RIM WORLD:今回の入植者紹介(その2)

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

それでは続きです。
最初に仲間になったメンバー。


ルミーネ’ル-ミ’レブランク?よくわかんないです……
ルーミと呼んでいます。
賞金稼ぎという生い立ちにふさわしく、射撃も近接もこなせる戦闘のプロ。
医術もとりあえずできるし知力も高いという、生活能力は低いですがそれらを支えて守る感じの人でしょうか。
才能・性格のところに男嫌い、とありますが前回紹介したStoneと結婚しているんですよねえ……

こちらも貴重な戦闘員。銃器を持っている相手に近接戦闘を仕掛けるのは危険なので、とりあえず射撃戦メインで行く(他に近接が得意な人もいるので)予定です。
普段は狩猟に精を出し、知力も高いので研究要員としても役立ってくれます。こちらもキャラバン隊の常連。
ちなみにMacとLumiの仲は悪くないです。



さて、真ん中のあだ名部分をなんて呼べばいいのか解りません。
ゾエ’ファウクス’リー?とりあえずファークスなんて呼んでいます。
Adrianの奥さん。全く戦闘ができませんがお医者さんであり、社交能力が一番高いです。
普段は物を運んだり雑用をしたり掃除をしたり、旦那を手伝って料理をしたり。
ですが交易などの場合は社交能力を活かすべく連れて行かれることが多いです。(気に障る声、ってのが気になってはいますが……)
お医者さんでもあるため、傷ついた捕虜の勧誘もお任せ。
旦那と一緒に脱出できるといいね。


続いては問題児その2、カブラボ’クモ’Trosma。何が問題かというと性格にある「放火魔」。一定のスパン?確率?で放火魔と化して、辺りに火をつけます。そして自分では決して消火しません。
この人、Fawxの追っ手だった人物。手傷を負わせて捕らえて仲間にしました。捕らえた時は放火魔っていうのを見落としていたんだよなあ……もう結構な時間いる気がしますが2回くらいしか発作には見舞われていない(キャラバン隊で移動中に一度は発作に見舞われた模様)ので、なんとか最後まで面倒を見てやろうかな、と。

能力はといえば一流の建築家。そして地底人という才能があり、何日家に閉じこもっていても全く気にしないという特性があります。
栽培もできるので意外と重宝。戦闘員が少ないため、最近は育成するべくライフルを持って狩猟もさせるようになりました。

脱出をすれば終わり、となっていますが一口に脱出すると言ってもそのためには宇宙船を建造する必要があり、宇宙船を作って反応炉を始動させると惑星じゅうに始動がバレて、完全に稼働するまでの間の絶え間ない襲撃に耐えなければなりません。

なのでそこまでの準備をどの様にするか、というゲームです(今回の目的としては)。
もう少し紹介は続きます。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA