ゲームお試し編:MOMODORA 月下のレクイエム

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

ちょっとプレイしてみていますが。

前回紹介したゲームをそれぞれプレイして行ってみます。
というわけで今回はMOMODORA 月下のレクイエム

一応初めてプレイした時の動画があったのでこんな感じです。

ざっくり言いますと前記事に書いたとおり、2Dの探索アクションとなっています。

主人公の女の子はカホという名の司祭らしいのですが、喋ることがありません。
NPCのセリフで少しずつストーリーを知って行く感じ。
この手のゲームは会話などが少ないのが鉄板なのでしょうか。

まあ、元祖と言われるファミコン版のメトロイドに至っては会話もくそもないただのアクションゲームでしたし、そういうものなのかも。

さて、隠し要素もあるらしいですし最初のプレイでマップを端から全て埋めるのは無理だろう、ということで流しつつ進めていきます。

すると……

こんな感じの所に来ました。
他にも色々進めそうではあるのですが戻るのが面倒だったのでひたすら進んできた。

そしたらボスが。

この魔女って人は前に一度戦って逃げていったような。

戦ってみていたんですが何回も死にました。
リトライは直ぐできるのですが死にすぎると流石に萎えてくる。
攻撃のパターンは3つ。それぞれ

  • 頭上から大玉を降らせてくる
  • 足下から大玉を打ち上げてくる
  • 一旦画面外に消え、玉だけが頭上に展開、カホに向かって振ってくる

となっていますが……

頭上から玉のパターンは、1発目に4個、2発目に3個、と3発目に4個の玉を降らせてきますが、1発目はカホの頭上に降ってくるため、回避が必須。
無敵のローリングができるのでそれで回避するか、歩いて回避するかです。
歩いて回避するのもできますが、攻撃をしていると歩きでキャンセルできない、かつ通常攻撃で微妙に前進するという性能のせいで慣れないと難しいです。
移動の慣性は少ないので案外ぴったりと止まることはできます。
遠距離攻撃で立ち止まることができるかも。

足下からのパターンは、3回が1セットとなっていますが、それぞれの回でカホを正確に狙ってきます。
前兆は地面にエフェクトが出るので解りますが、歩きでの回避は難しいと思います。
ですのでローリングを使うことになるのですが……

このローリング、移動距離が案外長く(無敵時間が長いとも取れますが)画面端の穴(トゲ?)に落ちる事故が多発。しかも体力を半分に減らすと端の床がさらに落ちて足場が狭くなります。
これでかなり死にました。

そして上からの玉は、予め足場の端に寄っておきます。左右から4個ずつ、計8個の玉が登場。そして玉が降ってくる直前に光ります。光ったのを確認したら少し移動してローリングをすることで安全に回避できます。
この攻撃の最中は敵が画面内にいないため、攻撃できません。

攻撃するタイミングですが、画面内にいるうちになんとかざく切りするしかありません。
回復をするタイミングは敵が画面にいない時。ですがダメージが大きいため敵がいる時に回復をするしかない可能性も。

とりあえずこの魔女はかなりのリトライの末なんとか倒したんですが……

撃破後に何故かカホもキャーしてしまい、気がついたら……

ネコチャンになっていましたとさ。
さて、どこまでプレイできているのかが解りませんが、そんなには進んでいないでしょう。
どのゲームからやるのか、それとも色々なゲームをちょこちょこ進めていくのか。

探索系は詰まらなければ楽しいんですけどね……
あ、このゲームの不満点もひとつ。
マップをもっと素早く出せればな、と思います。いちいちメニューを開いてマップを選ばないとみられないのは面倒です。
実際にはショートカットキーがあるのでしょうか。だったらすみません。

そんなこんなで続けていくかもしれません。
その時はゲームする、に変えるか。ではでは。

ちなみに最初のボス?のイモムシみたいなのにも苦労しました。振ってきた尻尾に攻撃が入れば大ダメージというのは発見したんですがいつ攻撃すればいいのかが解りませんでした。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA