御城プロジェクト:ヘルの遊戯場「ムスペルヘイムⅢ(山戦功あり)」超難編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

地獄の名前だけだと解りづらそうなので、各マップの戦功に必要な属性を併記してみることにしました。

ここは以前の焦熱地獄と同じギミック、ダメージを受ける床が登場します。

今回は山の城娘を使用する必要があるということで……

こんな感じでやってみたんですがだめそうでした。
ここのポイントは……

  • 序盤をどう凌ぐか
  • ボス?の対応は

といったところです。

説明でも出てきますが、真ん中にいるボスは攻撃を受けると攻撃範囲が広がっていきます。
攻撃力もだいぶ高いため、やたらに攻撃しない方が無難でしょう。

それではスタートしていきます。
編成ですが……

山のみでは無理だったので、いつもの助っ人。
今回は彦根城と大坂城に来て貰いました。

そして配置はこのようになりました。

まずは彦根城を配置。
次に新田金山城、大坂城、フランケンシュタイン城を配置します。

新田金山城を巨大化します。少なくとも真田式トッパイ型(だったかな?)の攻撃に耐えられないとダメです。
次にフランケンシュタイン城を最大化。大坂城も1度くらいなら巨大化してもいいかもしれません。

兎にも角にも、フランケンシュタイン城は後逸しないことを前提に進めていきます。
しばらくして登場する騎馬兜が出てくるまでには必ず最大化をしておきましょう。
それが終わった後で彦根城を最大化した方が無難かもしれません。

その他の城娘も配置します。備中松山城の牛はボスの弾よけに使えるくらいでしょうか。
大坂城も最大化、新田金山城も最大化しましょう。
ここで気をつけることは「ボスに攻撃を当てないようにする」ということ。

信貴山城や備中松山城を巨大化しすぎると攻撃が届いてしまうので、巨大化しすぎない方がいいでしょう。
とりあえず芥川山城を巨大化しておいて、敵に備えましょう。
左側のバトルはそこまで厳しくなかったと思います。数が来たら、計略などで対処しました。

最終盤、ボスが移動を開始したら、ノイシュヴァンシュタイン城を配置。回復の援護も受けつつ、頑張って削りきりました。
必要のなくなった城娘(信貴山城や芥川山城の攻撃は届きませんし)を撤退させて気を還元してあげるといいでしょう。
ノイシュヴァンシュタイン城は回復用に巨大化、備中松山城は火力の補助として最大化できればいいのですが気が足りるかどうか。

しかしなかなか大変でした……
何かと面倒な敵やギミックも登場して来ましたがなんとかクリアしていかないといけませんね。

ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA