思い出のゲーム:マッハライダー

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

マッハライダー。

任天堂のゲームです。1985年リリース。

その後間もなく亡くなった、祖母がわたしに買ってくれた最初で最後のゲームでした。
しかしゲーム自体はとても難しいです。

ゲームモード等もいくつかありますが、デザインモードでオリジナルのコースを作って遊べるというのは魅力でした。
が、コースそのものは作れてもコース内に登場するギミックなどは配置できなかったように記憶があります。

ゲーム画面はこんな感じです。

マッドマックスか何かのような荒廃した世界観を走るバイク。
特筆すべきは、このバイクには

ブレーキが付いていない

ということ。

この手のレースゲームではボタンがそれぞれアクセルとブレーキに割り振られているのが定番だと思いますが、
このゲームではBボタンを押すとバルカン砲を発射(画面内のSHOTを消費)。
Aボタンはアクセルで十字キーの上下でシフトチェンジということになっています。
ですのでスピードを落としたい場合はシフトダウンをしてエンジンブレーキをかける形に。

ちなみに4速で走るとなかなかのスピード感です。
バルカン砲は敵の車(バギーで使う車のような形?をしていて色によって強さが解る)やギミック(路肩のドラム缶やボンバーボールと呼ばれる爆弾のような弾が道路に置かれている)を破壊することができます。
敵の車はバルカンで破壊するよりギミックに当てて破壊した方が高得点となります。

ちなみにゲーム画面の右上はバックミラーになっていて、ライダーよりも遙かに早い敵車に備えるための物のようですが、このゲームはカーブが多いだけでなく、自機のスピードが速くて忙しいため正直バックミラーを気にしている暇はありません。

そしてこのゲームの見せ場?はギミックなどにぶつかった時。
バイクがライダーごと一旦バラバラになり、そのパーツが元の場所に再結集して復帰するという所。
ラストの一機ではパーツがくっつかずにすり抜けてゲームオーバー。

子供の頃は結構まともにプレイしていて、それなりに進めていた気がするけどなあ。
難易度の高いゲームだと思います。

久しぶりにやるとさっぱりだろうなあ……
レースが得意じゃない(そこまで得意なゲームがあるわけでも無いですが)っていうのもありますけど。

思い出したらまた何か。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA