このキャラ語ろう:第五回 御神苗優(スプリガン)

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

色々なキャラクターをざっくばらんに語っていきたいと思います。

このキャラ語ろう、第五回は初の男性キャラクター。漫画スプリガンの主人公、御神苗優です。

アーカム財団に所属するエージェント、コードネーム『スプリガン』(妖精)。

古代の遺跡や伝記などをモチーフとした存在などと世界を股にかけて戦う敏腕エージェント達のバトルが楽しい作品ですね。

そんな中でも優は強く、格好良く。
初期はアーマードマッスルスーツという、人工筋肉を使用した強化服を使用していますが、後半ではなくても平気(あった方がいい場面はあるはずですが、道具に頼らなくなった)に。
連載終了後の読み切りでは雷をかわせる程度の人間離れ具合に。

基本的には優しくてお節介なほどの御神苗君は(一部の)女子にもモテます。

ちょっと話は逸れますが、作画担当の皆川亮二先生。後にPEACE MAKERなどの漫画を描かれることになるわけですが、これを書いた時は漫画を全く書いたことがなかったそう。話の作り方なども全く解らない状態だったらしいです。(ゆのまえ漫画フェスタの座談会で聞きました)
ですのでこの作品では原作者としてたかしげ宙さんの名前が。

そしてその後、D-RIVE!などが生み出されていくわけですね。

炎蛇の章で初登場(結果的に間を挟んで最終章まで登場する)する幼なじみ、山菱理恵ちゃんに対しても「血なまぐさい生き方してるなんて知られない方がいいだろ」と言い切って正体を隠す御神苗君。(敵がバラしちゃいますが)

ハードな過去を持ちながらも明るく強く生きてる彼は、格好いいですね。
とても好きなキャラクターです。

ちなみに好きな女キャラクターは芳野ちゃんです。

と、いうわけで思い出したらまた何か語っていければと思います。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA