能になったら順次再使用していましょう。

さて、最終盤ですが、五稜郭が移動を開始します。
まず攻撃を受けるのは秋田城です。

秋田城の左(上の段)の赤マスに平戸城の海賊トークンを置いておくのもいいです。
ある程度移動してしまえば、熊本城が引き受けてくれるはずです。が!

蔵そばのノビシャドを撤退させておかないとそちらを攻撃してしまい、爆風で蔵ごと破壊されてしまう可能性がとても高くなります

ので、五稜郭が動き出したらすぐにノビシャドを撤去しましょう。

それが終われば、シュノンソー城、スピシュ城、四稜郭が登場します……が、そこまできつくはないでしょう。

やっぱりこれは当時では無理だっただろうなぁ。当時と比べて殿レベル(練度的な物)も多少は上がっているだろうし。

というわけで今回はここまでです。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA