このキャラ語ろう:第七回 柳川城(御城プロジェクト:RE)

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

色々なキャラクターをざっくばらんに語っていきたいと思います。

第七回は柳川城。

メインストーリーである天下統一。
小田喜城、浦添城、東黒川館らと共に初期メンバーとして登場しています。

メインストーリーのみでなくイベントなどでも出番は多めで、「最初から殿の傍にいる」という認識を他の城娘にも持たれているみたいですね。

本人は(基本的には)至って真面目で健気な子ですが、スタンダードなキャラクターの宿命とでもいいましょうか影が薄くはないものの目立てる場面が少ないのかもしれません。

さてわたしの所領では……

こんな感じの育成度。

ゲーム内の性能としては、遠距離城娘としては防御、耐久に優れる弩。
逆に言えば弓のように飛行特効があるわけでも無く、鉄砲のようにノックバックがあるわけでも無く、という厳しい見方も。武器によってノックバックやマルチロックを付与することができるため、その辺りを活かせれば、というところでしょうか。
城娘としての特徴は改築をする前とした後で全く別の計略を使用できるようになるというのが大きな特徴(改築前の計略は使用できなくなる)です。

ゲーム内で貴重な気(コスト)を発生させるトークンを置くことのできる計略は便利で、基本的にどこに行っても役に立ちます。
マップによっては安全なマス(配置しておいても敵の攻撃を喰らわないようなマス)がなく、あまり意味の無い場合もありますが……

それでもトークンがあれば敵の攻撃を引きつけたりもできる(攻撃の優先度が一番高い)ため、デコイ役としても役立てるでしょう。
平城マップへはとりあえず彼女に付いてきてもらい、様子を見る人が多いのではないでしょうか。

レア度の低さからマップの難易度が高くなると活躍が難しいかもしれませんが出撃が多いためレベルが高くなりやすいのはいいかもですね。

そして声が可愛いですね。

イベントでは犬(の挙動を植え付け)にされたりと様々な扱いを受けていますが人気もそれなりだと思いますね。

今現在の柳川城本丸跡は中学校にあります。訪れた時には吹奏楽部の子が本丸跡で練習していました。
(基本的に学校の敷地内には部外者は入ることはできませんが、本丸跡の部分にだけは立ち入ることができます)

ストーリーなど(別衣装がないなど)では不遇な扱い?もある気がしますがこれからも使っていってあげたいところです。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA