御城プロジェクト:閻魔の闘技場「極寒地獄」参(超難)編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

今回は極寒地獄の超難です。

例によって氷をツツーッと滑ってきます。
とりあえずやってみないと話にならないので……

途中にある蔵をどこで守るかが重要になるようです。
特に上の通路は大砲兜や烏賊など、遠距離攻撃をする敵ばかり登場します。(島原城では無理でした。というよりそもそも肆を想定したメンバーで出撃していたようだ)

この蔵を守るなら、手前の赤マスに近接を置くのが一番でしょうか。違う列の赤マスに置いてもいいかなとは思いますが、敵の射程外に出てしまわないかが心配です。

というわけで編成はこのようになり

このような配置になりました。

まずは彦根城、シャンボール城、モン・サン=ミッシェルあたりを配置します。
そして彦根城を最大化。淀城、丸山城、ケルフィリー城、ウェストミンスター宮殿、萩城も配置。

今回の萩城は完全に計略要員で、巨大化に回す気が足りないためまともに戦うことはないでしょう。ですが計略が非常に重要なので、使用する場合は可能な限り改築してから臨みます。逆に言えばレベルは低くてもも問題は無いでしょう。

次はモン・サン=ミッシェルです。まずは淀城が回復できる程度までは範囲を拡大。
後は順次巨大化していきます。シャンボール城は敵の攻撃に合わせて巨大化する必要があるため、気を消費しすぎないようにしましょう。

真ん中(淀城の居る通路)を大量の敵が移動してきます。
ある程度は彦根城とシャンボール城の横槍で削ることができますが、途中からはそうもいかなくなるため、淀城に萩城の計略を使用して敵を足止めします。
淀城もそれなりにダメージを受けるため巨大化用の気は残しておいた方がよいでしょう。

ウェストミンスター宮殿ですが、こちらも最終的には最大化します。通過していく人魚兜が、蔵に攻撃するのを防いだりできます。最後はでかい馬頭への削り役、ひょっとすると特技効果のおかげでモン・サン=ミッシェルが攻撃を受けないかも?

後は流れを見つつ淀城の計略をシャンボール城に使用するなどします。(使わないと恐らく耐えられません)
鞭兜の攻撃もある程度巨大化をした淀城(+萩城計略)で受けることができます。(シャンボール城の特技が発動していない場合は、通り過ぎざまに殴られる彦根城が耐えられないかも)

最終的にはでかい馬頭のみ残ったため、シャンボール城を移動させて援護。

時間はかかりましたが問題なく撃破しました。
それでは次に。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA