御城プロジェクト:今週の攻略「盛夏の島へめんそーれ!」前編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

今週のイベントは「盛夏の島へめんそーれ!」です。

沖縄の城娘達が大活躍!?……かどうかはともかくメインとしてスポットが当たっていて、会話シーンなんかは非常に可愛らしいです。
みんな姉妹みたいな感じで仲がよいのでなんとも言えないほっこりとした感じがとてもいいですね。

さて、今回は[夏]浦添城のみがドロップするタイプのイベントとなっています。
☆5城娘なので、お得と言えるのではないでしょうか。

早速絶をプレイしていきましょう。今回のマップは平城マップとなっています。

普通からのんびりと……

蔵は後ろに固まっているので殿前徹底抗戦でもいいでしょうか。

殿前でちゃんと止めなきゃ駄目そう。
と、いうわけで。

編成はこちら

そして配置はこのようになりました。

山科本願寺の位置に大坂城を配置しています。
レベルが十分あれば大坂城でなくてもいいと思います。

今回のポイントは

  • 気は十分あるので自由な運用を
  • 途中の要注意は大鷹兜
  • 琉球御城の超破壊力に注意

といったところです。

今回のマップではシーサーが配置されているため、気の回復量が大幅に増加しています。
わたしは柳川城を使用していますが、無理に使用する必要はないのかなと思います。
使用して更に気を増やす、デコイにするなどの利用も勿論可で、計略要員を多めに使ってみるというのもありではないでしょうか。
計略の回転率を上げる城娘さんを出すなどしてもいいかもしれませんね。

それではスタート。
まずは柳川城、駿府城、ヴェルサイユ宮殿を配置します。
赤備えが上から抜けて、殿裏へ行くルートを取りますので、抜けていったら丸山城を配置しましょう。
歌舞も配置し、とりあえず駿府城とヴェルサイユ宮殿を範囲に収めます。

例によって駿府城を最大化するのですが、1、2枚目の画像の位置に配置している場合、最大化することで大鷹兜に攻撃が届いてしまいます。体制が整っていない時に大鷹兜の相手をしたくないという場合は画像の位置に配置した方が無難でしょう。

ケルフィリー城以外は配置していきましょう。(ケルフィリー城も敵が来たら配置します)
杖の二人も最大化手前まで巨大化を進めておきます。平遥古城と柳川城は城娘の攻撃を受けるため巨大化は温存しておきます。特に平遥古城は歌舞の回復を受けられないため、巨大化しすぎない方がいいでしょう。

大鷹兜ですが、難しいだと流石に撃破するのに時間がかかります。1体目はまだなんとかなると思いますが、2体目は母衣兜と被り気味に来るのが厄介で、奥の蔵や殿が攻撃を受けてしまうことも。
例によって「殿が一度も攻撃を受けない」の戦功は普通で達成しておくのがよいと思われます。

2波目ですが、断続的に敵城娘、金色法術、上述した大鷹兜も登場。
注意する城娘は首里城と琉球御城。

まず首里城ですが、画像のルートを移動。刀を持っているため平遥古城だけでなく柳川城も攻撃を受けます。
耐えられないという感じであれば柳川城の位置に城娘を配置しない方が良いでしょう。

そして琉球御城ですが、難しいだと(浦添城のバフ効果もあって)かなりの攻撃力に仕上がっています。
ラストに一番下のルートを進軍してきますが、ここでも柳川城は攻撃を受けます。
この場合は最終盤なので耐えられないようであれば撤退してしまってもいいかと思います。
そしてケルフィリー城と交戦するわけですが、1度の攻撃でかなり耐久を削ってきますので、巨大化でしっかり回復をしましょう。
大坂城を使用している場合は後ろの赤マスにトークンを置いた方がいいです。
ちなみにもう1マス後ろに近接を置いていた場合ですが、ネスヴィジ城が攻撃を受けて殴り倒されると思いますので気をつけましょう。(配置順などに因るかも)

さて、杖キャラの特技発動をいつにするか、という問題(楽しみ)があります。
ヴェルサイユ宮殿は、改築前でも15秒間全城娘の範囲が2倍という特技が凄まじいです。
ネスヴィジ城は、こちらも改築前で15秒間全城娘の攻撃が50%上昇という効果。

今回は2体目の大鷹兜登場直前の母衣兜に向かって発動。ガンガンに杖攻撃を撃ちまくるのはなかなか爽快ですね。
下ルートを通る鞭兜も厄介なため、そちらに合わせて最大化してもいいかもしれません。

時間があれば色々な編成で楽しめそうですが、委任チケットの実装で楽をしてしまいそうな感じ……
築城イベントと違って蔵の防衛が必須ではないため、多少のミスを気にしなければ遊べそうですね。
さてさて、期間中にどれだけ浦添城ちゃんを集めることができるでしょうか。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA