御城プロジェクト:今週の攻略「武神降臨!蒲生氏郷」難しい編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

スタイリッシュで強い蒲生氏郷が武神として降臨。
超難はクリアできるか解らないのでとりあえず難しいから記事にしていきたいと思います。

まずは普通から。

主に敵の構成や武神状態の効果などを確認しつつ進めます。
敵の登場順などはあまり覚えられる方では無いので、とりあえずざっくりと見て……クリアはできましたが改善の余地はありそう。

今回は層の厚い平山マップでの出撃となります。

ポイントですが……

  • 事前に敵の耐久を削ることができるか
  • 配置順とトークンで自軍を守る

といったところでしょうか。二つ目は特に重要かと思います。

編成はこのようになり……

配置はこんな感じにしました。

琉球御城はトークン係として参戦。
レベルの高いトークン持ちであればある程度代えは効きそうな気もします。(首里城や仙台城など)

それでは早速スタートしましょう。

金亀城、弘前城、水府城、姫路城、彦根城、浜松城、琉球御城、と配置します。

と、彦根城は結果的に1マス下げました。

このプレイですと最後に氏郷の攻撃を一度は受けることになるため、配置順がとても重要です。

彦根城の特技は浜松城計略で発動させるため、姫路城と水府城の巨大化を優先していきます。
姫路城は2度巨大化しないと初期配置されている蛾に攻撃が届きません。(勿論施設や武器によります)
3回巨大化しないと左側のものに届きません。
水府城は馬頭を削るために巨大化しますが、蛾の方が厳しい場合は姫路城を優先した方がいいかも。

ですが、いきなり彦根城に切り込んでくる黒鎧が結構きついので、他の城娘でこのルートを担当してもいいかもしれません。
浜松城の計略は、彦根城→弘前城と使用したら、次は姫路城に使用しました。範囲内防御デバフが有効です。
1波目のうちにシノン城も配置しておくのを忘れずに。

2波目。馬頭が移動を開始します。
4体のうち右の2体は上から、左の2体はそのまま階段を降りてきます。
ある程度水府城の攻撃で削れているとは思います。
浜松城の計略は琉球御城に使用しました。馬頭の攻撃が結構痛く、巨大化が必要になるかと思います。

次は下側からも敵が来ます。金亀城に自身の計略をかけて迎撃開始。
中央の古代桃型なども蹴散らして気をゲットできます。
それらの気を使用して金亀城を巨大化していきましょう。
ですが、右下から鎌鼬が来たら注意を。浜松城などがダメージを受けるため、巨大化回復した方がいいかと思います。

水府城を最大化するとシノン城まで回復が届くため、シノン城が危ない場合は水府城の最大化を先にするのも手です。

3波目、右下でスタンバっている鎌鼬には金亀城が攻撃を入れてくれます。(巨大化されていれば)
わたしの場合はこの鎌鼬を凌いだ時点で金亀城の巨大化が4/5回、水府城が最大化できました。
次はようやくといった感じで弘前城を最大化していきます。

ですが、琉球御城側を通っていく黒鎧や黒い古代桃型の攻撃が厳しいようであれば、そちらを回復した方がよいでしょう。
そして天狗などが登場するあたりでは様子を見ながら戦いましょう。
浜松城あたりはちょっと危ないかもしれません。あとは正面から来るゴリラに彦根城が殴られるため、場合によっては巨大化をしましょう。
可能であれば、このあたりで姫路城を最大化しておきましょう。

そこを抜ければ4波目。まずは右下から金色騎馬。
金亀城が最大化できていれば、(4/5でも問題は無かったです)そこまで問題は無いでしょう。
次に、建物から母衣兜が登場したところで姫路城に自身の計略を使用。急いで撃破して貰います。

次に来るのは上下から金色騎馬、真ん中からゴリラという構成。
歩き出したゴリラに姫路城が手を出しますので、ゴリラが走り出します。が、ゴリラ単体なので一斉攻撃できれば意外と撃破は楽かも。
その後の鎌鼬と天狗の方が厄介です。琉球御城が天狗の一斉攻撃を受けるため、耐久に気をつけます。

天狗とのバトル中に5波目に突入。
上下から蛾、右下には母衣やゴリラの姿が。
わたしは姫路城に自身の計略を使用して上の蛾をすぐに処理しました。
下の蛾には金亀城の攻撃がいきなりは直撃しないものの、付近を通過する母衣兜に対する攻撃の爆風でちまちまと削っていきます。(母衣兜が通過した後は直撃します)
ただ、同時に爆風でゴリラを起動してしまいますが。

中央をついてさらにゴリラ、上からは馬頭なども登場。
姫路城に計略を使用してもいいかと思います。琉球御城の特技による攻撃ノックバックでゴリラを後逸せずに撃破することも可能です。

しばし雑魚を相手にした後は、蛾が左下から登場。ゴリラが全方位からやってきます。
ここも姫路城の計略でちょっぱやガトリングを叩き込みます。

それらを片付けると蒲生氏郷が移動を開始。

武神化するまでは通常の攻撃で削った方がいいでしょう。

武神化したら弘前城、琉球御城のトークンを配置、彦根城の猫も後ろの青マスに置きなおします。
氏郷は3体?のマルチロック攻撃のうえ、攻撃で与えたダメージで自らの耐久を回復するようなので、とにかく攻撃を喰らわないようにトークンを置いてみます。

幸いにも攻撃速度はそこまで早くないようなので、姫路城などの各計略を使用して次の攻撃が来るまでに一斉攻撃で撃破することができました。

短期決戦をするなら回復用の巨大化を残さずに最大化してしまい、攻撃力などを上げた方がいいのかもしれません。
シノン城の計略を使わずに勝つことができたので、多少の余裕はあったのでしょうか。

超難には挑むのか!?
休みがあればなあ……ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA