御城プロジェクト:今週の攻略「真・武神降臨!黒田長政」超難(覚え書き)編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

これは、ある殿の戦いの記録である……

黒田長政の超難にアタック。


ここまで手を変え品を変え、やってきましたがとにかく失敗続き。

金亀城を右端に置くパターンだと5波目に登場する飛行兜をどうやっても凌げない。
それまでは計略を使用する事で圧倒的な支配力と気還元を行ってくれている金亀城なので、ここまで来ると彼女抜きというのは色々と考えられない。

と、いうことで今回は毛利さんの時にもお世話になりました江戸城を使用してみることに。

圧倒的な攻撃範囲で敵を切り捨てる江戸城ですが、自分で敵を撃破することで気に還元する金亀城との相性はやや悪いです。
ただしこれは「平時には計略を使用しない」ということである程度折り合いをつけることができます。

初めて戦功1(今回は1のみの達成です)を達成した時の配置はこちら。

要はキセルの暗闇に対する対策に失敗して、この後成都城と江戸城が大破してしまいます。

このとおり。

ただ、キセルの対応に失敗したというのもあるのですが、大坂城と鶴ヶ城の配置が逆でもいいんじゃないか、という感じも受けたので、そうだったらまたちょっと違っていたかもしれません。
ちなみに水府城は限界を感じてしまったので大坂城に交代しました。

その後、平安京にテコ入れして使用可能になったので、平安京さん入れてみようかということで

こちらの編成に。
そして配置は

結局このようにしました。
それでは自身のメモも兼ねて、スタートしていきます。

まずは金亀城、彦根城、平安京、大坂城、延岡城、浜松城まで配置します。
金亀城を2度巨大化します。ただしこれは、最初に来る鉄砲玉の爆発に耐えられることが条件です。
ある意味最初が一番きついかもしれません。適当な槍城娘を差し込んで空蝉で凌いだ方が楽なのかもしれません。

浜松城の計略は、彦根城→平安京→大坂城→延岡城→鶴ヶ城→(江戸城)自分、という順番にしました。
ですが最初に行うのは、金亀城の最大化です。なお、金亀城は最初から最後まで、自身の計略を使用し続けます。

2波目。
金亀城の最大化が終わったら大坂城を巨大化していきます。
トッパイ型の鉄砲玉を撃破したら、鶴ヶ城と江戸城を配置します。
大坂城の最大化が終わったら、少し気を溜めましょう。

3波目に切り替わる前に、初期配置のキセルが移動を開始します。
江戸城の計略を使用して、一気に最大化しましょう。2波目に済ませてもいいとは思います。(河童が来るので)
3波目に切り替わったら、平安京のトークンをマップ下側の高台(長政等が待機している場所の左側)辺りに配置。
キセルの攻撃を受け持ちます。

その間に一斉攻撃(勿論江戸城の計略も使用する)して撃破をねらいましょう。
次に最大化するのは延岡城です。最大化が終わったら長政等に対して石を落とすのもありだと思います。

4波目にもキセルが登場します。
凌ぎ方は基本的に同様となりますが、5波目は同時に飛行兜がいるなど、トークンを潰されやすくなっているため注意が必要です。
その他の雑魚はそこまできつくはないはずです。ですが左上から来る金ぴか杭打ち兜だけは、一応注意しておき、浜松城の耐久次第ではきちんと巨大化をしていく必要があります。
平安京と彦根城(浜松城もしなくていいかも)のみ巨大化を一度残して、後は全て最大化を終わらせたいところです。

それでは5波目。

ここでのキモは、左上から来るトッパイ型の鉄砲玉
最初の頃は、長門指月城の特技で耐えていました。(耐えられます)ここを鈴が耐えられないとどうしようも無いです。
そして左側は後半に来る鞭兜の攻撃にも耐える必要があります。ここがきつい。
今回のプレイでは、江戸城の計略使用によってダメージを抑えています。ですので切れ目がないようにきっちりと繋いでいきます。

そして武神長政ですが……大坂城のトークンも一見有効なのですが、鉄砲玉に使用した方がいいかもしれません。
鶴ヶ城の計略を使用し弱体化させます。移動速度と攻撃速度が速いため、鶴ヶ城は結構いい対策なのではと思いました。

最初にクリアした時は、鶴ヶ城の位置が遠かったため、攻撃があまり出来なかったのもきつかったのかなと。
さて、なんとか退けたら最後のキセルと鉄砲玉を凌ぎます。

こちらのプレイではなんとか大破を出さずに攻略することが出来ました。
まあクリア自体に大破はあまり関係がないのですが、なんというか精神衛生上いいというか。

安いプライドではあると思いますが。とりあえずスッキリできました。
次はまたいつか、残りの戦功を狙って行ければなと思います。

この戦いを忘れないようにしたいところです。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA