RIM WORLD:2度目のプレイスタート!

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

始めました次なるプレイ。
今回も「不時着」でスタート。

ただ、地形は熱帯雨林にしました。
今回はMODを使用して最初の入植者をカスタマイズしてみました。外見や特技、能力値をある程度弄ってみています。
有利な特性をつけてみたり。ただまあやり過ぎはよくないと思うので能力値はそこまで高くしていません。(自分の中では)

まだまだ序盤ですが、その中でも気になった点を書いていきます。

  • 建築担当も重要だけど栽培担当も重要
  • どのタイミングで研究や電化すればいいのか

気になったのはこのあたり。

建築担当がしょぼいと建物が作れないのできついです。
以前のプレイで気になっていたのはとにかく建築だったので建築を優先していました。

開始してみると確かに建築は重要なのですが、栽培のスキルも重要だと感じました。
理由としては主にふたつで、ひとつは勿論食糧の確保。そして能力値が8ないと、薬草(ヒールルート)が栽培できないため、怪我などがあった場合にピンチになります。(初期アイテムに医薬品がありますが、全体でも入手量に限りがある(正確には限りがあるわけではないのですが、入手が面倒)ため、軽傷の時などには使いたくない)
そしてそれだけではなく、木で建築をする際は(前回の温帯森林、今回の熱帯雨林)伐採が必要になる場合が多いため、無駄のない伐採をするために栽培スキルが必要になります。

今回は料理人と栽培スキル持ちが同じキャラクターのため、とても忙しいことになっています。
反面残る2人の栽培スキルは低いためちょっとしんどい。肝心の栽培担当のスキル値が7でした。
いざヒールルートを栽培しようと思ったらできなくて最初は慌てましたが、米と綿花を栽培していたら8に上がったのでよかった。

最初はとにかく米を食べる事になりそうです。
あとは、ペットを狙ったパンサーを返り討ちにして肉を多少入手したりとか。

1.1の後、カマドで料理を加工する際、1食ずつだけでなく人数分ごとの作成が可能になっています。
いちいち計算しなくてよくなったのは便利ですし、大量の食材を持ち込めるようになった?それなら時間も短縮できるでしょうしいいですね。

実はこれを書いている時点で既に仲間が1人増えています。
そのキャラクターが工芸スキルが高かったため、取れた綿花を使用して熱対策のダスターコートを作ったのですが、電化していないミシンだと作業速度が遅いなーと感じました。

これが次の問題にも繋がります。
どのタイミングでどのように電化するかに、今はかなり悩んでいます。
最初からできる電化方法といえば、火力発電や太陽光発電、風力発電など。
今回は水力発電ができない場所を選んでいるため、まずはこのどちらかになりそう。

研究を進めないと火力発電用の燃料(木材を使うものもありますが、どちらにせよ木を伐採する必要がある。燃料自体はポッドなどにも使えるので無駄にはならない)を精製する施設が作れないし……

太陽光発電や風力発電を使うにせよバッテリーが必要になるためある程度の研究が必須。
とりあえず研究施設を作り最初はペミカンを研究する予定ですが、電化できないとエアコンも作れない。
エアコンが作れないと冷凍による食材の保存ができないため、やはり電化は必要だ……

とりあえず一年ぐらいを目処にして、徐々に研究を進めていくつもりではありますが……
やっぱり畑に風力発電と、太陽光発電の併用かなあ。
ちょっと場所が遠いんですが最終的には地熱発電を使用したいところではあります。
バッテリーが完成(研究が完了)したら。その前に各施設のレイアウトをきっちりと決めて、石造りに変えてからになるだろうとは思いますが。

次回は今回の入植者を紹介します。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA