御城プロジェクト:今週の攻略「雨乞う秘匿の丹心」後編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

メンテナンス後は「雨乞う秘匿の丹心」の後編がスタート。

大人気城娘多賀城も登場する今回のシリーズ……というかまあ、古代城柵が登場する回なので当然と言えば当然でしょうか。

さて、それでは絶弐までやってきました。

このマップのポイントとしてはやはり

  • 旗持ち兜を倒すかどうか
  • 遠距離攻撃で可能な限り事前に削ろう

だと思います。

普通をとりあえずクリアしましたが、難しいはどうなのだろう。
と思っていたらやっぱりだめで、しばらく練っていくことに。

うーん、これはしんどいか。
気トークン係として毎度の登場となっている柳川城ですが、今回はここはという青マスが見つけられず、正直役に立てない……

基本方針としてダメージ計略で旗持ち兜を倒す方向で行くことにしました。
ということは兎にも角にも気が必要。しかも今回は近接2、遠距離6という偏った編成にしています。
名古屋城の計略で旗持ち兜を倒そうと思っていたのですが結構時間がかかってしまいます。

ということは計略要員をもう1人必要と。
ただそうなると……

というわけでここ一番の登用、所持していた平安京にテコ入れをして使用してみることにします。
シャンボール城を外して上側の近接要員も兼ねる。
柳川城を外してダメージ計略要員の二条城を編成。

これでどうだ!よしやった!と、思ったら、蔵が一つ足りない……

どうやら途中で破壊されていたらしい。それならばどうするか。
殿無傷の戦功はありませんし、敵の遠距離攻撃も限られている。それならば何も前線に近接を配置する必要もないか、という結論に。
旗持ち兜に因って強化された攻撃力のせいで、巨大化回復で気を使うのが結構辛かったので。

と、いうわけで改めまして編成はこちら。

配置はこのようになりました。

錦城は1、2枚目の画像の位置(駿府城の左)となっています。
それではスタート。

まずは平安京、駿府城、二条城、名古屋城を配置します。
今回は駿府城の最大化を優先し、最大化が終わったら大坂城を配置、次に長篠城と坂本城を配置します。
飛行兜の攻撃で長篠城が削られます。危うい場合は坂本城を後に回してもいいでしょう。

二条城と名古屋嬢はチャージが済んだらすぐに発射していきますが、当然ながらゴリラを巻き込まないようにしましょう。
気に余裕があれば、巨大化してから撃ってもいいと思います。
大体2回ずつくらい撃てば消えてくれるでしょうか……

正面から小猿が殿まで行きますがここは殿の出番です。
熊が行くと危ないですが、鉄砲隊がなんとかしてくれると思います。
次に目指すのは大坂城の最大化です。

1波目の画像の場面、ここから錦城を配置して迎撃したいところなのですが……
2波目になると、徳丹城と多賀城がマップ上部に登場。先に多賀城が進軍してきます。
旗持ち兜が撃破できていない場合、多賀城の攻撃がかなり痛いため、そこはレベルなどと相談ということになるでしょう。

とりあえず配置し、攻撃範囲は坂本城の計略で補う(多賀城が出てきたら一旦撤退する)というのでもいいかと思います。

2波目は上記の多賀城が、かなり後半で徳丹城が進軍してきます。徳丹城は法術ということもありさして強くはないかも。わたしの場合は長篠城の巨大化を優先していたので難なく撃破(例によって坂本城の計略を使用するのもあり)できました。

最終盤は、右方面から蛾が2羽。ゴリラは左から。
長篠城の鉄砲隊も良く効くので、忘れずに配置しておきましょう。置けるだけ置ければ効果が上がります。

上側は早く置きすぎると徳丹城の攻撃で溶けてしまったりするので、可能なら撃破後(長篠城左の建物の屋根なら事前でもOK)に置きましょう。
さて……外周を回っていった敵がどこから出てくるのかはわかりません……

初めて使用したメンバーも居ましたがなんとかこんな感じで。
イベントの絶は今後も地形縛りで行きたいところです。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA