御城プロジェクト:ヘルの遊戯場「ムスペルヘイムⅤ(山戦功あり)」超難編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

ヘルの遊戯場も、後半マップがスタート。

しかし難しい、のカテゴリであるⅣもなかなか難しい……
それではⅤはどうなっているのかと。
Ⅳをクリアするとお話が出ます。

さて、まずはムスペルヘイムから。
こちらもⅢと同じく山城の城娘を6体以上編成する必要があります。

そしてこちらのマップでは武神化した藤堂高虎が登場。
攻撃力がやや下がっている印象があるものの、攻撃範囲と対象数が健在ということで、かなりの脅威となっています。

ポイントですが……

  • 近接をどの様に使用するか
  • 大型敵や藤堂高虎への対策を

といったところです。

色々と考えましたが……

うーん、近接が使いづらい気がするなあ。
本当は上側の廊下にも誰かしら置いた方がいいのかもしれないけど、でかい相撲がいたりするので、序盤から置いて完全放置というのは無理ではないかと思います。

例によって大砲と鉄砲が強くなっているらしいので使ってみようかということにもなりました。
ただ、他属性からのお助けキャラは2人までということで……

こんな感じの編成にしました。
そして配置はこのようになりました。

今回は近接が気トークン係のみというかなり尖った感じになりました。
とにかく気を稼がないといけないため……
まずはスタート。金亀城と大坂城を配置して、金亀城を最大化していきます。
計略を切れ間なく使いたいのですが、計略を短縮できる城娘がいないためできません。
ですが気を稼ぐにはこの方法くらいしか思いつかなかったので結局は頼りきりということになりました。

鉄砲隊の2人と、岡豊城も早めに配置しますが、スタート時に岡豊城を配置してしまうと待機している赤い弓兜に攻撃を受けてしまうので後で置いた方がいいでしょう。
鎌倉城は……結果的にあまり意味が無かった気がするので、(レベルが高ければ)八王子城などを置いて撤退しつつ戦った方が良かったのかもしれません。
配置が出来たら岡豊城の最大化も優先しましょう。

大坂城も最大化して火力の補助にしたいところなのですが、相撲などが来た時に火力が足りない可能性もあるので、稲葉山城と備中松山城も巨大化しておきたいところ……
巨大化巨大化と言っていますが、気の捻出が本当に大変です。

途中で来る面倒な敵は……
黒田長政の超難などでも登場したキセル。
このところ見かけるようになってきたライオン。
そして蛾も登場。
最後にやはりムスペル?です。

キセルの対処法は武神の時と同じ。今回はトークンを置けるメンバーが揃っているので、適宜置いて攻撃を逸らしてやりましょう。
ライオンは……全画面に麻痺が通るため、撃破に時間がかかります。とりあえず通路にトークンを置いておくといいかと思います。

ムスペルですが、Ⅳの方がまだ脅威だったような?
トークンで攻撃を逸らしていたからというのはあるかと思いますが。
そしてこいつを撃破しないと藤堂高虎は登場しません。

結局一番最後に相手をするのは藤堂高虎ということになります。
近接を配置できないエリア(左上方面から左下まで移動して殿方面に来る)を移動してくるため、遠距離城娘での迎撃ということになります。

岡豊城の計略を誰に使用するかがポイントなのと、可能な限りトークンを配置しておくことか重要です。
そして完全に放置されていると思われる春日山城ですが、レベルが足りないと一撃で落とされてしまうため、ある程度巨大化をしておくのをオススメします。

ちょっと攻略としてはいい加減なのですが、攻略するマップが多いのでこんな感じになってしまうかと思います。
毎日ひとつずつでもいいのかもしれないですが、毎日プレイタイムが取れるとも限らないのがもどかしいところ。

現時点では次のニブルヘイムまではクリアできていますが、どこまで進めたものかな……
なんとかクリアはしないと行けないんですけどね。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA