思い出のゲーム:ワイルドアームズ

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

レトロゲーム……に入るかといわれると怪しい気はするのですが。

ワイルドアームズはファイナルファンタジー7と同じ頃に発売されたソニーのRPGです。
シリーズはそれなりにプレイしているのですが今回は最初のタイトルについてです。

荒野に口笛が響く、独特の世界観が好きなゲームです。

スターシステム……とは言わないと思いますがシリーズ内でおなじみの単語が意味や示す物を変えて登場するのが特徴ですね。

ゴーレムに乗って移動できたりというのがなかなか独特。
ARMと呼ばれる兵器を使用したりして、冒険者のように色々な仕事をこなしたりする「渡り鳥」
主人公であるロディは所謂「喋らないタイプ」の主人公。
たまに話題になる、「喋る主人公と喋らない主人公はどっちがいいか(理想なのか?)」みたいな論争。わたしはどっちでもいい(それぞれのいいところがあるだろう)派です。

残る主人公の二人はザックとセシリア。それぞれが過去を抱えていてそれらと向き合う場面が出てきます。
ロディはアーム、ザックは剣技である早撃ち、セシリアは(黒/白)魔法をそれぞれ使用します。

3人の主人公の誰からでもスタートでき、それぞれが合流するところまでをまずはプレイしつつ、ゲームのチュートリアルをこなす感じになります。

そしてワイルドアームズの特徴的な要素といえば単なるRPGのみではなく、グッズやギミックを使用した各種謎解きです。
正直「RPGにこんな要素がいるのかと」いう意味(一部難しいと感じる謎解きもあるので苦手な人には辛いと思う)で賛否両論あるかと思いますが、ダンジョン内での謎解きの場面では敵とのエンカウントがなかったりという仕様もあったりします。
かなり詰まった事も(確かフィフスヴァンガードでは謎解きに詰まって止めたような……)ありますが個人的にはそんなに嫌いではありません。

この手の、特に古めのゲームはインターフェースが問題で、そこが操作しづらいとなかなかプレイする気が起きてこないのがネックですが、流石にPS世代ならいいんじゃないかなあ。

アーカイブでも各シリーズが発売されているので、興味のある方は是非。

オープニングムービーがとてもいいです。
(途中で登場するマリエルが誰なのか解らない人が多かったらしい。確かにゲーム内では一枚絵が出てこないからそういう事もあるのか)

また思い出したように何か書いていければと思います。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA