御城プロジェクト:閻魔の闘技場「焦熱地獄」肆(難しい)編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

閻魔の闘技場も後半マップが配信。

まずは肆(し)。難易度は難しいに入っていますが……
だいぶ難しいみたいです。

色々と試してみましたが……

フランケンシュタイン城を最大化して足止めしようとすると、ダメージ床に乗っているせいもあってどうしても耐久が保ちません。
更に厄介なのがフランケンシュタイン城の位置が最後の赤マスという事。
歌舞を2人にしてみたり、回復計略持ちを入れてみたりと色々と試してもみましたがなかなか上手く行かず。

全ての敵が中央上のワープポイントへ入り、フランケンシュタイン城前に出てきます。
そのため右側から登場する敵はすぐにワープに入ってしまうため、事前にダメージを与えるのが難しいです。
後で考えると右側の青マスに誰か置いて事前に敵を削れば良かったのかなとも思いましたが……

その時は頭が回らずにこんな感じに。

配置もほぼ変わらず。

結果的に彦根城で気トークンと攻撃力を追加し、殿前徹底防御で乗り切るというかなり脳筋な攻略となってしまいました。

まずは彦根城を配置します。騎馬鉄砲に撃たれる可能性があるため遠距離を配置してから春日山城を置きます。
新田金山城はいつ置いても変わらないでしょう。一見非常に危険ですが最大化すれば倒されてしまうことはなく、移動中の敵を削ってくれる(下を回っていく敵はほぼ撃破してくれる)ため非常に重要です。

まずは彦根城を最大化していきますが、一体目の金色騎馬が来るまでにはノイシュヴァンシュタイン城も配置しましょう。鬼ノ城の巨大化もしたいところですが、ノイシュヴァンシュタイン城が抱えた敵に対して、信貴山城とエディンバラ城も攻撃できるように範囲を広げておいた方がいいです。

芥川山城も非常に重要で、マルチロックオン計略が大活躍します。彦根城の特技効果で回転が良くなるのもありがたい。
新田金山城の巨大化は遅めでもいいですが、鉄砲騎馬に撃ち殺されないようにしましょう。最大化できれば騎馬鉄砲も問題ありません。

敵として問題になるのは、騎馬もそうなんですが右側から登場する金ぴか杭打ち兜です。
数がいつもより多いうえ、あまり耐久を削る時間もありません。
一番右上のマスに札を置くなどして削っておくのがいいのかなあ。

次に注意するのは、芥川山城を巨大化しすぎない事。

後半、春日山城達のいるルートを大量の竹束トッパイ型が移動していきますが、攻撃範囲を広げすぎるとこいつ等に攻撃を吸われてしまいます。
竹束トッパイ型自体はワープ前に新田金山城の攻撃で撃破できるため、攻撃をするのも勿体ないです。
ですので(特技が発動できないというのはありますが)範囲を絞った上で運用した方がいいです。

ノイシュヴァンシュタイン城を生き残らせるためには、鬼ノ城の最大化と防御計略、そして自身の巨大化が欠かせません。
気を使いすぎないように注意した方がいいでしょう。

信貴山城の位置に鈴を置くなどしても良さそうではありますね。

難しいってレベルじゃねーぞ、とも思いましたがクリアするマップはまだまだあります。それでは次へ……

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA