RIM WORLD:今回の入植者紹介(その3)

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

今回もご紹介。


ゴイルンガ・コムボーテョ。なんて読みづらいんだ。このゲーム、あだ名を自由につけることができるのですが、今回は誰も弄らず。彼もゴイルンガと呼んでいます。

どちらかというと影の薄いメンバーですが、能力としてはいままで不足していた採掘と栽培をこなせる人材として日々フィールドワークに精を出してもらっています。
採掘メンバーはいなかったのでほんとにありがたい。イイ人、という性格は周りの人間にいい影響を与えますし。
農場主も兼ねているので「あいつ何やってるんだ?」と思った時は大体種まきをしています。
今も潰れたスチールを掘削中。


彼女がStoneの元妻。アメリア’アンジー’フライス?ただでさえ英語がさっぱりなので。
アンジーと呼んでます。
彼女は格闘家で、敏捷な身のこなし(確率で近接攻撃を回避する能力)を持っています。
ですので最終的には貴重な近接戦闘要員になってくれます。
建築や工芸の能力も高いため、建物を建てたり、家具を作ったり、塊から石を作ったり、ミシンで服を作ったり、武器を作ったり……忙しくて大変ですが最近は工芸要員(Stoneも高いんですが)が他にもいるため負担は減りました。

もっと強い防具を作って射撃メンバーの護衛にしたいところ。
ちなみに元夫のStoneとの関係はとくに悪くない模様。(MacやLumiとも別に悪くはない。いい人だなあ)
結構気に入ってます。


ハッピー!
ヨーク’ハッピー’メイナード。でいいのでしょうきっと。
物覚えが早くていい人。射撃も知力も覚えがいいんでしょうが、いまは動物の相手とたまりにたまった工芸(石のカットや納品する物の作成)に大忙しで、戦闘能力を鍛える余裕がありません。でも最終的には鍛えた方がいいんだろうなあ……

動物スキルが高めなのでEngieと二人で動物の調教などをしていることも。
彼が来てから工芸関係の負担が大幅に減ったのは事実で、StoneとEngieが建築に行きやすくなりました。
自作の武器で敵を倒してくれる日もいつかは来るはず。

防弾性能のある防具などが欲しいけど、コンポーネントが全くないというのがしんどいなあ……
まあこの素材が手に入りやすくなってしまったら、それはそれでバランスが崩れてしまうのかもしれませんが。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA