御城プロジェクト:今週の攻略「幽けき冷の肝試し」後編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

ギリギリになってしまっていますが。

イベント終了前にとりあえずクリアすることができました。
例によって普通から。

平山マップということで平山で固めてみました。
普通だと敵の攻撃も大して痛くなかったので、鈴を前に出しておいても大丈夫だったんですが、これは難しいじゃきついよねということで……

それも踏まえて難しいを進めていきます。
今回のマップでは[肝試し]松江城がゲストとして登場。特技を発動させると範囲内の近接城娘に足止め+1が付与されるのがポイントか。また、計略でも足止め数を増やすことができます。
敵は全方位から来るため(特に特別戦功の達成のためなど)盾や萩城の計略を駆使して敵を抑えることもできますが、1体の足止めで事足りるのであれば彼女を最大化させた方が楽でしょう。

色々と……

(鞭兜の攻撃は受けないもののウチヒサル城の攻撃に耐えられない。トークンリレーで行けそうな気もする)
試行錯誤をしていきますが……

(浜田城の左上に長安城配置でクリアできるかなと思ったけど蔵が壊れたりしてて無理だった。長安城の耐久も足りなかった)

結果的に抜本的な見直しをすることに。

メンバーはこんな感じで

配置はこのようになりました。

今回は鈴の利用を諦め、近接を増やしました。
成都城の位置に誰もいない場合、和歌山城に蔵を破壊される可能性があります。

今まで鈴が担っていた範囲攻撃は、計略使用の安土城にお任せ。
安土城が固めていた右下エリアは金亀城に入ってもらって攻撃範囲を確保。

ポイントはといえば

  • バランス良く城娘を配置しよう
  • 最終盤の城娘の攻撃に耐えよう

といった感じです。

それではスタート。
まずは拳2人以外を全て配置していきます。
どこから巨大化していくか迷うのですが、松本城から最大化していった方がいいかもしれません。

その後は大坂城、安土城を随時。1波目の間は拳を置く必要もないため安土城から巨大化してもいいかと思います。

殿裏側からも、それなりに敵が来るため右側にもある程度展開しておいた方がいいでしょう。
からかさなどが抜けそうな場合は松江城の計略などでサポートするといいでしょう。

2波目は最終盤に近づくほど攻撃が激しくなってきます。
まずはわら人形トッパイ型をやり過ごした後で拳2人を配置しましょう。
すぐに浜松城の計略を長安城に使用。長安城は最後にウチヒサル城の攻撃に耐える必要があるため、無駄な巨大化は避けましょう。

鞭兜の攻撃は頑張って耐える形になります。トークンを置いて攻撃先をコントロールするのもありですが、蔵が範囲に入らないように気をつけた方がいいでしょう。

殿裏からも部隊が攻め寄せて来ている時に、正面からは和歌山城とウチヒサル城が登場。和歌山城は攻撃間隔が長いですが雷を使用した防御無視攻撃を。ウチヒサル城も杖なので防御無視攻撃を放ってきます。
恐らく和歌山城?の攻撃で、大坂城と安土城の間にある蔵が破壊される可能性があるため、パンダ師匠を成都城の後ろの坂に配置しなおしたりするなどしたほうがいいかもしれません。
可能な限り成都城で手傷を与えておくといいかと思います。

ウチヒサル城は長安城側から来ます。火傷を付与してくる赤鬼とほぼ同時に来る事もあり、一気に耐久を削られるので注意しましょう。

浜松城側から来ている敵にも注意します。左側の処理が手早く終わったなら、撤退して気を増やすのもありでしょう。

と、いうことで時間が無いためやっつけなプレイになってしまいましたがなんとか攻略。
明日にはもう次のイベントが始まります。なんとか休日以外にも攻略していける時間(気力)があればなあ……と思いますがどうなるものか。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA