アニメ見た:魔動王グランゾート

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

魔動王グランゾート。

今回はグランゾートの30周年にあわせてYouTubeのサンライズチャンネルで期間限定とはいえ全話が公開されたので、これはいい機会ということで久しぶりに見ました。

リアルタイムでもある程度見ていたとはいえ、全話追えていたとは到底思えない。もちろん記憶もおぼろげ。
なのでこの気に見られて良かったと思います。

主人公(大地)がメカに強いという設定が後半にまで活かされているのはいいなあ。

メカであるグランゾート、ウインザート、アクアビートのデザインも好きなんだよなあ。
魔動力、というのはまあ、つまるところ魔法であり魔力なんだろうけど……
今となってはそれなりに確立していると思われる魔法×メカという組み合わせの先駆者でもあるのかも。
もちろんもっと前にもそういう感じのはあるとは思いますが。

それぞれの魔動王には属性があるため召喚する為にはある程度の条件があるなど、作中でもそれを活かした作りや展開がなされています。
主人公機でもあり仕方ない部分でなのでしょうが、ウインザート、アクアビートと比べてグランゾートの出番が圧倒的に多く、他の2体は割りを食っていると言ってもいいでしょう。

特にアクアビートなどは、召喚するのにある程度(魔法陣が描ける程度)の水面が必要なのにも関わらず、(作中で月の内側の世界とされる)ラビルーナの水の世界では一度も召喚されないというまさかの展開。

メカのデザインは敵側の邪動神を含めても格好良いですよね。

全41話というのはちょっと半端な気もしますが実際の所ストーリーの短縮などが入ったのかは調べたわけではないので解りません。

最終回で語られますが、この物語は2ヶ月のあいだの出来事らしいです。
ありがちなラスボス倒して即終了!みたいな終わり方ではなく、エピローグもきちんと描かれた感じでよかったなあ。

魔動力は常に共にある!

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA